寝れない習慣を改善するための対処法

寝れない習慣を改善するための対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

533

夜にぐっすりと寝れない習慣が続いてしまっているときには、様々な対処法を行って問題を解決させていく必要があります。睡眠にとってよくない習慣で代表的なのは、過度なストレスを抱えることです。不安な状態では誰でも安眠することはできません。嫌なことはすぐに忘れてしまい、楽観的に考えるようにすればぐっすりと眠れるようになります。神経質な人であれば、考え方を一新して前向きな性格になることも大切です。無理をすれば体が苦痛を覚えるようになり、特に脳にとって負担になります。ストレスを解消するために、休憩時間を設けながら生活することも重要です。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 寝れないときの対処法としてすぐに役立つのが、体内時計を正常に戻すために太陽の光を外で浴びることです。昼間は室内で過ごすことが多い場合には、太陽の光を感じないために体内時計が狂ってしまうことがあります。昼間は外で行動していれば、太陽光のおかげで脳は活動するべき時間であることを理解します。そして夜になって暗くなったときには自然と眠くなるようになります。体内時計のリズムを戻せば、毎日にわたって同じ時間帯に眠くなる習慣が身につきます。早寝早起きをしている人であれば、自然と体内時計も正常に働くものです。

  • 出典: www.tumblr.com

  • 寝れないときには、脳にとって有益となる栄養を食事から摂取することも大切です。睡眠にとって特に欠かせないのが、脳内神経物質のセロトニンから作られるメラトニンです。メラトニンがあれば、心地良い睡眠を得ることができます。メラトニンの原料となるセロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、必須アミノ酸のトリプトファンから作られます。寝れない習慣を打破するために、トリプトファンを大豆食品などから摂取することがおすすめです。セロトニンを生成するためには、ビタミンB6も必要になります。ビタミンB6はニンニクに多く含まれています。

  • 出典: www.tumblr.com

  • 就寝前にカフェインを過剰に摂取することも、寝れない原因となります。寝酒も度が過ぎるとよくありません。寝る前にはカフェインが多い紅茶やコーヒーを飲むことは避けて、カフェインが少ないほうじ茶を飲むことがおすすめです。精神を落ち着かせるために、寝る前に読書をすることも有効です。寝る前に入浴をして血行を良くしておくことも睡眠のためになります。冬場には体が冷えきっていると寝れないことが多くなります。足湯に入って足だけを温めても、リラックス効果を得ることができます。さらに、自分に合った枕や布団を使うことも快眠のために役立ちます。

寝れない習慣を改善するための対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事