眠気はあるのに眠れない時

眠気はあるのに眠れない時

Thumb?1414295452 muah♪さん

356

眠たいのに、いざ横になったら眠れないという経験をした事がある人は少なくないでしょう。
この場合、ストレスが原因になっている可能性があります。
ストレスが原因となっている時、眠る事が出来ない事について悩むと、その事が余計にストレスになってしまい、更に寝付けない状態となってしまいます。
ですから、その事について真剣に悩むのではなく、上手く眠る事ができない日もあると考え、少しでも脳をリラックスさせる事が大切になってきます。
そして、上手く眠る事が出来ないと感じるようになったら、心がけておきたいのが、日常のストレス解消です。


  • 出典: www.tumblr.com

  • ストレスというのは、睡眠と密接に関係しています。
    一日を元気に過ごす為には、自律神経の乱れがない事が重要になってきます。
    自律神経は、活動的に動く状態を助ける交感神経と、リラックスした状態を作る副交感神経を切り替える働きをしています。
    この切り替えが正常に行われていれば、昼は活発に動き、夜はゆっくりと休む事で、翌日もまた活発な活動が行える状態が整います。
  • 出典: www.tumblr.com

  • それとは反対に、この自律神経が乱れると、体内時計が狂う等、生活のサイクルが狂い、翌日にまで疲れを持ち越すといった状態になりやすくなります。
    ストレスを感じると、交感神経の働きが活発になり、本来なら副交感神経が活発になる時間になっても、交感神経が有利になり、上手く眠れない状態になってしまいます。
    眠たいと感じているのに、横になったら目が覚めてしまう場合、交感神経が活発な状態が続いている可能性があります。
    この状態を改善し、眠たい時にしっかりと眠れるようにするには、自律神経を乱すストレスを軽減させていく事が大切です。
    その為に有効なのが、日中に運動をする等、しっかりと運動をする事です。
    それにより、ストレス解消になるだけでなく、ほどよく体が疲れ、夜に眠りやすい状態を作る事が出来ます。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 眠たいのに眠れない状態が続いている場合、ストレスが溜まってきている可能性があります。
    その状態で、上手く眠れない事を悩むと、更にストレスが大きくなり、不眠症のような状態になっていく可能性もあります。
    ですから、眠れないと感じる事があれば、その事をストレスに感じるのではなく、まずは気持ちをリラックスさせ、そして日常のストレスを軽減させていくようにしていく事がお勧めです。
    ストレスを減らし、自律神経を整えるようにしていく事で、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいくようになり、夜、眠りやすい状態を作っていく事が出来ます。

眠気はあるのに眠れない時
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事