眠れないときは川のせせらぎの音楽などでリラックスを

眠れないときは川のせせらぎの音楽などでリラックスを

Thumb?1414295452 muah♪さん

556

眠れないときは自然の音を聞くと心が落ち着き、リラックスして眠りにつきやすくなります。ストレスの多い現代では、自分なりのリラックス方法を見つけることが大切です。


  • 眠れない日はあれこれ考えてしまう・・・

  • 眠れない日はあれこれ考えてしまう・・・
  • 眠れないときは川のせせらぎの音楽などでリラックスをすると、自然な眠りに入れます。
    現代人は仕事や人間関係、その他の悩み事で神経が高ぶり、ストレスが多くなるため、床に着いてもなかなか眠れないことが多くなっています。
    昼間、仕事で上司に叱られれば、余程神経が図太くないかぎり、尾を引きますので、居酒屋で一杯やっても、家に戻り、風呂で汗を流し、少しゆったりしても、床に入ると思いだし、くそーという気持ちがこみ上げ、寝返りを打とうと、うつ伏せになろうと、寝酒に一杯だけビールを飲もうと、朝まで悶々というようなことは誰しもが経験することなのです。
    同じように、人間関係でも、一昔前とは異なり、個人主義的な行動や考え方が多くなっているので、そこでの人間関係で粗相がないようにしようと思えば、神経はくたくたになります。それだけで終わるのであればまだしも、ちょっとした言葉の行き違いなどで、口喧嘩的なことが起これば、気色が悪くなり、気分は最低となり、むかついたことはちょっとやそっとでは消えません。
    ましてや、人との関係でなくても、現代は様々なことで悩まされます。親の介護のことはもちろん、認知症の人の面倒を見ていれば、なぜ私だけがこんなことをしなくてはいけないのとか、などの気持ちになり、心はふさぐばかりです。
    子供のことでも、発育のこと、勉強の進み具合、友達との関係、様々な悩みが出てきます。好き嫌いをなくしたいことも、ゲームをやりすぎないようにしたいことも、みんなストレスになります。
    近所づきあいも、気心の知れた人ばかりではないので、なんやかんやで、頭の中はぐちゃぐちゃです。
  • 何かとストレスの多い現代・・・

  • 何かとストレスの多い現代・・・
  • そんなことに加えて、家の設備の補修やら、家電製品が壊れたので買換えが必要とか、洋服もそうですし、食べ物もそうですし、お金に悩まされることだってたくさんあります。
    一事が万事、すべてが思い通りに展開しないのです。昔はそれでも、将来に向かって、ある程度の方向性が見えていましたから、今は我慢して一所懸命がんばれが道が拓けるという明るい兆しを誰もが持っていました。
    今は、残念ながら、羅針盤がない状態で、先行きへの不安感が増大しています。世界情勢や危険な集団の動きも、災害の心配も、日本の将来像も景気の動向も、政治の動きも、自分の中での見通しが立たない状態です。
    だから、身の回りのいざこざやトラブルが、余計に煩わしいものとなって、ストレスが増幅されてしまいます。
    気持ちが落ち着きのは、リズム漫才とか、ちょっとした馬鹿馬鹿しいお笑いとか、おばさんを自虐するようなコントやギャグで、笑っている瞬間とか、女子会やガード下の飲み屋で盛り上がっているときくらいでしょうか。
    となると、眠れない夜が多くなるのは仕方ないと言えば仕方ないのです。
    でも、それでは人間、心が殺伐となるばかりで、身体も持ちません。
  • 快眠のために、音楽と座禅はいかが?

  • 快眠のために、音楽と座禅はいかが?
  • そこでお奨めなのが、音楽と仲良くなることなのです。演歌でもいいですし、クラシックでもいいのですが、心を落ち着かせるということからすると、川のせせらぎのCDが一番お奨めです。
    実は、座禅をすると心が落ち着き、自分と取り戻すことができるということからヒントを得ている方法です。
    呼吸法も、座禅に入る呼吸法を取り入れるといいのです。どういう呼吸法かというと、ゆっくり三つ息を吸い込み、次にゆっくり七つ息を吐くという呼吸法です。それを一回とか二回とかではなく、座禅をしている間はずーと続けるわけです。それが座禅で心を落ち着かせ悟りを開くための呼吸法なのです。そして、大事なことは少なくても15分くらいは続ける必要があるということです。
    しかし、日常の生活で、この呼吸法をやや長い時間、何もなくて続けるのが難しいことです。雑音が入ったり、迷いが余計に起こったりして、雑事が頭をもたげるからです。
    そこで音楽の力を借りるわけです。中でもこの呼吸法とリズムが一番合うのが、川のせせらぎというわけです。
    ちなみに、現代の座禅は、椅子に座っているときでも可能なのです。姿勢を正し、両手を膝の上に置き、無念夢想で無我の境地に入っていけばいいのです。
    そして、眠れない人には、これを寝床で応用することをお奨めします。少し、畏れ多いことではありますが、布団やベットで仰向けになり、川のせせらぎの音楽をかけ、三つ吸っては七つ吐くことを繰り返し、心を落ち着けるのです。
    これを繰り返していると、雑事や雑念から心が解放され、心地よい眠りに入っていけるからです。
  • おわりに

  • 現代は世知辛いものですが、眠るためだけでなく、自分を見失わないようにするためにも、自分の足元を見て、着実に前進するためにも、座禅からのヒントはお役に立ちます。
    真剣に修行する坊主は、身体も心も鍛えられると言います。この呼吸法は、心のためだけであなく、内臓の働きを良くするので、メタボ予防にも良いとされています。つまり、メンタル面でもフィジカル面でも役に立つのです。
    心を鎮め、身体の調子を整えれば、道は自ずと拓けます。そうすれば、快適な睡眠になるのは自然の理というものです。
眠れないときは川のせせらぎの音楽などでリラックスを
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事