夏バテ防止に効果のある食材梅干し

夏バテ防止に効果のある食材梅干し

Thumb?1414295452 muah♪さん

583

夏バテ防止には、クエン酸が効果があるといわれています。日本にはそのクエン酸を多く含む食材として梅干しがあります。


  • クエン酸を多く含む梅干し

  • クエン酸を多く含む梅干し
  • 夏バテ防止には、クエン酸が効果があるといわれていますが、そのクエン酸を多く含む食材の代表格が、梅干しとなります。

    梅干しは、クエン酸のほかにも、リンゴ酸やコハク酸なども含んでおり、これらの成分は、夏バテの原因となる疲労を回復させる効果が高いので、夏バテ気味の人にはおすすめしたい食材となります。
    梅干しは、「見ているだけでも酸っぱくて、唾液が出てくる」などと、よく表現されるのですが、実際に胃液の分泌を促進させる働きがあります。
    梅干しの酸っぱさは、夏バテで胃腸の消化・吸収が低下している時に、胃液の分泌を促して、食欲を増進してくれます。

    また、暑さで汗をかくことが多い人は、汗と一緒に塩分も排出することになっていますので、失われた塩分を補うためにも、梅干しは理想の食材ということができます。
  • 梅干しやしその効果

  • 梅干しやしその効果

    出典: instagram.com

  • さらに梅干しには、「梅はその日の難逃れ」ということわざが存在しています。
    身体にとって非常に良い食べ物であり、食中毒を予防する働きもあります。お弁当やおにぎりに、梅干しを入れることが多いのは、お弁当やおにぎりの傷みを防ぐ効果があるからです。昔の人たちも、その効果を知っていたというわけです。夏バテでの食欲不振の解消と、食中毒の予防の両方に効果のあるご飯となります。
    暑い日が続くと、食欲不振の状態になってしまいます。食べることが大切なことわかっていても、食べ物がのどを通らなくなってしまいます。
    そんな時に酸っぱい梅干しが、食欲を増進させるサポートをしてくれます。

    さらに、梅と一緒に漬けられているしそにも、夏バテ防止効果があり、貧血・食欲増進・腸内殺菌の効果があります。
    昔の人は、そんな梅としそを一緒に漬けるという知恵を持っていたのです。
  • 身体を弱酸性に保ってくれる

  • 身体を弱酸性に保ってくれる

    出典: instagram.com

  • 昔の人は、体調が思わしくない時に梅を食べて元気になったという体験などから、梅が体に良いことを知って、日本人の食生活に広く浸透してきました。梅は、代表的なアルカリ食品であり、少量でも酸性食品を中和させる作用があります。健康であるためには、血液が常に弱アルカリ性でなければいけません。
    身体を弱酸性に保ってくれる、健康維持食品の代表が梅干しとなります。

    現代人の食生活の中には、酸性食品が溢れています。例えば、牛肉・豚肉・タマゴ・ビール・ご飯・パン・スナック菓子など、食する機会が多い食品ばかりです。ゆえに、アルカリ性食品が必要不可欠だというわけなのです。
    そのほかのアルカリ性食品としては、海藻類・しいたけ・リンゴ・牛乳などが挙げられます。
夏バテ防止に効果のある食材梅干し
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事