冷たい食事は夏バテの原因に

冷たい食事は夏バテの原因に

Thumb?1414295452 muah♪さん

500

特に8月中旬頃になると、暑さの疲れも溜まってきて夏バテ気味になっている人も多いはずです。、きちんとした食事を取らないと、余計に夏バテがひどくなってしまうので、注意が必要です。


  • 冷たいものばかりとるのはNG

  • 冷たいものばかりとるのはNG
  • ここ数年の夏はとても暑いので、毎年夏バテ気味になっている人も多いはずです。特に8月中旬頃になると、暑さの疲れも溜まってきますので、夏バテの症状が出やすくなってしまいます。
    そこで暑い時には食欲が低下してしまうのですが、きちんとした食事を取らないと、余計に夏バテがひどくなってしまうので、注意が必要です。

    この時に注意しなくてはいけないのが食欲が無いからといって、食べやすい冷たいものばかりを食べてはいけません。暑い日には、ソーメンのような冷たい食べ物が喉を通りやすいのですが、こういった物ばかりを食べていると夏バテが悪化してしまう可能性があります。
  • 冷たいものが悪影響な理由

  • 冷たいものが悪影響な理由
  • どうしてそのような事になるのかというと、冷たい食べ物は体の中に入ってからも、内臓を冷やし続けてしまいます。内臓は冷やされてしまうと血流が減ってしまい、活動が鈍くなってしまいます。
    その結果、体温を調整する自律神経が乱れてしまって、体調がおかしくなってしまうのです。
    また内臓が冷えることによって消化が悪くなってしまったり、下痢をするといった症状が出る場合も有ります。
    これは食事だけではなくビールやジュース、アイスクリームなどの、冷たいもの全般に当てはまりますので気をつけるようにしましょう。

    では冷たいものを食べてはいけないのか、という事になってしまいそうなのですが、必ずしもそういう訳ではありません。ちゃんと間隔を取って、体調が良い時に食べるのであれば、全く問題はありません。
    とにかく毎日、毎日食べ続けたり、夏バテ気味だなと感じている時に食べるのは、辞めておいたほうが良いでしょう。
    冷たいものばかりを、食べ続けることによって起こってしまう悪循環を避ける事が、とても大切です。
  • 夏バテになりにくい食事の取り方

  • 夏バテになりにくい食事の取り方
  • ちなみに、夏バテになりにくい食事の取り方にはいくつかのポイントが有りますので、覚えておくようにしましょう。
    まず味付けを工夫することがとても大切で、香辛料などを上手に使って食欲を増進するようにします。
    わさびやカラシを使ってピリッとさせたり、唐辛子を使うのもおすすめです。

    次に食欲がない時に、沢山食べるのは大変なので量よりも質を重視するようにしましょう。
    そのためには肉や野菜などを出来るだけ多くの種類を使って、栄養のバランスを考えながら調理する事が重要です。

    最後にせっかく食事を改善しても、生活のバランスが崩れていてはやはり夏バテになりやすくなってしまいます。冷たいものをがぶ飲みしたり、エアコンの温度を下げすぎてしまったりしないように、注意して生活する事が大切です。
冷たい食事は夏バテの原因に
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事