鼻づまりで眠れないストレスを軽減するために

鼻づまりで眠れないストレスを軽減するために

Thumb?1414295452 muah♪さん

644

鼻づまりというとしばらくすれば治まると考えがちですが、高をくくって甘くみていると深刻な睡眠不足を引き起こすことがあります。たかが鼻づまりと油断せずに、具体的な原因と自分でできる解消法を知って健やかな眠りを手に入れましょう。


  • 鼻づまりのせいで眠れない・・・不眠による影響

  • 鼻づまりのせいで眠れない・・・不眠による影響
  • 鼻づまりというとしばらくすれば治まると考えがちですが、高をくくって甘くみていると深刻な睡眠不足を引き起こすことがあります。起きているときはそれほどでもなかったのに、ふとんに入って横になると急にグズグズ、ズルズルがはじまってなかなか眠れない、夜中に何度も目が覚めてしまう、という人も少なくありません。
    あまりひどいと昼間に消耗した体力を回復することができずに疲れを翌日へ持ち越すことになってしまいますし、症状が長引けば長引くほど睡眠時間が削られて自律神経が乱れ、頭痛・肩こり・便秘・めまいなどの不快な症状を慢性化させてしまいます。
    人間にとってベストな睡眠時間は約7〜9時間といわれており、6時間未満の睡眠が続くと免疫力が低下して風邪をひく確率が通常の約3倍に跳ね上がることがわかっています。
    さらに、睡眠不足は新陳代謝のサイクルを崩して体脂肪の燃焼しにくい体にするため太りやすくなるほか、肌機能を低下させるので美容へのダメージも心配です。
    あまりひどいと昼間に消耗した体力を回復することができずに疲れを翌日へ持ち越すことになってしまいますし、症状が長引けば長引くほど睡眠時間が削られて自律神経が乱れ、頭痛・肩こり・便秘・めまいなどの不快な症状を慢性化させてしまいます。
    人間にとってベストな睡眠時間は約7〜9時間といわれており、6時間未満の睡眠が続くと免疫力が低下して風邪をひく確率が通常の約3倍に跳ね上がることがわかっています。
    さらに、睡眠不足は新陳代謝のサイクルを崩して体脂肪の燃焼しにくい体にするため太りやすくなるほか、肌機能を低下させるので美容へのダメージも心配です。
    たかが鼻づまりと油断せずに、具体的な原因と自分でできる解消法を知って健やかな眠りを手に入れましょう。
  • 自律神経をコントロールする、刺激を排除する

  • 自律神経をコントロールする、刺激を排除する
  • 鼻づまりがベッドに入ってから悪化することは、実はそれほど珍しいことではありません。
    ストレスに対応するホルモンの分泌が減少する夜間は、自律神経のスイッチが切り替わってアレルギーのもととなる原因物質を抑え込む力が弱まるため、日中に溜めこんだ症状が一気に表面化する時間帯にあたるからです。
    私たちの活動時は交感神経優位の状態にあり、ノルアドレナリンやアドレナリン、コルチゾールという抗ストレスホルモンが盛んに分泌される一方で、休息時や睡眠時には副交感神経優位に変わり、血圧や心拍数を低下させ、心身を癒すことに専念する態勢を整えます。
    ストレスに対する反応が鈍くなっている夜間、さぁ寝ようとしたところに鼻づまりがはじまるのはこうした理由によるところが大きいようです。それに加えて、皮膚の露出した部分や、衣類に付着した花粉・ホコリ・PM2.5などが部屋に持ち込まれることによってハウスダストが発生し、二次被害となってアレルギー症状を重くするという悪循環に陥るのです。
    鼻づまりで眠れないときは、自律神経の働きを上手くコントロールすることと、外部からの刺激を極力排除することが重要となります。
  • 原因をふまえた予防策

  • まずは予防策として、外から帰宅したら、部屋に入る前に玄関で衣類に付いた汚れをしっかりと払い落とし、原因物質を家の中へ持ち込まないことを徹底しましょう。
    玄関先にはたきや花粉吸引ブラシを準備しておくのもいいですし、バックの中に小型の折りたたみの花粉・ほこりおとしブラシを常備しておくと、気付いたときにサッと使えて便利です。
    体表に付着したものは、室内に拡散させないように速やかな入浴で綺麗に洗い流してしまいましょう。
    とくに髪の毛を束ねない人やロングヘアーの人は、お風呂場で軽くブラッシングしてホコリや花粉を落としてから洗髪を行うと安心です。
    ベッド周りの掃除やベッドカバー・枕カバーの洗濯ももちろん大切ですが、毎日する時間がないときには掃除機の吸口に、ふとんブラシやふとんローラーを取り付けて、ふとんごと吸い上げるという手もあります。
    また、最近の空気清浄器のなかには、フィルター部分と加湿機部分のお手入れだけで5年以上使え、24時間つけっ放しでも電気代のほとんどかからないエコ運転機能のついたものもありますので、症状によっては購入を考えてみてもいいかもしれません。
  • 症状が出てしまったときの対処法

  • 症状が出てしまったときの対処法
  • できるかぎりの注意を払っているのに症状が出てしまったら、点鼻薬や目薬、飲み薬を使って効率的に治めたほうが確実です。
    突発的な鼻づまりには即効性のある抗ヒスタミン薬、慢性化した症状には抗アレルギー薬というように、ご自分の体調に合わせて適切なものを選んでください。
    薬に頼りたくない人や比較的軽症の人は、アロマテラピーに用いられる芳香療法によって軽減する場合がありますので試してみるといいでしょう。
    アロマテラピーは、植物の花・茎・根・果皮などを蒸留したときに得られる精油を利用して心身に好ましい作用をもたらすことを目的とした療法で、フランスやイギリスでは医療の分野にも取り入れられています。
    精油は植物のもつ癒しの力をぎゅっと凝縮したものですから、ティッシュペーパーやハンカチにほんの1〜3滴垂らして鼻元へ持っていき、ゆっくり吸引するだけでも効果が現れます。
    鼻のとおりをよくするには、抗炎症作用のあるユーカリや抗菌特性のあるティーツリーの精油が効果的です。
    とくにティーツリーは、濃度を厳守すれば肌に直接つけられるくらい安全性の高い精油ですので、鼻の粘膜の敏感な人にもおすすめです。
    安眠を促すラベンダーの精油を垂らしたティッシュペーパーを匂い袋の代わりに枕元へ仕込み、横になった状態でユーカリ・ティーツリーの香りをかぐというふうに、2種類の精油を組み合わせるとより一層の効果を期待できるでしょう。
鼻づまりで眠れないストレスを軽減するために
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事