呼吸を工夫することでぐっすりと眠る方法

呼吸を工夫することでぐっすりと眠る方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

563

睡眠は一日の疲れを解消するためにとても大切なものです。体の疲れだけでなく脳の疲れを解消する効果もあります。睡眠は人の体にとって欠かすことのできないものであり、最高の疲労回復法です。けれどもただ何時間もたくさん寝ればいいというわけではありません。お休みの日に寝だめをして一日中だらだらと寝てしまって、その結果かえって疲れがたまってしまったという経験を持つ人は少なくありません。大切なのは、たとえ短い時間だとしても、ぐっすりと眠ることです。つまり量よりも質の高い眠りを心がけることが重要だということです。寝室には雑音が無く、気になる匂いがない。寝室の気温や室温が快適な状態に保たれており、寝心地のよい、自分に合った心地よい寝具が揃っていることなどはぐっすり眠る方法としての環境を整えるためのポイントです。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 自分自身がぐっすりと眠る方法としては、満腹すぎたり逆に空腹すぎたりしないこと、尿意がない、カフェインやたばこなどの刺激物を少なくても眠る一時間以内にはとらない、眠る直前に気になることや不安なことなどを考えすぎない。全身がリラックスしている状態を保つなどの工夫が必要です。
  • 出典: www.tumblr.com

  • そして全身がリラックスしている状態を作るためには呼吸法が深く関係しています。人の体には自律神経と呼ばれるものは交感神経と副交感神経があり、活動しているときには交感神経が働き、睡眠中には副交感神経が働きます。例えば夜中まで仕事をして交感神経が過度に働いた状態で帰宅してすぐに寝ようとしても自律神経の切り替えがうまくできずに寝つきが悪かったりぐっすり眠れない状態になります。全身をリラックスさせることで副交感神経が優位となり眠りにつきやすくなります。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 緊張した状態では呼吸が浅く短くなり、全身の酸素交換が上手くいきません。深呼吸することで新しい酸素が体内に取り込まれると、気分がリセットされリラックスできます。そして息を大きく吐き出すことで心拍数が少なくなりリラクゼーションにつながります。今話題のヨガは疲労回復やリラックスにも効果的です。ヨガのポーズは深い呼吸とともに行われることで効果が高まります。眠る前にあぐらや星座などの方法で座り、丹田に上半身の重心をかけます。鼻から5秒ほどかけて息を吐ききったら2秒ほど止めてから今度は両鼻から5秒ほどかけて静かに息を吸い、そのまま2秒ほど止めます。この呼吸法を15分程度繰り返すことで全身をリラックスさせ、ぐっすりと眠る方法としてとても効果的です。
呼吸を工夫することでぐっすりと眠る方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事