眠れない夜は音楽を聴いて心と脳を癒しましょう

眠れない夜は音楽を聴いて心と脳を癒しましょう

Thumb?1414295452 muah♪さん

405

何かを不安に感じたり、悶々と悩んでしまったり、または疲れているのだけどどうしても眠れない時ってありますよね。眠らないと脳が休むことができず、ストレスが溜まりすぎてしまうことや、朝になっても疲れが抜けないなどから様々な病気に繋がってしまう恐れも出てきてしまうので、眠れるような環境をつくるよう心がけることも大切です。眠れない原因は何なのか知ることも大切です。


  • 眠れない原因:ストレス

  • 眠れない原因:ストレス
  • 眠れない原因にまずあげられるのが「ストレス」や「心配事」です。それらの原因は会社や学校にあったり、または家庭などの人間関係などの心理的なものがあげられます。ストレスにより交感神経の働きが活発となってしまい身体を休めることができない状態になってしまうのです。そのような場合は、上手にストレスを解消してあげることが大切です。
    ストレスが解消されると、副交感神経が働くようになり眠りへと導きやすくなります。仕事や勉強、家事・育児など忙しくしている中でちょっとでも自分の時間を作り、テレビと見たりゲームをしてみたり、帰りにショッピングを楽しんだりするなどしてストレスを解消できる環境づくりを心がけられると良いでしょう。
  • 眠れない原因:電子機器

  • 眠れない原因:電子機器
  • 他に原因としてあげられるのは「パソコン」や「スマートフォン」の使用です。寝る直前や寝ながらでもこれらを使用すると明るい光を見続けてしまいます。光を見続けることで身体が夜だと認識しにくくなり、体内時計が乱れてしまうなど身体のバランスが崩れてしまい睡眠には大きな妨げとなってしまうので、寝る1〜2時間前にはパソコンやスマートフォンを使用するのは避けましょう。身体のバランスが崩れることに繋がるといえば「生活リズムの乱れ」もあげられます。起きる時間が遅かったり、夜寝る時間が遅すぎたりすると身体が本来持っているリズムを崩してしまうため、眠りにくくなってしまいます。このような場合は、起きる時間と寝る時間をしっかりと決めてリズムを整えてあげることが大切です。
  • 眠れない場合、どうしたら眠りやすくなるのか

  • 眠れない場合、どうしたら眠りやすくなるのか

    出典: instagram.com

  • 色々環境を変えてきても、なかなか眠れない人もいるのではないでしょうか。早めに布団に入っても寝つけないなど、眠れなければ眠れないだけ焦ってしまったり、色々と考えすぎてしまったりしますよね。そんな人に睡眠へと促せるオススメな方法があります。
    眠れる環境をつくるには、まず脳と心をリラックスさせることが大切です。心地良い音楽を聴くことで脳がリラックスし「アルファ波」を出すことで眠りやすくなるといわれています。音楽を聴く場合は癒しを感じられる曲を選ぶのがポイントです。ポップスやロックなどの心が躍るようなテンポの曲よりも、ゆっくりとしたクラシックやオルゴール音などのスローテンポのものを選ぶようにしましょう。自然を感じられる音も心地よくリラックスさせることができます。波の音や川が流れる音、鳥のさえずりが聞こえるような音など癒しをテーマにした音楽を聴くのも良いでしょう。快眠できるCDなどを購入して聴くことも良いですし、インターネット上には無料でダウンロードできるフリー音楽などもあるのでそういったものを予めダウンロードしておき寝る前に流すのも良いでしょう。
    またスマートフォンでも睡眠アプリというものが多く存在し、そういったアプリを入れておきリラックスできる音を流すことで眠りやすい環境をつくることができます。アプリの場合、音を流す時間を決めることができ、時間が過ぎれば自動スリープ状態にしてくれるので音が流れ続けないかと不安にならず安心して使うことができます。
    音楽以外にも眠りやすい環境がつくれる方法は「身体を温めること」です。身体が冷えたままだと熱を放出しようとせず、眠るためのスイッチが入りにくくなってしまいます。そして冷えたままはリラックスすることもできないため、身体を温めることが大切です。身体が冷えやすい人は寝る前などにお風呂に入るように心がけると良いでしょう。その時にシャワーで済まさずに湯船に入るようにしましょう。湯船に入ることで血行も良くなり身体を温めることができます。血行が良くなると肩こりや腰痛なども改善しやすくなりますし、1日の疲れも解消できるようになります。そして心からリラックスできるようになるでしょう。
  • どうしても眠れない日が続くのならば

  • 何をしても眠ることができないのであれば、きちんと病院へいって診察を受けるようにしましょう。眠ることができな日が続いてしまうと、身体になんだかの影響が出やすくなってしまいます。不眠が影響して毎日を元気に過ごせないと自分だけでなく周りの人も辛い思いをするかもしれませんし、日常生活に影響が出てしまう恐れも出てきます。きちんと診断を受け、カウンセリングを受けることや薬を服用するということも無理をせずに生活していける大切な一歩となることも頭に入れておきましょう。
    眠ることができないということは、自分自身が思っている以上にストレスへと繋がってしまいます。眠ることができない原因を探ることも大切ですし、眠れる環境をつくることも大切です。毎日ぐっすりと眠れるようにストレスを溜めずにリラックスできるリズムを作っていきましょう。
眠れない夜は音楽を聴いて心と脳を癒しましょう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事