疲れているのに眠れない、眠りたいのに寝付けないのはなぜ起こる?

疲れているのに眠れない、眠りたいのに寝付けないのはなぜ起こる?

Thumb?1414295452 muah♪さん

543

体はとても疲れているのに、布団に入ると目が冴えてしまって眠れない。不眠症の種類を確認してから、自分がどのタイプに当てはまるのか確認した上で、不眠症を解消していきましょう。


  • 眠れない原因、タイプを知り自分に合った対処法を

  • 眠れない原因、タイプを知り自分に合った対処法を
  • 体はとても疲れているのに、布団に入ると目が冴えてしまって眠れない。次の日早く起きなければいけないのに、なかなか寝付けない。こういった状態になると、寝ようとしても気が焦ってしまって余計に眠れなくなってしまいます。一時的に起こる場合には問題はないのですが、眠れない日や寝付けない日が長く続いているならば、不眠症になっている可能性があります。
    不眠症になると全く眠れなくなるのでは?と思う人も多いかもしれませんが、不眠症にはさまざまな種類があり症状の出方もそれぞれ異なります。
    睡眠不足が長く続くと集中力の低下や注意力の欠如など、日中の活動にも影響が出てくるため早めの改善が必要です。
    まずは不眠症の種類を確認してから、自分がどのタイプに当てはまるのか確認した上で、不眠症を解消していきましょう。
  • 不眠症の4つのタイプ

  • 不眠症の4つのタイプ
  • 不眠症は大きく分けて4つのタイプがあります。
    疲れているのになかなか眠れない入眠障害は、布団に入ってから眠りにつくまでに30分から1時間以上の時間が必要になります。
    眠りについても夜中に何度も目が覚めてしまう症状は中途覚醒といって、入眠障害と併発する場合もあります。
    すんなり眠ることはできるものの、目覚ましを設定した時刻よりも早く目が覚めてしまい、その後眠れなくなる症状を早朝覚醒といいます。大抵2時間以上早く目覚めてしまうため、睡眠時間が短くなり必然的に寝不足の状態になります。この早期覚醒はうつ病などでもよく見られる症状です。
    睡眠時間はしっかり取っているのに眠りが浅くて寝た気がしないのは、熟眠障害によるものです。十分な睡眠が取れていないため前日の疲れが残り、起床の時でも頭がぼーっとした状態になります。
  • 睡眠障害になるきっかけ、原因

  • 睡眠障害になるきっかけはさまざまです。
    海外旅行などで時差による影響、周囲の騒音や旅行先で布団や枕が変わったことによるもの、寒すぎるまたは暑すぎる温度によるものなどがあります。こうした理由によって起こる不眠は環境を変えることで改善するため、一時的な不眠であることが多いケースです。
    他にも痛みやかゆみなどの病気からくる不眠、加齢によるものなどがありますが、特に長引いてしまう原因に緊張やストレスからくる心や精神的な問題があります。また運動不足やホルモンバランスの乱れからくる自律神経の影響も、不眠症を引き起こして長引かせる大きな原因となっています。
    疲れているのにしっかり眠れないといった状態が長く続いてしまうと、ささいなことですぐ疲れてしまったり、イライラしやすくなるといった別の問題が発生します。疲労がたまって体力も落ちてくるので、免疫力や抵抗力が下がり風邪などの病気にかかりやすくなり、持病が悪化するといった症状も出てきます。睡眠が不足すると食欲を抑えるホルモンの分泌が低下するので、食欲のコントロールが難しくなって食べ過ぎてしまい、太る原因にもなってしまうのです。
  • タイプをふまえた解消方法

  • タイプをふまえた解消方法
  • 睡眠障害を改善するには質の良い睡眠をとることが重要になります。寝ている間はノンレム睡眠とレム睡眠という、種類の異なる眠りの状態が繰り返されていて、このリズムを安定させることが脳と体の休息につながります。
    眠りにつくと、浅い眠りから徐々に深い眠りへと落ちていきます。浅い眠りのときには、体は休んでいますが脳は目覚めている状態になり、これをレム睡眠といいます。深い眠りに入ると今度は脳が休息を取るようになるのですが、これがノンレム睡眠になります。睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠が4〜5回繰り返し行われ、目覚める時間が近づくとノンレム睡眠が増えてすっきりと起きられるようになります。
    寝付きが悪いといった入眠障害では、睡眠前の過ごし方を変えるようにして、眠る前にカフェインなどが入った飲み物は避けてハーブティーやミルクなどの眠りを誘う飲み物を選びましょう。寝る前の部屋の明かりを落ち着いたトーンにしておくのも効果的で、間接照明をうまく利用して暗過ぎず明る過ぎない状態にしておきます。こうした対策をして布団に入っても、寝る前にスマホやタブレットなどを眺めてしまうと、効果が半減してしまいます。タブレットなどの液晶に使用されているブルーライトは、網膜から入った光が脳を覚醒させる作用があるので、寝る前に見てしまうと眠れなくなる可能性が高くなります。
    なかなか寝付けないでいる時は、一度布団から出て眠くなるのを待つ方法もあります。布団で横になった状態でいると眠れないことがストレスになるため、体にも良い影響を与えません。一度リセットするような気持で布団から出て読書などをしてみると、すんなり眠くなることがあります。
    睡眠を促す方法はこの他にもたくさんあり、ぬるめのお風呂にゆっくりつかってリラックスする、眠りを誘うラベンダーなどのアロマを利用するといった方法があります。いろいろ試してみて自分にあった睡眠導入法を見つけると、ストレスや環境的な要因で睡眠リズムが崩れた時に不眠を改善しやすくなります。
疲れているのに眠れない、眠りたいのに寝付けないのはなぜ起こる?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事