身近な食べ物で夏バテ予防

身近な食べ物で夏バテ予防

Thumb?1414295452 muah♪さん

570

夏の暑さによるだるさなどの症状は夏バテと呼ばれます。どのように改善すれば夏バテを防げるのでしょうか。


  • スタミナ≠焼肉?

  • スタミナ≠焼肉?
  • 夏バテによく見られる基本症状として、「だるい」「何もやる気が起きない」「倦怠感」などが挙げられるかと思う。これは誰もが経験する普通のことでもあるが、できれば毎年はかかりたくないものである。
    ではどのように改善すれば夏バテを防げるのか。
    ここでは「スタミナ」というキーワードから夏バテ防止を考えてみたい。

    まず、スタミナと聞いて容易に想像がつきやすい食べ物として、なぜか「焼肉」を思う人が多い。しかしこれは大きな勘違いであるとまずは述べたい。
    簡単に言うと、焼肉はあくまで筋肉をつけたい人が選択したい食べ物である。明日にフルマラソンを控えたランナーがスタミナをつける為、焼肉を腹いっぱい食べるだろうか。そんなことはまずしない。
    ランナーが、マラソン3日前ほどからしっかり食べるのは炭水化物である。特にスパゲッティはお勧めである。

    つまりスタミナをつけることとは、焼肉などでもなく米や麺類などの炭水化物の多く摂取することでエネルギーが蓄えられるのである。そしてマラソンランナーのように、暑かろう寒かろう環境にも耐えるような体力が作られると考えてもよい。夏バテはまさにマラソンランナーを模範にされることを筆者は強くお勧めしたい。
  • 夏バテ防止によい食べ物

  • 夏バテ防止によい食べ物
  • 次に、夏バテ防止によい食べ物、飲み物、携帯しておきたいおすすめの食べ物などを紹介したい。

    まず、何といっても体を冷やす夏野菜は必須である。野菜や果物には「旬」があるが、それは重要な意味を持っていて、暑い季節の野菜には体を冷やす効果があり、寒いときには暖める効果があることを理解されたい。
    たとえば、キュウリ、トマト、ナス、苦瓜などまさにそうである。暑いから冷たいものを食べるよりは、自然の恵みからできた旬の野菜で健康的に体を冷やすことが効果的である。
    その他、上述したとおり炭水化物を摂ってスタミナを蓄えることは勿論である。スタミナは力であり、体を動かす起動力ともいえる。
  • 夏バテ防止の飲み物

  • 夏バテ防止の飲み物
  • 最後に、飲み物であるが、夏バテの症状が出てしまった時、水分補給は不可欠である。そこで挙げたいのは経口補水液(以下OS−1)である。OS−1は、乳幼児からお年寄りまで幅広く飲めるほか、体調不良や脱水症状の場合にも活躍するので家にキープしておきたい商品でもある。
    また、携帯したい食品として補水液を参考に作られた飴などが市販されているので、所持しておくと便利である。補水液がすぐ手に入らない場合、塩、砂糖を水に適度に加え、しょっぱくない程度に飲むとよい。
    このように、身近な食べ物で体を夏バテ症状から守る知識を持っておくと自ずから健康ライフを維持できるようになるだろう。
身近な食べ物で夏バテ予防
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事