不安やストレスで眠れない人へ伝えたいこと

不安やストレスで眠れない人へ伝えたいこと

Thumb?1414295452 muah♪さん

856

新しい環境のスタート。期待もあるけど不安でいっぱい・・・ぐるぐる考えすぎて眠れないという悩みができてしまったことありませんか?


  • 新しい環境が原因で眠れない・・・

  • 新しい環境が原因で眠れない・・・
  • 新しい会社に入った時や、学生から社会人になった時、学校へ進学したり転校したりした時、新学期がはじまって席替えなどをした時、一人暮らしを始めた時、家を立て替えている最中など、今までとは違う生活がスタートする時、これまでとの生活環境ががらりと変わってしまうことがあります。新しい人と出会ったり、仕事や学校などの生活で慣れないことをしていくわけですからストレスを感じることも少なくありません。自分でも気が付かないうちにストレスがたまった結果、夜に眠れないという症状になってでてくることも珍しくはありません。その原因が様々あると思います。
  • 新しい環境への不安

  • 新しい環境への不安
  • 決まった時間に職場や学校に行かなくてはならなかったり、翌日に大事が会議に出なくてはならなかったり、出張を初めて経験したり、上司へ大事な報告があるなど、それは人によって違うでしょう。ただ、一番ストレスになるのは、朝起きられず、寝坊をしてしまうのではないかという不安です。

    また、起きられたとしてもバスや電車に乗り遅れてしまうのではないか、何かトラブルに巻き込まれてしまうのではないか、翌日よくないことが起こるのではないかなど、翌日の自分の行動や出来事に対する不安もあると思います。朝寝坊などは新生活を始めた人だけでなく、何年も働いている人や学校の生活に慣れている人でも抱くものでしょう。

    しかし、とりわけ新生活を始めた人にとっては、それがとても大きなストレスになることがあります。なかなか寝付けなかったりすると、眠れないことに対してもますます不安になり、よけい眠れなくなってしまいます。そんな日が続けばなおさら眠れないことがストレスになります。
  • 眠れないときの対策方法

  • そのような人への対策方法として、まずは気持ちを落ち着かせることをおすすめします。よく考えてみると、眠らなければ朝目覚めることはできません。夜更かしをしたりすると翌日の目覚めが悪く布団からなかなか出たくなくなってしまうように、朝に目覚めるためには眠ることが大切なのです。

    そこで、普段よりも早めに就寝するという方法があります。早めに寝ても遅く寝てもいつも通り起きてしまう人もいるかもしれませんが、早く寝ることによって翌朝寝坊をしてしまうリスクは減らせます。それからどうしても眠れない日が続く場合は、何かアクションを起こして対策をうつ必要があります。その方法として、寝る前にホットミルクを飲むという方法があります。牛乳に含まれている成分が入眠を促してくれて眠りやすくなります。

    また、朝風呂に入る習慣がある人などはそれを夜にかえるなどです。シャワーやお風呂に入った後は体が温まりますが、体を温めてから布団に入ると体がぽかぽかとします。その状態が保温されると眠りにつきやすくなります。

    また、眠る前の1時間か2時間くらい前には携帯電話の使用を控えることも効果的です。光によって脳が起きていると錯覚してしまいますから、使用直後はなかなか眠ることができないはずです。眠りの妨げになるようなことはしないようにしましょう。体が眠りにつくという姿勢をつくってあげることが大切です。
  • 眠れないときのおすすめの方法

  • 眠れないときのおすすめの方法
  • また、心地よく眠るための工夫も必要です。枕の高さや部屋の暗さは自分好みに調整しておきましょう。足元が冷えていると夜中に目が覚めてしまうかもしれないので冷えを感じる季節であれば靴下などを履いて寝るなど、ご自身が眠りに集中できる環境づくりも大切です。
    また、眠る前には翌朝の心配を少しでも取り除いておきましょう。翌日の仕事や学校で必要なものがあるのであれば、かばんに全てまとめておきます。目覚し時計を幾つかセットしておくのも効果的です。携帯電話のアラームを着信音に設定しておくと、電話がかかってきたのではないかと焦り、アラーム音に気が付きやすくなります。
    また、コンポなどで目覚まし機能があるものであれば音楽がなっていることに気がついて目が覚めます。お気に入りの曲を聴きながら一日の始まりを気持ちよく迎えられます。このコンポの活用による音楽の目覚ましは、とても便利です。何日かすると曲がかかるごとに大体何時頃か分かるようになるからです。目覚まし機能のついたコンポを持っているのであれば是非活用をおすすめします。

    その他にも気持ちよく目覚められるグッズが巷で売られています。最近ではアラーム時間に合わせてアロマが香るものもあります。そのような商品も活用してみるといいでしょう。また、朝に太陽の光を浴びることも目覚めをよくしますので、部屋を暗くした後にカーテンを少し開けておいて光が入ってくるようにしてもいいと思います。

    新しい生活に慣れるまでは時間がかかるものですが、眠れないということに対して自分なりの工夫と対策をして、一日でも早く早く仕事や学校生活に慣れていきたいですね。それでも不安が続くようであれば、先輩や同僚、上司や友達、家族に相談して心境を打ち明けてみましょう。他の人も同じような心境だと分かったり、考え方が変わ
不安やストレスで眠れない人へ伝えたいこと
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事