臨月に頻尿などで眠れない妊婦さんへ

臨月に頻尿などで眠れない妊婦さんへ

Thumb?1414295452 muah♪さん

12823

妊婦さんになると色々なことが原因で眠れないことが度々あります。今のうちに寝ておきたいはずなのに眠れない、そんな気持ちを持った人も多いのではないでしょうか。そんな臨月の妊婦さんが少しでも寝やすくするための方法を紹介します。


  • 妊娠中の眠れない原因

  • 妊娠中の眠れない原因
  • 妊婦さんになると色々なことが原因で眠れないことが度々あります。妊娠初期にも頻尿は起こりますし、あとはつわりによる気分の悪さで夜中にトイレに駆け込まなければならない人も多いでしょう。

    中にはつわりがおさまる頃の安定期や中期に入ってくると不眠もおさまってくる人が多いです。しかし赤ちゃんの成長によって胎動が始まりだします。お腹の赤ちゃんが段々と大きくなってくると胎動もお腹の中でゴニョゴニョ動いていたのが、ドンドンという風に段々激しくなってきますのでそれが原因で眠れない人が出てきます。

    そして後期に入ると胎動の激しさだけでなく、大きくなった赤ちゃんに膀胱が圧迫され始めることによっての頻尿、それに加え産後の生活に備えて睡眠周期が出来始めるのか細切れに目が覚めるようになったりします。

    他にも出産への不安による不眠や、前駆陣痛が始まって目が覚めたりと、妊婦さんには不眠がつきもののように寝不足が続く人も多いのです。これら全てにおいて不眠にならなくとも、妊娠を経験された方なら1つは体験されているのではないでしょうか。

    その中でも妊娠後期臨月の眠れない夜というのは特に多くの人が経験されているでしょう。もうすぐ出産したら赤ちゃんのお世話や授乳などで眠れない日々が続くと思うから、今のうちに寝ておきたいはずなのに眠れない、そんな気持ちを持った人も多いのではないでしょうか。
  • 寝る体制に気を付ける

  • 寝る体制に気を付ける
  • そんな臨月の妊婦さんが少しでも寝やすくするための方法ですが、まずは寝る体勢について気をつけてみましょう。

    臨月にもなるとお腹はかなり大きいですので、あおむけ寝はしない方がいいです。あおむけ寝で寝ていると気分が悪くなったり気が遠くなるような気分になったりすることがあります。その気分が悪くなったりする状態を『仰臥位低血圧症候群』といって、大きくなった子宮で大静脈が圧迫されるために血行が悪くなってしまい血液が心臓に戻りにくくなるために起こる状態を言います。そのため臨月の時だけでなく、妊婦さんには横向き寝がおすすめされています。抱き枕などを抱えて眠るととても楽になります。

    妊婦さんにとってとても楽な寝方の姿勢に『シムスの体位』というものがあります。横向きに寝てひざを曲げた姿勢です。寝る向きは『妊婦さんは体の左側を下にして眠ると良い』と言います。それは動脈と静脈の関係にあり、左側を下にして眠るとむくみが軽くなるという効果があります。そのため体の左側を下にした『シムスの体位』で眠ることをおすすめします。その際に膝の下にクッションや抱き枕などを使うとより楽な体勢になるでしょう。この体勢にすることで頻尿も少しましになることでしょう。
  • その他眠るために気を付けること

  • その他眠るために気を付けること
  • 他には寝始めがなかなか寝付けないという人への注意点ですが、お風呂に入る時間を見直してみましょう。

    もし寝る直前にお風呂に入るという人がいればもう少し早い時間に入るようにかえてみましょう。
    人は体温が上がってその体温が戻る時に眠りやすいのです。そのため寝る直前にお風呂に入ってしまうと体温が上がり過ぎていてなかなか寝付けません。

    他にも寝る直前までテレビや携帯などを触るのはやめましょう。妊婦さんは特に出産やこの先の産後のことなどが気になって、インターネットなどでつい色々なことを夜な夜な調べてしまいがちな傾向にありますが、寝る直前まで液晶を見ていることによって脳が活性化されてしまい、いざ寝ようとしてもなかなか寝付けないという人が最近とても多いのです。

    それでもなかなか寝付くことが出来ない人は、夜眠る前に少しだけ砂糖を足したホットミルクを飲んでみることがおすすめです。牛乳には眠りを促す効果がありますし、ほんのり甘いホットミルクで心が癒される効果はとても大きいです。
  • 様々な対処法を試してみて

  • このように臨月の妊婦さんになると頻尿など様々な原因で不眠になりがちですが、眠る姿勢に気を付けたり、眠る時に使う枕の高さを調節してみたり、抱き枕やクッションなどを自分の心地いい状態になるように使ってみたりと様々な対処法を見つけることが出来ます。

    また、妊婦さんは疲れやすかったり昼間に睡魔が襲ってくることも多いので、お昼寝をする人も多いのですが、お昼寝をする時間帯や長さにも気をつける方が良いでしょう。夕方などにかかってしまうと夜に眠れなくなってしまうからです。

    他にはお風呂に入る時間帯などの生活習慣を見直してみるのも良いでしょう。それでもなかなか寝付けない人にはアロマもおすすめです。
    最近では安眠を促す効果のあるアロマもありますので、つわりなどで匂いに敏感になっていない人は試してみるのも良いでしょう。

    色々と試してみてもやはり臨月の妊婦さんなので前駆陣痛などもあるでしょうし、朝までぐっすりというわけにはいかないかもしれません。しかし色々と試すことによって今より少しの時間でも上質な睡眠が得られるようになれば、心も体もこれからの出産に向けてすっきりするのではないでしょうか。
臨月に頻尿などで眠れない妊婦さんへ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事