妊娠初期のむくみによる眠れない症状対策

妊娠初期のむくみによる眠れない症状対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

811

妊娠後期には赤ちゃんがおなかの中で大きくなっている分足がむくみやすくなって眠れないということはよく聞きます。しかし妊娠初期にも足などはむくんでしまうことがあるのです。それは体内の水分バランスの崩れや運動不足などが原因だといわれています。


  • 妊娠中は運動不足によりむくみやすくなる

  • 妊娠中は運動不足によりむくみやすくなる
  • 妊娠初期はたいていの方はつわりに苦しむことが多く、それゆえに積極的に外出できなかったりします。すると運動不足で代謝が悪くなってきますので足もむくみやすくなります。しかもただ足がむくんでしまうだけならまだしもそれだけで終わらないこともあります。寝ている時に突然足がつってしまうこむら返りです。一度こむら返りになってしまうと目が覚めてしまい、再び眠りに落ちるまでは大変です。
    むくんでしまうこと以外で妊娠初期に眠れない原因は頻尿もあります。初期の頃と後期は赤ちゃんがまだおなかの下のほうにいるので膀胱が圧迫されてしまい、頻尿になりやすいです。ひどい時にはトイレに何度もたつことになって夜中の間ずっと眠れないという場合もあります。そして不眠になりがちな他の原因は疲労です。妊娠中は自分で考えている以上に妊娠によるストレスがかかってしまっています。また赤ちゃんへ栄養を与えていることやホルモンバランスの乱れなどで体も疲れやすく、眠っても疲れがとれない感じがすることがあります。そういう時は普段よりも長めに眠ることや昼寝をはさむなどして工夫をしておきましょう。
  • むくみの改善方法

  • むくみの改善方法
  • ではこれらの症状を改善する対策はあるのでしょうか。
    例えばつわりが眠れないほど辛いという方は日中になるべく無理をしないことが大事です。休める時は体を休めてリラックスする時間をとりましょう。気分転換できることを作るのもいいです。口にするものではハーブティーやグミ、ドライフルーツなどを食べたり飲んだりしてもいいです。
    そして一番の困りものである足のむくみ対策にはマッサージやストレッチが良いです。旦那さまにも協力してもらってマッサージしてもらうのが良いです。マッサージやストレッチ以外で足のむくんでいる状態をなんとかしたい時には足を温めてあげるのも効果的です。簡単にできる方法としては足湯がおすすめです。大きめの洗面器などに温かいお湯を入れて大丈夫なようでしたらアロマの香りのようなものを入れてリラックスをしてもいいです。

    つわりがおさまっている時間を利用してウォーキングをしてみるのも気分転換にもなりますし、代謝アップにもなるので良いです。適度に足を動かすことでむくみはぐんとおさまってくれるのです。
    もちろん無理をする必要はありませんから、15分ほど近所を散歩するような感じで歩いてみるといいのではないでしょうか。頻尿はおなかが大きくなってくるのである意味では仕方ありません。
    夜中などに眠れない方は日中にその分眠って睡眠不足をカバーしましょう。しかし睡眠をしっかりとれないから赤ちゃんに悪影響が出ると心配になることもあるかもしれません。しかしそれは心配しなくても大丈夫なのです。胎児には実際にはほとんど影響はありません。ストレスが溜まり過ぎて鬱になってしまうほうが妊娠中は大変ですから、あまり気にしないように前日眠れなかったら今日はゆっくりしようなど良い方向へ考えるようにしたらいいです。妊娠5か月くらいになれば体も安定してきて体調も落ち着いてくるので不眠も改善されてきます。
  • 栄養バランス、衣類にも気を配る

  • 栄養バランス、衣類にも気を配る
  • 水分の摂り過ぎに気をつけるようにしたり、食事面でも工夫します。体を温めてくれる根菜を中心とした食事を食べ、ビタミンやミネラル、たんぱく質、乳製品などもバランスよくとります。
    そしてお肉よりは魚、野菜などを食べるようにします。高脂肪のものは避けます。塩分も摂り過ぎはむくんでしまう原因になりますから、できればあっさり風味にしましょう。そして塩分を排出しやすくしてくれるカリウムを多く含んでいる食べ物も良いです。豆類やほうれん草、海藻類、きのこ類やナッツなどです。杜仲茶やハトムギ茶は利尿作用があるので食事の時などに飲むようにしてもいいです。
    また衣服もあまり締め付け感があるものですとむくんでしまうので、動きやすいような程度の服を選び、ずっと同じ姿勢でいないようにしておくのがいいでしょう。よく言うように眠る時に足を少しだけ高くしておくのもポイントです。
  • 寝具も見直してみましょう

  • ここにあげた理由には特に心当たりはないのになんだか不眠ぎみという方もいるでしょう。これは実は赤ちゃんがうまれた時に夜中の授乳などをできるように体が訓練しているといわれています。
    そういう時には寝具を別のものにしてみるのも一つの手です。枕なども自分にぴったりとあうものを良い機会なので作ってみるのもいいです。わざわざ購入しなくてもバスタオルを何枚か重ねて折りたたむ回数を工夫して自分にあうようにするという方法もあります。またベッドの硬さも自分にあわないと腰痛の原因になったりもしますから見直してみるといいでしょう。
妊娠初期のむくみによる眠れない症状対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事