カフェインの過剰摂取は夜に眠れない主な原因になる

カフェインの過剰摂取は夜に眠れない主な原因になる

Thumb?1414295452 muah♪さん

700

日頃からコーヒーや紅茶を飲むことが多い人は、眠れない人が多いかもしれません。適度は量は問題ありませんが過剰な摂取は不眠の原因となることも。


  • 寝る前はカフェインをとらない

  • 寝る前はカフェインをとらない
  • 就寝前にカフェインを過剰摂取してしまうことは、夜に眠れない原因となります。濃いコーヒーなどを飲むことによって精神が興奮して、活力が生まれてくる状況となります。朝起きたばかりであればコーヒーを飲むことは有効ですが、寝る前に飲んでしまうと逆効果になるのは明らかであります。それゆえに、コーヒーの特性を理解して寝る前に飲むことはできるだけ控えることが重要となります。コーヒーを間違って飲んでしまうだけでも、後になって後悔する可能性は十分にあります。

    寝る前には食事はしないことが理想とされていますが、水分補給は行う必要があります。夏場の暑い時期には特に重要となり、水分とともにミネラルを摂取することが推奨されています。冷たい紅茶や烏龍茶を飲むと気分が爽快となりますが、カフェインも余計に摂取することになります。
    寝る前であれば、紅茶は飲まないほうが無難です。どうしても飲みたい場合には、量を大幅に制限する必要があります。実際には一口だけでは足りないものですから、紅茶や烏龍茶は夜遅い時間に飲むことは遠慮しておいたほうが安心です。
    朝の時間になれば、紅茶も安心して飲んで一日分の活力を補給することができます。
  • 体内時計や精神状態を正常する

  • 体内時計や精神状態を正常する
  • 昼間にしっかりと太陽光を浴びることは、夜にしっかりと睡眠を取るために重要となります。
    人間の体内時計の特性を理解して、昼間にはしっかりと外で活動することが大切です。体内時計が狂った状態で、さらに不規則な食事をすると余計に睡眠の妨げとなります。体調管理をすることは極めて重要ですが、多くの人は睡眠の管理までは配慮が及ばないものです。睡眠の質を高めることによって、健康状態を完璧な状態で保つこともできます。
    室内で仕事をしている人であっても、休憩時間には外に出て太陽の眩しい光を浴びて体内時計を正常にしていくことが必要です。昼間には好きな飲み物を飲んで、活発に行動することで快適な睡眠を得やすくなります。

    日頃から悩みを多く抱えている精神状態であれば、どんなに食事に注意しても眠れないものです。過度なストレスを抱えることは、睡眠にとって良くないことは周知の事実であります。それゆえに、適度に休暇を取って無理をしない生活を楽しむことが大切です。ときには旅行に出かけてストレスを解消するための時間を確保して、健全な睡眠を得ることが重要となります。
  • 眠れる成分を含んだ食品をとる

  • 眠れる成分を含んだ食品をとる
  • 朝から昼にかけてはカフェインを普通に摂取して、睡眠を促すためのメラトニンの分泌を活発にさせるための栄養を摂取することも大切です。メラトニンはセロトニンから作られるもので、最初にトリプトファンを摂取することが基本となります。トリプトファンを大豆食品や鰹節などを食べて摂取すると、セロトニンの分泌が進んで最終的にはメラトニンとなります。メラトニンがしっかりと分泌されていれば、夜になって眠れないで困ることがなくなります。セロトニンが活発に分泌されるおかげで精神が安定して、不安で眠れない日も大幅に減少します。

    トリプトファンが豊富な豆乳にはカフェインがほとんどないために、睡眠のために極めて役立つ食品です。豆乳を日頃から飲むことで、大豆レシチンも摂取できて脳機能をさらに発達させることができます。睡眠にとって脳は極めて重要なものですから、脳のための栄養を枯渇させないことが大事です。セロトニンを分泌させるために、栄養のある魚料理を食べることも有効です。ビタミンB6も同時に摂取することで、セロトニンを効率よく分泌できます。ニンニクと豚肉を同時に食べれば、トリプトファンとビタミンB6を同時に摂取できますから、睡眠のためのセロトニンが確実に作られていきます。

    日本茶は健康にとって極めて有効な飲み物ですが、寝る前に飲むことは控えたほうが無難です。日本茶も紅茶もチャノキの葉を原料とすることは同じで、精神を興奮させる物質を多く含みます。ところが、ほうじ茶の場合には寝る前でも安心して飲むことができます。チャノキを原料としない麦茶の場合にも同様に寝る前に飲んでも睡眠の妨げとなりませんから、子供や妊婦にも優しい飲み物となります。麦茶は暑いときの水分補給に最適で、就寝中にも飲まれることが多いものです。麦茶を夜に飲んでも大丈夫なことは、経験的に多くの人が理解しています。
  • カフェインをとる時間や量を考えましょう

  • カフェインが多い飲料は飲む時間さえ配慮すれば、健康的に利用して楽しめるものです。飲料に含まれる成分は、メーカーに問い合わせするなどして調べることもあります。麦茶やコーヒーであれば多くの人が栄養について知っていますが、珍しい茶の場合には分からないこともあります。
    現在ではインターネットを使えば食品の栄養は簡単に調べることができますから、昔よりは便利となっています。夜に牛乳や豆乳を飲むだけなら良いのですが、紅茶やコーヒを混ぜる場合には熟慮して判断することが必要です。食欲だけで判断せずに、本当に睡眠にとって有益かどうかを判断して決めることが求められます。
カフェインの過剰摂取は夜に眠れない主な原因になる
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事