夏バテ予防の食事からの栄養

夏バテ予防の食事からの栄養

Thumb?1414295452 muah♪さん

471

そろそろ夏本番。楽しみもたくさんですが同時に夏バテ対策しなければなりませんね。夏バテにはやはり食事からの栄養が大切です。


  • 夏は体を冷やす食べ物を

  • 夏は体を冷やす食べ物を
  • そろそろ夏バテ対策しなければなりません。夏バテにはやはり食事からの栄養が大切です。

    昔から鰻や夏野菜が効果的だと言われています。
    食べ物には体を温めるものと冷やすものがあります。冬野菜は温めるものが多く、夏野菜は冷やすものが多いと言われています。緑黄色野菜も温めるものが多いと言われています。普通に使う肉類はどちらでもないタイプになります。

    夏は体自体も熱くなっているためそれを冷やすことが大切であるため、体を冷やす食べ物をとることにより予防になります。特におすすめなものは旬野菜のオクラなどは免疫力アップも期待できます。
  • サプリメントから栄養補給

  • サプリメントから栄養補給
  • 栄養は食事以外にサプリメントから補給することができます。ビタミンには水溶性と脂溶性があります。水溶性ビタミンは必要以上に摂取しても対した影響はないですが、脂溶性ビタミンは体にたまります。脂溶性ビタミンにはA,D,E,Kの4つです。ビタミンAは鰻や、レバーに多く含まれています。
    ビタミンAを摂取しすぎると頭痛などの症状があり、妊婦さんが取りすぎると奇形児が生まれやすくなります。

    夏バテ対策として女性であれば特に必要以上のサプリメントは控えた方がいいです。食事からの摂取では摂取できる量が知れているため、過剰症状が出にくいです。
  • 食事以外の夏バテ対策方法

  • 食事以外の夏バテ対策方法
  • 夏バテ防止のためには旬野菜や鰻などを食べることも有効ですが、やはり一番大切なことは休息です。休息も体を休めるだけでなく、心を休めることも大切です。
    夏は暑く眠れないため、ついつい冷房を入れて布団もあまりかぶらないで寝るかたも多くいると思います。特に足が出ていると神経を刺激するらしく、熟睡することができないです。
    エアコンを入れないと眠れない場合は、少し温度を上げて夜に切れることなく一晩中つけっぱなしがいいです。

    消化の過程で一番症状が出やすいのは、胃です。普通の食事をしていて胃もたれ、胸やけが起こってくると注意が必要です。
    栄養の食事をしっかりとって夏バテ症状が軽いうちに改善すると短期間で治療できます。
    ついつい食べてしまう素麺や、冷たい栄養ゼリーのような食事を続けていると栄養バランスがどうしても偏ってしまします。1週間に2から3回までにしておくことも夏バテ予防には有効です。

    栄養以外にもう一つ夏バテ予防対策があります。それは運動です。一日中冷房の効いた部屋でいると体が冷えて血液循環が悪くなっています。そのためウォキングや自転車など軽めの運動がお勧めです。ジョギングや水泳を長時間行い、お腹いっぱい食事を取ると健康的なように思えますが、人によっては胃への負担が大きいため、夏バテ症状が起こることもあるため、注意が必要です。
夏バテ予防の食事からの栄養
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事