焼肉を食べて夏バテ予防をしよう

焼肉を食べて夏バテ予防をしよう

Thumb?1414295452 muah♪さん

727

油断をすると熱射病になってしまうこともあるので、夏バテはひどくなる前にきちんと予防対策を立てることが大切です。


  • 夏バテになる原因とは

  • 夏バテになる原因とは
  • 夏になるとたくさん汗をかきまますが、これは汗をかくことで体温の上昇を防ぐ効果があるのです。しかし、汗の成分は大部分が水分なのですが水分といっしょにカルシウムやマグネシウムなどの体にとって大切な成分も外に出ていくことになるのです。そのため、体調を崩してしまい夏バテになってしまうので
    す。

    夏バテになるそのほかの原因は、冷房のあたり過ぎがあります。外の暑さと冷房の冷たさの差に体がついて行くことが出来ずに自律神経失調症になってしまうのです。
    夏バテの症状は、体がだるくなって何もやる気に起こらなくなってしまいます。急に立つと立ちくらみやめまいを起こしたりしてしまいます。
  • 夏に積極的に摂るべき栄養素

  • 夏に積極的に摂るべき栄養素

    出典: instagram.com

  • 夏バテはひどくなる前にきちんと予防対策を立てることが大切です。油断をすると熱射病になってしまうこともあるので電解質を補給するスポーツドリンクなどをこまめに摂るようにします。

    いきなりたくさん水分補給をするよりも少しずつ時間をおいてとれば夏バテがひどくなることを防ぐことができます。

    また、夏の暑い時こそビタミンたっぷりの疲労回復効果のある食事を摂るようにします。
    夏に積極的に摂るべき栄養素は、ビタミンBとなります。このビタミンBは糖質をエネルギーに変える働きがあります。
  • 夏こそオススメの焼肉

  • 夏こそオススメの焼肉

    出典: instagram.com

  • 夏こそ積極的に摂りたい食べ物は、やはり焼肉なのです。夏バテがひどくなると体の消耗が激しくなってしまい、食欲もなくなってしまいます。疲労感を感じたり、体がだるいという症状になる前に食事で予防することが大切です。

    暑いからといって冷たいジュースやアイスばかり食べることもあまりよくありません。それよりも、体の消耗を助けてくれる豚肉をたくさん食べたほうがいいのです。

    鉄板を出して焼肉を始めると肉のジューシーな焼肉のにおいが食欲をそそるはずです。肉のほかにもやしやビーマン、たまねぎなどたくさんの野菜もいっしょに食べることができます。
    肉は、スーパーで買ってきたものをそのまま焼けばいいし、野菜もざくざくと切るだけなので忙しい主婦にとっては簡単な料理ともいえるでしょう。
    豚肉を食べることでビタミンBとたんぱく質も摂ることができます。このたんぱく質にはアミノ酸がバランスよく含まれているのです。体の疲労を和らげる効果をもたらしてくれるのです。肉には消化吸収に優れているので、焼肉は子供からお年寄りまでの夏バテ対策のメニューとしてとても優れているのです。
    夏に肉を食べることはいいことづくめなのです。暑い夏の日に一度だけではなく何度か焼肉を食べることはとてもおすすめと言えます。
焼肉を食べて夏バテ予防をしよう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事