ベッドに入ってもなかなか寝付けない。不眠の悩みとは

ベッドに入ってもなかなか寝付けない。不眠の悩みとは

Thumb?1414295452 muah♪さん

583

生まれてすぐのころは、一日の大半を眠りそして成長していきます。
子供や若いときは、なにもしなくてもすぐに眠ることができました。
しかし、社会に出て働き始めると、寝付けないということがあります。
それでも、最初のころは二、三日寝付けない日が続いてもまた、元のペースで睡眠が取れるようになれます。
これが、加齢やストレスが原因になると、眠りたいのに寝付けないという不眠になっていきます。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 人間にとって、睡眠は食事などと同じようにとても重要なものです。
    体の疲れを取るだけでなく、睡眠中に脳が記憶の整理をしています。
    これらが、不眠というもので妨げられることで体内だけでなく脳にもダメージがあるのです。
    昔から、出来ないと言われているのが寝溜めですがこれは、足りない分を休みに補給することはできます。
    しかし、不眠時に溜めておいた睡眠を使用することは不可能です。
    つまり、睡眠は貯金ができないとうことです。
    今は、不眠に悩む人が本当に増加しています。
    その原因には、社会全体が24時間稼働していることと、パソコンや携帯の普及で目への負担となることです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 体や脳は、もう眠りたいのに寝付けないのは辛く体調にも影響がでてきます。
    そのために、今は内科でも不眠対策の薬を処方してもらえます。
    まずは、薬を利用して夜になると眠るクセを付けることです。
    依存症になることを、不安に感じる人もいますが、最近はそのような薬はありません。
    医師の指導を受けて、指示通りにしていくと必ず薬は止めることが可能です。
    健康のためにも、まずは夜にはキチンを質の高い睡眠を取ることが大切です。
    そして、朝は早く起きる習慣をつけていきます。
    規則正しく起床時間と就寝時間を守るように体に覚えさせます。
    そして、睡眠しやすくなるように寝る時間の一時間前くらいからパソコンや携帯はやめておきます。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 部屋も薄く暗いのが、だんだんと睡眠モードに入るおとができます。
    そして、何も考えないようと言われますが、それができないから寝ることが難しいのです。
    しかし、処方された薬を飲むと考える前に眠りに入ることができます。
    健康のためにも。精神のためにも睡眠は大事なものです。
    寝付けないままの状態を放置せずに、気軽にいつも行く主治医に相談するのが一番いいやり方です。
    精神科や神経科は、行くのに戸惑いますがいつもいく医院なら気軽で薬ももらうおとができます。
    そして、いつか何も飲まなくてもいい睡眠が出来る日がきます。
ベッドに入ってもなかなか寝付けない。不眠の悩みとは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事