ストレスで眠れない人のためのツボ

ストレスで眠れない人のためのツボ

Thumb?1414295452 muah♪さん

430

睡眠は健康を保持する上で非常に重要なものです。しかし、仕事や学校など現代人は非常に忙しく、ストレスにさらされている人が多くいます。そのため、十分な睡眠時間をとれない人や、寝たつもりでも疲れが残っている感じがする人など、自身の睡眠の質に不満がある人が多くいるようです。


  • 眠れないときは手軽にできるつぼ押しを試してみて

  • 眠れないときは手軽にできるつぼ押しを試してみて
  • 出典: instagram.com

  • 最近では、上手に眠れない人の睡眠の質を向上するための研究は進んでおり、日常生活に注意したり、効果的なものを取り入れることで改善が見込めるようになってきました。例えば、適度な運動をする、目覚めたら太陽の光を浴びる、アルコールを控えるなどの食生活の改善、寝る前に携帯やテレビなどのブルーライトを浴びないようにするなどが睡眠改善の方法として挙げられます。最近では、ツボを押しが注目されてきており、ツボを押すことによって、睡眠の質が高まることが期待されています。
  • 顔周りにあるツボ

  • 顔周りにあるツボ
  • 睡眠に一番効果的なものとして挙げられるのは、「百会」です。百会はさまざまな症状に万能なツボといわれており、頭頂部の右耳と左耳を結んだ線と顔の中心の線が交差した場所にある、押すと少し凹むところです。ストレスに非常に効果があり、この場所を痛くない程度に10秒から15秒ゆっくりと押し、ゆっくりと離します。これを数回繰り返すことで、リラックスすることができ、神経が高ぶって眠れない時などに押すと効果的です。

    「安眠」という場所も効果的です。安眠はその名の通り安眠に効果のある場所で、鎖骨から耳の後ろにかけてつながっている筋肉の終わり部分のところにあり、この場所が硬くなっている場合には、睡眠不足であることが考えられます。眠れない時や、気が付いた時に、指で押して硬さを確認しながら、揉んだりさすったりすると良質な睡眠が得られるでしょう。

    「印堂」という場所も効果があります。一般的には鼻水や鼻づまり、花粉症などに効果があることで知られていますが、不眠やストレスにも効果的な場所です。印堂は左右の眉の間にあります。軽くこすって刺激を与えます。

    「攅竹」という場所も挙げられます。攅竹は眼精疲労や視力低下などに効果があり、肩から頭部まで疲労が溜まっている時などにも効き目があります。パソコンやスマートフォンなどを日常的に使用する現代人は目に疲労が溜まっており、目の周囲の疲労をとることで安眠につながります。攅竹は眉毛の鼻側の方のはしにあります。指で押すと大きく凹んでいる部分です。親指か人差し指を窪みに当て、上に押し上げるように3秒から5秒程度刺激を与えて休むというのを3回から5回繰り返します。押し上げるだけではなく、ぐりぐりと指を回して指圧する捻転を行っても効果的です。
  • 手にあるツボ

  • 手にあるツボ
  • また、自律神経に働きかける「労宮」という場所も眠りに効果があります。労宮は手のひらの中央にあり、手を軽く握った時に中指と薬指の先がふれた場所にあります。日常生活の忙しさやストレスのせいで、精神的疲労を感じている時に、反対の手の親指でもみほぐすと心に落ち着きを取り戻せます。眠れない時のみならず、ストレスを感じた時にその都度もみほぐすと良いでしょう。

    また、「内関」という場所もあり、これは自律神経のバランスを整えることで不眠を改善してくれる場所です。自律神経を整えることから、乗り物酔いなどで吐き気がある時にも効果があると言われています。また、食欲不振にも効果的です。内関は手首から指3本分肘の方へ向かった場所の中央です。反対側の親指で優しくゆっくり刺激を与え、7秒程度押して休むというのを7回前後繰り返すと良いでしょう。
  • 足にあるツボ

  • 足にあるツボ
  • 「失眠」という場所も効果があります。場所は足裏のかかと中央にあります。心を落ち着けてくれるという意味で睡眠に効果があり、神経症やうつ症状、腎臓や膀胱などの疾患にも効くと言われています。この場所は非常に硬いため、効果を得るためには強い刺激を与える必要があります。そのため、ゴルフボールや棒状のもの、アロマオイルなどの道具を利用して、強めに押すことが大切です。失眠にお灸で温めるのも非常に効果的です。

    「湧泉」という場所は足の裏にあります。足底の中心より前方にあり、足の指でグーを作った時にできる窪みがその場所です。下半身の疲労や冷えに効果があり、不眠を改善すると言われています。また、女性特有の生理痛や更年期障害にも効果があるといわれています。この部位に刺激を与えるときは、ゴルフボールなどの硬い球をしばらく踏んで休むというのを繰り返すと効果的です。

    「行間」という場所も眠りに効果的であると言われており、これは自律神経の興奮によるのぼせやめまいに効くためです。行間は足の甲側の親指と人差し指の付け根部分にあります。体が火照りすぎても冷え過ぎても眠りは妨げられます。そのため、この場所を刺激することで、熱を調整する効果が期待でき、安眠につながります。この場所に刺激を与えるときには、親指で自身が心地よいと思う強さで押したり、つまんだりすると効果的です。
ストレスで眠れない人のためのツボ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事