最近眠れない…寝れない原因は薬の可能性も

最近眠れない…寝れない原因は薬の可能性も

Thumb?1414295452 muah♪さん

640

疲れているのにベッドに横になってもどうしても寝れない。
そんな経験をしたことがある方は決して少なくはないでしょう。
1日や2日程度ならまだしも、何日も何週間もこのような寝れない状態が続くとなると心身ともにかなり辛くなってきます。
寝れない原因といっても人それぞれ様々な事が考えられますが、その一つとして考えられるのが薬です。
薬は身体に良い効果をもたらすものではあるものの、大なり小なり何らかの副作用を持っています。
そうした副作用の一つが不眠なのです。
もし普段から何らかの薬をお飲みになっているのであれば、それが不眠と関係していないか調べてみましょう。


  • 出典: www.tumblr.com

  • では具体的に不眠と関係があるのはどんなものかというと、高血圧や高脂血症、肥満症、潰瘍などといった生活習慣病の治療のために使われている、ペラパミルやニフェジピン、プラプラノロール、カルベジロール、ラベタロール、クロニジン、メチルドパ、レセルピン、ヒドララジン、クロフィブラート、アトルバスタチン、シンバスタチン、コレスチラミン、マジンドール、シメチジンなどがあります。
    またフルボキサミンやパロキセチン、セルトラリン、ミルナシプランといった抗うつ関係のものや、レボドパやカルビドパ、セレギリン、アマンタジンなどのようなパーキンソン病治療に使われるもの、プレドニゾロンやデキサメタゾンのような副腎皮質ステロイドなども不眠の副作用があると考えられます。

  • 出典: www.tumblr.com

  • さらにテオフィリンやエフェドリンといった気管支ぜんそくなどの治療に使われるもの、結核の治療に使われるイソニアシド、肝炎や癌の治療に使われるインターフェロンなども不眠の原因となる可能性があります。
    そして睡眠薬をはじめとした睡眠障害の治療の為に使われるものでも、場合によっては不眠を引き起こす可能性があります。
  • 出典: www.tumblr.com

  • もしこうした副作用による睡眠障害が起こっていると考えられるのであれば、それについて主治医と相談をした方が良いでしょう。
    中には夜に眠れないだけでなく、その反動として日中に強い眠気をもたらすことになるものもあります。
    そうなるとたとえば車の運転中に眠気に襲われて事故を起こす恐れもでてきますので、ただ寝れないだけと考えずにしっかりと対策を取らなければなりません。
    ただし自己判断で勝手に服用量を減らしたり飲むのを止めたりしてしまうと、病気の治療ができなくなるなどといった問題が起こる事も考えられますので、まずは主治医に相談するようにして下さい。

最近眠れない…寝れない原因は薬の可能性も
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事