夏バテ対策につながる食事内容

夏バテ対策につながる食事内容

Thumb?1414295452 muah♪さん

415

夏本番となると、暑さのために食欲が減退し、体力が低下してきて夏バテを起こして熱中症も増加しやすくなります。夏バテ対策にどんな食事内容がよいのでしょうか。


  • 夏バテや熱中症が増加している

  • 夏バテや熱中症が増加している
  • 我が国の最近の気象条件は、寒い時期と暑い時期が顕著になる傾向がありまして、なかでも暑い時期が長くなることによって、5月になるころには暑さのために熱中症を発症して、救急車で病院に搬送される人が出始めるようになっています。

    これは、学校行事で一年間のなかでもメインの一つとなる運動会が、以前までは秋の季節に開催されていましたが、最近は5月に開催されることが多くなったことも背景になっています。

    さてこうした熱中症は、同じような学校行事や日常の生活を送っているにも関わらず、発症する人と発症しない人が存在するもので、何と言ってもそれぞれの体力が大きな差となるのです。

    とくに7月から8月くらいの夏本番ともなると、暑さのために食欲が少なくなって体力が低下してきて、夏バテを起こして熱中症も増加しやすくなりますから、夏バテ対策の食事内容を検討する必要があるのです。
  • 夏バテ対策になる水分補給や食事

  • 夏バテ対策になる水分補給や食事
  • では、どういった食事内容にしていくことが夏バテ対策になるかと言うと、まずもっとも基本になるが水分補給になります。
    以前までの運動の現場では、運動中はあまり水分補給をしないことを推奨していましたが、最近は出来るだけこまめに水分補給することが大切であると認識されるようになってきています。

    次に必要となる夏バテ対策の食事内容は、数ある栄養成分の中でもたんぱく質の摂取になります。たんぱく質というのは、多くの食品に含まれているのですが、有効に摂取できていないことが多いものです。
    このため、日本において人口の多数を占めていて、なおかつ先述の熱中症の発症患者も多い高齢者の栄養摂取状況の中で、もっとも不足しているとされるカルシウムと並んで不足しているがタンパク質であるのです。
  • 効果的にたんぱく質を摂取するには

  • 効果的にたんぱく質を摂取するには
  • では、どうすれば有効にたんぱく質を摂取できるかと言いますと、まずカロリーを抑えながら摂取することが大切です。

    例えば、お肉にはたんぱく質が豊富ですが、脂肪分が多くてカロリーの高い白身の部分が少なくて、なおかつたんぱく質が豊富な、赤身の部分の多いお肉を選択することが必要です。

    また、日本人が昔からよく日常の食卓で食べているお魚にも、豊富なたんぱく質が含まれますし、魚の脂肪分はお肉の脂肪分とは少し性質が異なるので、比較的安心して摂取することが可能です。

    こうした水分補給やたんぱく質の摂取を、自分自身で意識して食事内容に組み込むことによって、体力が維持向上して夏バテ対策になりますし、それは熱中症対策にもつながるのでおすすめです。
夏バテ対策につながる食事内容
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事