眠気など、身体に異常を来たす「生理前症候群」

眠気など、身体に異常を来たす「生理前症候群」

Thumb?1414295452 muah♪さん

537

思春期の健康な女性は、必ず月1回「月経」が起こります。これは、子宮の内側を覆っている子宮内膜が剥がれ落ちるもので、一般的には婉曲的に「生理」と呼ばれています。月経(生理)は女性にとって非常に大切な意味を持つものですが、生理前や生理中は身体に様々な異常を来たすと言われています。最もよく知られているのが「生理痛」です。


  • 出典: www.tumblr.com

  • これは、生理の際に子宮が過剰に収縮することで起こる痛みで、陣痛のような痛みとも言われています。原因は様々ですが、生理中に分泌される「プロスタグランジン」が過剰に出る人や、身体が冷えている人、そしてストレスが多い人は生理痛に悩む傾向があります。生理痛の症状も人によって様々で、起きられないぐらい激しい痛みを伴う人も少なくありません。また、生理以外が原因で痛みを伴う場合もあるため、あまりに症状がひどい場合は早めに「婦人科」を受診することをおすすめします。
  • 出典: www.tumblr.com

  • また、生理が始まる1〜2週間前から起こり始めるのが「生理前症候群」です。生理前症候群はアルファベットで「PMS」とも呼ばれることがあり、生理痛と並んで多くの女性が悩んでいる不快症状です。主な症状は、イライラや腹痛、異常な眠気や頭痛などが挙げられますが、その他にも乳房の痛みや腫れ、吐き気、同期、めまい、食欲増進や減退、皮膚のかゆみなど、実に様々な不快症状が現れます。眠気に関しては、仕事や車の運転時の支障になることも多く、会社を休まなければならないほど症状が重い人もいます。PMSの原因は、排卵後の女性ホルモンが関係していると考えられていますが、本人の性格やストレスの度合いも関与しているとされています。最近では、PMS専門の治療薬が日本でも販売されるようになり、最寄りの薬局で購入することが出来ます。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 購入の際は、一度薬剤師に相談することをおすすめします。また、婦人科で処方してもらえる「低用量ピル」やハーブティ、青汁などもPMSに効果的とされています。その他にも、日頃の食生活に注意することでPMSの症状を緩和することが出来ます。ビタミンB6やEなどのビタミン類、カルシウムやマグネシウム、そして大豆イソフラボンを積極的に摂取するのが効果的です。ビタミン類は、主に牛や豚のレバー、マグロの赤身、きなこ、アーモンド、そして植物油などに含まれています。また、「畑の肉」と言われる納豆は、マグネシウムや大豆イソフラボンを豊富に含んでいるため、PMS対策におすすめの食品です。

眠気など、身体に異常を来たす「生理前症候群」
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事