眠れないのは不安や緊張のせいかも

眠れないのは不安や緊張のせいかも

Thumb?1414295452 muah♪さん

482

睡眠は、私たちが生活していく上では欠かせないものです。私たちは眠っているうちに、その日のうちの脳内の情報を整理し、そして身体の疲れを癒します。そのため、出来るだけきちんとした環境で、しっかりとした睡眠をとることが重要だとされています。


  • 眠れないときの脳内

  • 眠れないときの脳内
  • 睡眠は、私たちが生活していく上では欠かせないものです。
    私たちは眠っているうちに、その日のうちの脳内の情報を整理し、そして身体の疲れを癒します。しかし、前日になかなか寝付けなかったり、眠れない、と布団の中でもぞもぞしてしまう人が多いとされています。その状態でなんとか眠りに就けても、翌日目覚めがよくなかったり、前日の疲れを引きずって一日を過ごさなければなりません。
    疲れているときに頭がよく回らないのは、脳内の情報がきちんと整理整頓されていないから、とも言えます。頭の中が混乱していると、ミスやトラブルを起こしやすくなり、そのせいでストレスをためてしまうこともあります。
    そのため、出来るだけきちんとした環境で、しっかりとした睡眠をとることが重要だとされています。
  • 眠れない原因

  • 眠れない原因
  • 眠れないといった症状が起きる原因として考えられるのは、不安を持っていたり、体が緊張していることです。
    夜眠る前というのは、他に雑音も無く、室内も暗い状態であることがほとんどなので、何かを考え事をしてしまう人が多いものです。確かに考え事をするには良い環境かもしれませんが、実は眠る前に考え事をすると不安を抱いてしまいがちなのも事実です。

    また、明日のことを考えるとどうしても不安が頭を過り、そのせいで身体が緊張してしまうこともあります。これが、悪循環となって、眠れないといった状況を作り出してしまうのです。
    そのため、出来るだけ眠る前には考え事をすることはやめることが大切です。明日のことは明日考えるといった余裕を持つことや、気になることがあるときには、早めに寝て、朝に準備や用事を済ませてしまうのも良い手段だと言えます。

    夜というのは眠る時間というように私たちの身体は出来ており、太陽の光を浴びることで体内時計を調整しています。そのため、普段から太陽の光を浴びない生活をしている人は、生活リズムが崩れ、体調を崩すことも多いのです。そのため、規則正しい生活を心掛けることも重要です。
    ほかにも、眠れない人の原因として挙げられるのは、寝る直前までテレビやパソコン、スマートフォンなどの画面を見ているといったことです。こういった画面や映像を見ているのは楽しいですが、その楽しい状況のせいで気分が高揚してしまい、寝付けなくなることもあります。気分が高揚し、興奮状態になっていると体も緊張してしまいます。
    睡る前には、リラックスした状態であることがベストとされ、興奮状態のままで眠ってもすぐに起きてしまったり、眠りが浅いこともあるので、注意しましょう。
    ほかにも、眠りが少なかったり、眠れない状態があまりにも長く続くと、不安障害やうつ病になってしまうこともあります。そうすると、日常生活にも支障をきたしてしまったり、病院に通わなければなかったりといったこともあります。症状が軽いうちに対策をしておくことが大切です。
  • 眠れないときの対処方法

  • 眠れないときの対処方法
  • 不安や緊張をほぐすには、考え事をしないというのが最も良い手段ですが、そう言われてもなかなか実践できない人もいます。そういった人は、まずは軽い運動などで身体をほぐすことが重要です。
    散歩や軽いウォーキングなどでも良いのですが、出来るだけ外の空気を吸った方が良い効果が得られるでしょう。また、寝る前にベッドの上や寝室でストレッチをすることもおすすめです。ストレッチは、体の緊張をほぐしてくれるので、寝る前にやるとちょうど良い疲れを感じながら眠りに就くことが出来ます。
    また、眠る前に入浴して体をあたためるのも、体をほぐすには良いでしょう。これらの注意点としては、激しい運動や熱すぎるお風呂に入ると、逆に目が覚めてしまうという点です。ほどほどの湯加減や運動量を心掛けるようにしましょう。
  • 眠れないときは睡眠環境の見直しも

  • これら以外にも寝る前にやった方が良いとされるのは、睡眠環境を整えるということです。
    明るすぎる照明や、大音量で音楽を聴いたり、テレビを点けっぱなしというのは、眠りを妨げる環境となります。間接照明を点けたり、音楽を聴くなら音量は小さめにし、テレビは眠る1時間前にはスイッチを切っておく、といった工夫をしてみるのも良いとされています。
    ただし、何事にも限度があるので、これらの行為がストレスとなってしまう場合には、違う手段を考えるようにしましょう。眠れないときには潔く眠ることを諦めることも重要なときがあります。一日くらいであれば、そこまで身体には影響を及ぼさないので、その時間で何か違うことをしてみるのも良いでしょう。

    また、身体は疲れている、というときは横になって目をつむるだけでもほとんどの疲れは取れるものです。あまり考えすぎずに、リラックスできるような音楽を聴き、好きな飲み物などを飲んでゆったりとしていると、いつの間にか眠っていることもあります。
    寝付けないと焦ってしまうと逆効果となるので、眠るためには、落ち着いた環境を作り、身体や心をリラックスさせることがとても大切だと言えます。
眠れないのは不安や緊張のせいかも
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事