寝つきが悪い…眠れない仕組みについて

寝つきが悪い…眠れない仕組みについて

Thumb?1414295452 muah♪さん

377

人間には三大欲求と言うものがあるのです。
その欲求とは食欲、性欲、睡眠欲です。
これらの三つの欲求が充足されることで人間は心身ともに健全でいられるのです。ど
れか一つ欠けてもトライアングルが成立せず、アンバランスになって様々な弊害がもたらされるのです。


  • 出典: www.tumblr.com

  • なかでも人間は食欲と睡眠欲が充足されなければ生きていくことができません。
    現代人は非常に睡眠をおろそかにしがちな傾向にあるのです。
    夜中までテレビゲームに明け暮れたり、昼夜逆転の生活で夜眠らなかったり、徹夜で仕事をするなどもしばしば見られることです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • しかしこうしたライフスタイルが慢性的になると次第に眠れない、眠りが浅い、寝起きが非常に悪い、日中強烈な眠気に襲われるといった睡眠障害が見られるようになってしまうのです。睡眠が充分でないと脳はきちんと休息することができません。
    常に神経などが昂ぶった状態になり、イライラしたり、酷い不安感に苛まれるようになったりするのです。
    しだいにこうした状態はエスカレートしていき、うつ病やパニック障害を発症してしまう人もいるのです。
    眠れない仕組みの代表的なものは、やはり生活習慣の乱れなのです。
    日によって早く寝たり、夜通し起きていたりと不規則な睡眠リズムを長年続けることで、上手く眠れないようになっていきます。
    また入眠できたとしても非常に眠りが浅く、睡眠の質は非常に悪いものとなるのです。また眠れない仕組みの代表的なものに、悩みや過度なストレス、心配事を抱えていると眠れない状態になってしまうのです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 夜通し悩んで神経が休まることがなく、眠ったとしても夢ばかり見て熟睡していない状態が続くのです。
    こうした状況に陥ってしまったら、先ずは自分の生活習慣の見直しと、ストレス発散や解消法をうまく見出すことが大事なのです。
    眠れなくても必ず毎日決まった時間に床に就き、毎日決まった時間に起床して、毎朝朝日を浴びるようにするのです。
    すると体内時計がリセットされ、副交感神経も活性化されるようになって次第にスムーズに決まった時間に眠れるようになるのです。
    またストレスを溜め込まないように、スポーツや趣味に打ち込む時間を毎日作ることも大事です。

  • スポーツや趣味にのめりこむことで体が疲れ、眠気をもよおしたり、またのめりこむことで不安や心配事を忘れる時間を作ってあげることが大事です。
    また神経などの昂ぶりは入眠を阻害します
    。そのため寝る直前に高温のお風呂に浸かったりせず、寝る数時間前にぬるま湯に浸かって、寝る時間には程よく体温が低体温になっている状態にすることも大事です。

寝つきが悪い…眠れない仕組みについて
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事