夜に眠れないイライラを解消する方法

夜に眠れないイライラを解消する方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

530

眠れないとき、焦ってしまい余計眠れなくなってしまっていませんか?眠れない原因は自分の中だけでなく、自分を取り巻く環境にもあります。今一度見直してみましょう。


  • まず、寝室から見直してみましょう

  • まず、寝室から見直してみましょう
  • 身体からイライラや不安を取り除いて、リラックス状態を作ります。いくら頭の中で眠りたいと思っていても身体がリラックスしていないと寝る準備をすることが出来ないので、眠りやすい身体を作ることが大切です。全身に筋肉の力が入っていると刺激にコントロールされてしまい、眠れないということが起こるのです。ですから身体が受けている刺激を出来るだけ取り除いて、眠りに入りやすい身体を作るのです。そして、心のリラックスも重要なポイントです。心に不安や悩みが残っているとそのことばかり考えてしまい、脳がリラックスせずに眠ることが出来ないのです。不安や悩みを出来るだけ解決して、心もリラックスして準備を整えることが眠りへの第一歩です。

    まず寝室から刺激になるものを取り除くようにして、明るいライトや大音量の音楽を無くします。夜のクラブのような雰囲気では身体や脳を刺激してしまうので、落ち着いた環境に整えることがポイントです。眠れないときに目指す環境はこのような状態とは真逆で、五感から受ける刺激を少なくして心地のよい寝室作りを心がけます。
    目からの強い刺激を抑えるためにも、部屋の中は薄暗いライトにします。直接光を浴びるとこれも刺激になってしまう可能性があるので、間接照明などで直接身体にライトが当たらないようにします。
    薄暗い照明に出来ないときや間接照明が無いときにはアイマスクなどを利用して、刺激を与えないように工夫します。アイマスクの代わりに、タオルなどでも代用することが出来ます。
    鼻からの刺激を抑えるためには、ほこりが無いように寝室は清潔に保つようにします。こまめに掃除器などをかけて、掃除を定期的に行うようにします。鼻からのリラックス方法にはアロマキャンドルなども使ってリラックスする方法もありますがあまり神経質にならずに、清潔にしておくことが何よりも大切です。
    耳栓があったら使うようにして、隣の部屋や外からの騒音をカットします。なるべく無音の状態になるようにして、寝室の環境を整えておきます。加湿器やクーラーなどが音を立てているときにも、耳栓をして静かな状態を保つようにすると効果的です。無音が苦手な人や怖いと感じる人なら、単調な音楽を流すようにします。自然に近いオルゴールの音や波の音、雨の音などを使った音楽をかけるとリラックス効果が生まれます。音量を調節しながら、身体がリラックス出来る大きさにすることがポイントです。
  • ストレッチやツボおしも効果あり

  • ストレッチやツボおしも効果あり
  • さらにストレッチをして、身体をほぐします。ストレッチには神経と筋肉をリラックスする効果があり、眠りやすい身体を作ることが出来ます。
    デスクワークなどの仕事をしていると身体が凝り固まってしまっていて、自覚症状が無くても身体が緊張していることがあります。この昼間に起きた緊張状態が安眠を妨害しているので、ストレッチをして身体をほぐします。お風呂に入る時間が無くても、ベッドの上で簡単にストレッチするだけでも効果を実感することが出来ます。筋肉全体を伸ばしながらゆっくりと呼吸をして、身体から力を抜くようにストレッチをします。全体が軟体動物になったようなイメージをして、数分行うだけで寝つきを良くすることが出来ます。
    身体を温めるためには、温かい飲み物を飲むようにします。ストレッチのように身体を素早く温めるためには、手軽な方法です。身体の奥から温めることが出来るので、リラックス効果に繋がります。ホットミルクでも効果はありますが、甘いものが苦手な場合や歯磨きをするのは面倒な場合は白湯を飲みます。すぐに用意することが出来ますし、面倒な歯磨きをせずにそのまま眠ることが出来ます。
    飲み物と同じように身体をすぐに温める方法として有効なのは、ツボ押しです。足の裏には身体のコンディションを整えてくれるツボがたくさん集まっているので、痛くない程度に押してマッサージをします。
  • 瞑想を取り入れてセルフコントロールを

  • 瞑想を取り入れてセルフコントロールを
  • 精神的な不安やイライラを改善するためには、瞑想を行います。不眠ぎみだと「なかなか寝付けなかったらどうしよう」「明日睡眠不足になる」などネガティブな考えは無意識に起こってしまうので、その不安を取り除くように瞑想をするのです。寝付けない状態が続くと無意識の声に耳を傾けてしまうので何も考えずに、無になることに集中します。ネガティブな考えをシャットアウトするためにも、ベッドに入ったら瞑想をするようにします。無になることが難しいようだったら、なるべくポジティブな言葉や気持ちを思い浮かべます。頭で考えたことが身体にも影響を及ぼすので、なるべく明るい未来を考えるようにして眠るようにします。
    心の中に不安や悩みがあるときや、瞑想が上手くいかないときには明日のやることを書き出します。明日やりたいことを書き出すと余計なことを考えなくなり、思い出す必要や心配が無くなります。「明日忘れないようにしよう」という不安が解消され、安心して眠りにつくことが出来ます。明日の余計な心配を無くすためにも、行動の流れやポイント、注意点などを紙に書き出します。
  • 自分に合った方法を実践してみましょう

  • これをやれば夜必ず眠ることが出来るという明確な基準や方法はないので、自分自身がリラックス出来る状態を保つことに集中することが大切です。
    寝室の環境を整えることで感覚も気持ちよくなり、自然とリラックスすることが出来ます。寝室の環境が整うだけでも安心することができ、眠るための第一関門はクリア出来ているほどです。
    またじっくりとストレッチをすれば身体が温まり、睡眠に入りやすくなります。温まった身体の体温が少しずつ下がるので、下がったタイミングで眠気が襲ってきます。出来るだけ身体を温めるようにして、自然な形で眠気がやってくるようにするのです。
    瞑想を行えば自分の呼吸だけに意識が向くので、脳が睡眠モードになります。活動的な動きは制御されるので、だんだんと睡眠しやすくなります。

    そして何よりも重要なのは規則正しい生活を心がけて、日中には太陽をしっかり浴びるようにします。身体を動かして三食きちんと食べ、健康的な生活を送ることが何よりも大切です。規則正しい生活を送れば体内時計も正常に動き、自然と夜に眠くなるのです。
夜に眠れないイライラを解消する方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事