夜眠れない原因は何か探る

夜眠れない原因は何か探る

Thumb?1414295452 muah♪さん

209

夜眠れない原因はいくつもあります。その理由を解き明かすことで不眠が改善される場合があります。不眠の原因にせまってみました。


  • 眠れない原因:環境、嗜好品

  • 眠れない原因:環境、嗜好品
  • まず一つ目は環境です。騒音がしたり、電気がついていたりすると良く眠れなくなります。特に寝る前のテレビ、パソコンやスマフォは不眠につながります。青い光は脳を興奮させる作用があるといわれています。特にスマフォから青い光がでているので、脳が興奮してしまいます。スマフォに限らず寝る前の電子機器は避けた方がよさそうです。また、寝室にスマフォを持ち込むのはやめた方が良いです。また、寒すぎる、暑すぎるといった寝るのに快適ではない環境も悪影響を及ぼします。枕が高すぎる、首に合わないといった理由でも不眠につながる事があります。それから環境が変わった場合も不眠になります。旅行に来たとか、引っ越して環境が変わったなどという理由です。寝るときにリラックスするために、もしできれば寝室は寝る専用の部屋にして、他の部屋と区別することで自然と眠りにつけるようになります。

    二つ目は、刺激物の摂取です。コーヒー、紅茶などのカフェインを夜寝る前にとると覚せい作用や利尿作用により眠れない状態になることがあります。またアルコールも同様に寝る前は多量の摂取は禁物です。ほかにもたばこに含まれるニコチンにも覚せい作用があるので注意が必要です。また病を治療する薬自体に不眠作用があることがあります。たとえば、抗がん剤や血圧を下げる降圧剤や甲状腺の薬などです。この場合は主治医に相談して指示を仰ぐとよいです。
  • 眠れない原因:体の不調、ストレス

  • 眠れない原因:体の不調、ストレス
  • 三つ目は健康上の理由からの不眠です。体のどこかが痛い、かゆいなどの箇所があると熟睡できず、夜中に何度も痛みの為目を覚ましてしまいます。呼吸器系の疾患で呼吸が苦しいとか、アレルギー疾患や心臓病など睡眠を妨げる疾患はいくつもあります。
    睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に呼吸がとまる病気です。太った人に多く発生する病気ですが自覚症状のない人もいます。このような場合は元凶になった疾患を治療することで、快眠が得られる場合があります。

    四つ目はストレス性の不眠です。ストレスが強いと不眠を引き起こします。また眠らなくてはという焦りからかえって眠れなくなることもあります。几帳面で真面目で責任感が強い人ほどストレスに悩まされその結果不眠になるというパターンが多いようです。また意外な事ですが、楽しい事でもストレスにつながる場合があります。楽しすぎて興奮して眠れなくなるということもあるのです。
  • 眠れない原因:精神性疾患、加齢、生活リズムの乱れ

  • 五つ目は精神性の不眠です。うつ病などの精神性疾患があると不眠の原因になる事があります。本人は気が付かないうちにうつ病にかかり、不眠が深刻な状態になる場合があります。単なる不眠症と思っていたら実はうつ病だったというのは良くあるケースです。この場合うつ病の治療と並行して不眠症の治療を行ないます。眠れない事はうつ病の治療を進行させる結果になるからです。

    六つ目は加齢による不眠です。加齢により睡眠時間が短時間になったり眠りが浅くなることがあります。夜眠れないと思っていたら意外に昼間睡眠をとっていたという場合もあります。

    七つ目は原因不明の不眠です。特に理由もないのに突然不眠になってしまうことがあります。

    八つ目は生活リズムが乱れたことによる不眠です。夜勤勤務の多い人、海外から帰ったばかりで時差ぼけのひとなど生活リズムがいつもとくるってしまう事で不眠になってしまうことがあります。
  • その他の対策方法、改善方法

  • その他の対策方法、改善方法
  • 以上不眠の原因をあげてみましたが、このほかにも小さいことで不眠になる事があります。ちょっと寝る前に食べ過ぎてしまった、今日は一日たいして動かなくて運動不足だった。明日の朝どうしても早く起きなくてはならないので気になってよくねむれないなどです。

    日中軽い運動をすると入眠しやすくなります。
    また寝る3時間前は飲食をしない方がいいです


    このように、不眠は自分の努力で解決できることはたくさんあります。生活習慣の見直しをするだけで改善する不眠もあります。毎日同じ時間に寝るようにすることも必要です。また布団や寝具を見直して快適に眠れるよう工夫することも必要です。体が冷えていると熟睡できない場合もあるので寝る前の半身浴は効果があります。それでもなお不眠で悩んでいる場合は専門家に相談する必要があります。

    不眠になる病気としてむずむず症候群や睡眠時無呼吸症候群といった睡眠を妨害する病があります。むずむず症候群は夜寝るときに足に不愉快な症状を感じる病気です。歩き回ると楽になるので寝ていることができません。睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に呼吸が数秒から数分とまってしまう病気です。
    本人は自覚症状がないのですが呼吸が止まる事を頻繁に繰り返していると熟睡できないため、朝目覚めが悪かったり日中深刻な眠気をもよおします。太った人に多い病気です。いずれにしても医師に相談すれば適切な処置をしてくれます。早期の治療がポイントです。
夜眠れない原因は何か探る
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事