鼻づまりで眠れない場合の効果的な解消法

鼻づまりで眠れない場合の効果的な解消法

Thumb?1414295452 muah♪さん

461

鼻づまりのせいで眠れない・・・鼻づまりの原因をしっかり突き止めて、自分に合った対処方法を見つけてみましょう。


  • 鼻づまりで眠れない・・・原因をしっかり知る

  • 鼻づまりで眠れない・・・原因をしっかり知る
  • 鼻づまりで眠れない時の主な原因としては、アレルギー性鼻炎や風邪などが原因の鼻炎、蓄膿症などが考えられるのですが、これらの対処としては基本的には薬を服用したり、点鼻薬をすることになるのですが、薬を服用したくない場合には体の向きを変えるだけでも鼻の通りを良くすることができるので、詰まっている鼻を上にするようにして眠ってみたり、タオルをお湯に浸して鼻を温めてから寝るなどすると、一時的に鼻づまりが解消されるので眠れないという状態から脱することができます。鼻がつまっているといびきをかいてしまうので、他の家族にも迷惑をかけてしまうので、きちんと対処をして鼻づまりの解消法を身につけておくことが重要です。
  • 鼻づまりの原因:花粉によるアレルギー

  • 春に多い鼻づまりの主な原因は花粉症で、これはスギやヒノキの花粉に体の免疫細胞が過剰に反応することで起きる症状です。免疫細胞が異物を排出しようとすると必ず炎症が起きるので、そのために鼻や目が痒くなったり、場合によっては口の中まで炎症が起きてしまって、かゆみのために眠れないこともあります。

    花粉症の解消法は内科やアレルギー科などの病院を受診するのが一番良い方法で、そこで処方される薬を服用するとアレルギーが起きにくくなるので、夜は安眠することができるようになります。花粉アレルギーの場合には、花粉の時期が来る前に少しずつアレルギー物質を体に投与する方法が考案されていて、この方法を利用すると花粉の時期が来ても体が過剰に反応することがないので、花粉症を防ぐことができます。
    抗アレルギー剤などを使用すると集中力や注意力が落ちるので、これらの副作用があると困る職場で働いている人や、受験生などは薬ではなく新しい治療法で改善することができます。
    抗アレルギー剤を用いると注意力や集中力が低下する理由としては、脳内物質のヒスタミンの働きを抑制することが原因となっていて、この物質の分泌が少なくなることで眠くなってしまったり、注意力や集中力が低下してしまうという副作用が起きてしまいます。
  • 鼻づまりの原因:カビやダニによるアレルギー

  • 鼻づまりの原因:カビやダニによるアレルギー

    出典: instagram.com

  • 夏の鼻づまりの原因は夏風邪などもあるのですが、ほとんどがカビやダニによるアレルギー反応で、どちらも家の中の湿気が原因となって繁殖をするとの、昼間には必ず窓を開けて換気をして、湿度を50%以下に保つようにすることが必要です。
    カビの場合はタンスの裏側などにも繁殖したり、風呂場などにも繁殖するので、家の中の湿気を少なくすると同時に清潔に保つことも重要となります。ダニの場合は布団に寄生することが一般的なので、外に干したりした後には、必ず表面を掃除機で吸って、ダニの死がいや糞などを吸い取ってしまいます。これによってアレルギー症状が改善するので眠れないほどの鼻づまりを解消することができるのですが、アレルギー症状は個人差があるので、僅かなダニやカビで反応してしまう人の場合には、抗アレルギー剤などを服用して予防をしておくと安眠することができるようになります。

    アレルギーが原因の場合は鼻を温めたりして一時的に症状が改善したとしても、すぐに鼻水が出始めるので、同じことを何度も繰り返さなければならなくなります。鼻を温めて血行を良くする方法としては、鼻に温めた濡れタオルを当てるなどの方法があるのですが、体力に自信がある人の場合は腕立て伏せなどをして血行を良くすると鼻の通りが良くなることがあるので、いろいろな方法を試してみて、自分にあったものを見つけることが重要です。
    深刻な鼻炎は鼻の構造が生まれつき人とは違っていて、鼻骨などが呼吸を阻害してしまって、起きている場合で、この場合は粘膜をレーザーなどで焼いてしまったり、骨を少し削ることで改善することがあるので、大学病院などに紹介状を持っていき専門医を受診することで、治療をすることができます。
  • 自分に合った鼻づまり対処法を

  • 自分に合った鼻づまり対処法を
  • 結論としては鼻が詰まってしまった時には、血行を良くすることで鼻の通りを良くすることが一番簡単な方法で、温かいものを飲んだりしても症状が軽減されることがあります。
    また腕立て伏せや激しい運動をしても鼻の通りが良くなるのですが、これは交感神経の働きが関係していて、たくさんの酸素を体に取り入れるために自律神経の働きで鼻の部分の血管が拡張されて、鼻孔が開きます。
    アレルギーが原因の場合は、市販の点鼻薬などを使用すると症状が改善するのですが、成分によっては、毎日使っていると効きにくくなることがあるので、薬剤師に相談をして点鼻薬を選ぶと自分にあったものを選ぶことができます。鼻
    炎がどうしても改善しない場合には大学病院の耳鼻咽喉科などを受診すると鼻の粘膜をレーザーで焼き切るなどの手術を受けることができるので、鼻の中の浮腫や炎症が起きにくくなるのですが、効果は一生続くものではないので、何度か手術を受けなければならない場合もあります。
    生まれつきの鼻炎はもともとの鼻の内部の構造のせいで鼻が詰まっていることがあるので、骨を削るなどする手術が必要になります。
鼻づまりで眠れない場合の効果的な解消法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事