眠れないときに工夫したい音楽と香り

眠れないときに工夫したい音楽と香り

Thumb?1414295452 muah♪さん

449

一日疲れているはずなのになかなか眠れない・・・その原因は電子機器やその日の悩みや疲れ。自分なりのリラックス方法を見つけて、ぐっすり眠りましょう。


  • 眠れない原因とは?

  • 眠れない原因とは?
  • 睡眠というのは、一日動き回って疲れてしまった私たちの身体を休めてくれるものですが、頭の中を整理してくれる時間でもあります。そのため、睡眠時間の少ない人は疲れがたまりやすくなったり、頭の中も整理できないので、混乱してしまうことがあります。
    このように、睡眠は私たちにとって、とても重要な役割を果たしていますが、時間通りに眠れない人や寝つきが悪い人というのが近年では多くなっています。
    これは、眠ろうと思っても、明日のことを考えてしまったり、悩み事を抱えている人は頭の中が興奮状態にあるのでリラックス出来ずに、寝付くことが出来ないのです。また、近年ではパソコンやテレビ、スマートフォンの画面を寝る前までに見ている人が多く、その影響で興奮状態になり、なかなか寝付けなくなっているのも現状です。
    眠れない人の特徴として、繊細な人が挙げられます。これは、周囲の環境に左右されやすい人でもあり、例えば音や匂い、明るさなどにも大きく影響されてしまいます。
    そのため、普段から寝つきが悪い人や最近眠れないな、といった人は、音楽や香りを変えてみることも良い手段だと言えます。
  • 眠れないときはアロマを試してみて

  • 眠れないときはアロマを試してみて
  • 香りの場合は、アロマテラピーが一番効果的だとされます。アロマテラピーは、植物のエキスが凝縮されたオイルを利用するので、その植物の成分が体内に直接作用してくれるのが特徴です。
    ヨーロッパでは医療行為としても扱われているので、アロマオイルの扱い方には注意が必要となり、直接匂いを嗅いだり、肌に塗ると刺激となることもあるので気を付けましょう。また、お年寄りや小さいお子さんがいる場合には、効果が出すぎるといった副作用もあるので、そういった点にも注意が必要です。

    眠りの際に用いたいアロマオイルは、ラベンダーが挙げられます。ラベンダーには心を落ち着かせる作用があり、眠れない場合にはとても効果的なアロマとなっています。ただ、ラベンダーの香りが苦手、という人も実は多く、そういった人はそれ以外の自分の好きな香りのアロマオイルを活用しても良いでしょう。
    ほかにも、眠りに効果的なアロマオイルは、オレンジ、ネロリ、カモミール、サンダルウッドなどがあります。
    また、販売店などによっては眠りに効果があるアロマオイルを数種類ブレンドしたタイプが取り扱われている場合もあるので、そういったものを使ってみるのも手です。こういった販売店では、あらかじめ匂いを嗅がせてくれるところが多いので、自分の好きな匂いを探すことが出来るのでおすすめです。

    アロマテラピーを行う場合には、専用の機器がなくてもタオルやハンカチ、枕などにオイルを一滴垂らしておくだけでも十分な効果が得られます。
    また、お香や香水なども同様に利用してみるのも良い方法です。自分の好きな匂いや落ち着く匂いがあるのであれば、そういった匂いを寝る前に嗅ぐだけでも寝つきの良さが変わると言えます。大量に嗅ぎすぎたりしてしまうと、また興奮状態となってしまうので仄かに香る程度の量を使用するのが良いでしょう。
  • 癒し効果のある音楽もオススメ

  • 癒し効果のある音楽もオススメ
  • 次に重要とされるのが、音楽です。寝る前に音楽を聴くことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、実は無音の状態の方が嫌なことが頭に浮かんだり、考え込んでしまうといったことも多いのです。
    眠る前に聞くと良いとされるのは、自然音です。自然音というのは、水のせせらぎや森のざわめきなどの音のことで、これを聞くことで心がリラックスします。自然音を聴くと私たちは、α波と呼ばれるリラックスしたときに検出される脳波が出やすいとも言われ、そのため、自然音は眠る際に聴くには適したものだとされるのです。
    近年では、自然音以外でもヒーリングミュージックや癒しや眠りをテーマにしたCDなどが発売されています。これらは人によって好みがありますが、試しに探して聴いてみるのも良いでしょう。
    また、自分の好きなミュージックや落ち着く音がすでにあると言う人は、そういった音楽を掛けながら眠っても十分効果があります。ただ、場合によっては人の声が入っていたり、歌詞が気になって眠れなくなることもあるので、注意が必要です。そのため、聴くときには音量を抑えめにするなどといった工夫をしてみるのも良い手段です。
  • 自分の好みに合ったリラックス方法を探してみては

  • このように、眠る前には音や匂いなどで環境を工夫し、変化させることが可能です。
    きちんとした睡眠をとることで、毎日の生活の質やメリハリも変わっていきます。十分な休息がとれていないと目覚めたときも、シャキッとしない状態が続き、前日の疲れを引きずったまま生活してしまうことにもなるのです。
    私たちの性格が一人一人違うように、眠りの種類や寝つきの良さも、人によって大きく異なります。また、それと同じように香りや音楽の好みやリラックスできる環境も異なっています。
    眠れないときには、自分にとってどんな環境が落ち着くのか、リラックスできて眠りにつきやすいのかを模索してみるのも大切だと言えます。
眠れないときに工夫したい音楽と香り
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事