眠れない気配を感じたら

眠れない気配を感じたら

Thumb?1414295452 muah♪さん

523

何となく布団に入っても眠れない気配を感じてしまう方というのは、布団に入る前にそもそも「眠れないのではないだろうか。」という気持ちが自然に湧いて来ることが影響していることもあります。


  • その気持ちが本人もそう真剣に意識しているわけじゃないのに、心のどこかでそんな不安感があることになります。
    眠れなかったらどうしようという気持ちが強くなる傾向になるのは、不眠症の方の多くの人が持つ気持ちです。
    そのため、毎晩、布団へ入るたびにそんな気持ちを抱えてしまうのです。

    眠れなくなるのには、自分でそんな気配を作っていることが大きく影響しているのです。
    精神面も大きいのですが、神経の高ぶりが起こることを寝る前にしているのも良くありません。

    たとえば、パソコンやスマートフォンを寝る直前まで見ている人というのは、穏やかな眠りにつけないことがあります。
    その残像が頭に残っているので、肉体的には眠くなっていても神経が高ぶったままでいるからです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 他にも、眠る前の数時間前におやつを食べたりすることです。
    お風呂上りに軽く水分補給をする程度なら、問題ないのですが、お腹にたまるほどのおやつや夜食を食べる習慣があると、体がリラックスしていないので、眠れなくなるのです。

    そして、眠れない人は家族がまだ起きていてテレビを観ている気配にすら、神経が鋭くなります。
    出来るだけ、家族にも協力してもらってあまり大きなボリュームにしないようにしてもらうと良いでしょう。
  • 出典: www.tumblr.com

  • さらに、眠れない原因になるのが考え事です。
    日中に起こった嫌な出来事や悩み事というのは、夜になるとさらに増大して来て押し寄せる波のように繰り返しやって来るものなのです。
    その上、日中は前向きにとらえようとすれば出来ることも、夜になるとさらに落ち込んだマイナス的な考えに押しつぶされてしまうのです。
    出来る限り、考えすぎないことが求められます。
    「今、答えを出さなくてもいいのだから。」と自分に言い聞かせて、一旦、自分から手放すことも大事です。

    眠れない気配を感じにくくするために、自分で工夫できそうなことは実践してみるのが賢明だと言えます。
    そして、眠れない原因が悩みごとなどで起こっている場合なら、解決の道が見つかるまで敢えて今夜真剣に考えすぎるのはやめようというくらいの気持ちで朝を待つようにする考えでいるようにしましょう。

    不安感が大きくなるのを防ぐコツをマスターして行くのも、良い睡眠を目指せます。

眠れない気配を感じたら
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事