夏バテ対策に冷たいものは有効か

夏バテ対策に冷たいものは有効か

Thumb?1414295452 muah♪さん

485

夏の暑い日や夏バテの時は、冷たいものを摂取することが多くなることと思いますが、冷たいものは夏バテに有効な対策ではないと考えられています。


  • 冷たいものは夏バテに逆効果?

  • 冷たいものは夏バテに逆効果?
  • 夏バテの時は、冷たいものを摂取することが多くなることと思います。確かに、暑くて、のどが渇いて、体がほてっているときは、冷たいものを飲めば、涼しく快適になる気がします。
    しかし、実際には、夏バテに有効な対策ではないと考えられています。

    まず、冷たいものを飲んだり食べたりすると、口や顔、胃のあたりは一瞬温度が下がり、涼しく感じます。しかし、その後、人間の体は、体温を上げるように反応し、しばらくすると逆に暑くなるそうです。
    また、冷たいものを摂取することで、夏バテで弱っている胃腸の消化能力も、ますます低下してしまいます。つまり、冷たいものの効果は一時的で、長期的には逆効果といえます。
  • 夏バテの時は逆に温かいもののほうが◎

  • 夏バテの時は逆に温かいもののほうが◎

    出典: instagram.com

  • 夏バテの時は、逆に体温程度から温かいもののほうが、体の負担は少なくなります。また、積極的に熱いものや辛い物を食べれば、発汗作用を促し、汗の気化熱によって、しばらくすると涼しくなります。
    しかし、暑すぎるものや辛すぎるものは、胃腸が弱っているときには逆効果になりますので、各自の体調に合わせて、ほどほどにしておいたほうが良いでしょう。

    体にとって最も負担の少ない温度は、体温程度の飲食物で、最近は、コンビニなどでも常温の水やお茶が置かれるようになりました。
    日本は、冷たいものの多い国です。アイスコーヒーや冷麺、ざるそばなどの冷たい料理は、海外ではあまり見かけません。確かに、日本の高温多湿の気候では、そのような冷たいものの欲しい時があるかもしれませんが、冷たいものばかり食べすぎるのは、体の冷えの原因となり、かえって夏バテを引き起こしてしまいます。
  • 冷房の効きすぎにも注意

  • 冷房の効きすぎにも注意

    出典: instagram.com

  • また、冷房のききすぎたオフィスに一日中いるのも、「冷房病」の原因となります。最近は、夏でもコンビニでおでんや中華まんが売られているのは、そのような冷房病の人の需要があるのかもしれません。

    エアコンの普及で、日本人の体温調節能力や、汗をかく発汗能力が衰えていると言われています。やはり、暑くても、無理のない程度に汗をかく習慣が必要ではないでしょうか。
    ゆっくり湯船につかったり、軽く運動して汗をかけば、エアコンのかかった室内はそれほど暑く感じませんし、冷たいものもそれほど欲しくなりません。
    また、暑い時にも十分汗をかくことができ、熱中症になりにくくなります。ただし、35度を超える温度は、人間の体温調節能力の限界を超えていますので、可能な限り屋外にいる時間を減らすべきです。
    そのような猛暑日が続くときは、運動も、朝晩の涼しい時や、室内のジムなどで行ったほうが良いでしょう。
夏バテ対策に冷たいものは有効か
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事