臨月の眠れない夜と昼寝と体勢を考える

臨月の眠れない夜と昼寝と体勢を考える

Thumb?1414295452 muah♪さん

10855

臨月を迎える妊婦はいろいろ妊娠前には経験しなかったことができなくなります。少しでも楽な気持ちでいられるようにするにはどうしたらよいのでしょう?


  • 妊娠中もしっかり睡眠をとりたい

  • 妊娠中もしっかり睡眠をとりたい
  • 臨月を迎える妊婦はいろいろ妊娠前には経験しなかったことができなくなります。妊娠前は当たり前に夜は十分睡眠をとっていた女性でも妊娠して眠れない経験をします。特に夜は幾夜と続く場合が多いです。昼寝もできないこともあります。
    妊娠した女性の不安は大きく、早く臨月を迎え出産をし子供を産みたくなります。当然ですが、眠れないままにし、昼寝で睡眠をとらなければ胎児に悪影響を与えかねません。
  • 寝る体制で改善してみる

  • 妊婦の体勢で幾分変わります。仰向けではいけないし、妊婦にも胎児にも負担があります。横向きでらくな姿勢をとり眠ることが大切です。

    妊婦さん専用の抱き枕を使うのもおすすめです。




    体勢により夜は睡眠時間が多くなり、昼寝の必要がなくなり、楽に生活できます。臨月は胎児が子宮で成長し生まれる体勢をとります。妊婦が楽なら胎児も楽で育ちます。

    アロマテラピーをするものよいですね。



    現代産婦人科では、帝王切開が多いです。
    自然分娩で勝るものはありません。世界中の女性の願いは健康で元気な赤ちゃんを産むことです。厳しいようですが、女性のがんばりひとつです。
    「楽あれば苦あり」「案ずるより産むがやすし」ということわざは、妊婦の努力と体勢を称えたことわざです。大袈裟のようですが真実をかたっています。昔は産婆さんが赤ちゃんをとりあげていました。家での出産も当たり前でした。妊婦の家事の負担は、現代とはくらべものにならないほど、過酷なものでした。女性は全力でお腹の赤ちゃんを守っていました。電化製品が各家庭の女性の家事の負担を少なくし、医学の進歩で妊婦は元気な赤ちゃんを産むことができるようになりました。
  • 臨月で眠れない時の工夫

  • 臨月で眠れない時の工夫
  • 臨月で眠れない時の工夫はいろいろあります。
    明るい生活を心掛け、幸せをイメージし、産みの苦しみは産みの楽しみに変わることを考えます。ささやかな幸せはたくさんあります。



    お腹の赤ちゃんの名前を考え、赤ちゃんとの家庭を想像し、準備し素晴らしい未来を夢みることです。理想は楽にではこれからまっている将来に備えることはできません。

    眠れない眠れないと考える前に
    母親としての自覚を芽生えさせる臨月の時間を大切に暮らすことこそ将来の女性の強さがでてきます。

    ヒーリングミュージックを聞きながら穏やかに過ごすのもいいですね。




    「女は弱く、母は強く」はすべてにあてはまります。優しさだけでは赤ちゃんは育ちません。出産の体験こそが女性を強くします。眠れない夜もいい想い出になります。経験を楽しく語り、教えることこそ現代女性です。経験は次にいかされ役に立ちます。経験が女性を強くし、社会進出の自信にもつながります。職場復帰をしたときに一番の自慢になります。女性の一番の魅力は出産を経験することにあります。優しさは、出産を経験することから生まれ思いやりの気持ちがでてきます。女性の強さを見ると男性は守りたくなります。守られる女性になるのです。女性にしかできない出産を、男性と張り合うのでなく誇りとします。女性の社会での活躍は昔では考えることができないほどめざましいです。明るい社会です。日本の現代の進歩といえます。女性の活躍が聞かれない国は悲劇を生んでいます。
  • おわりに

  • おわりに
  • 戦争のない国に生まれ、子どもが少ない日本は、これからの女性に期待をかけています。社会全体が期待しています。期待にそえる女性が多くなり、出産の経験を教える女性が増え未来の希望をかなえる子ども達が増えるようにすることが大切です。

    国民が考え、女性の出産を称え喜びます。
    高齢化社会にむけ、国全体の問題として取り組む社会をつくります。家族で考え兄弟の大切さ、絆の大切さを教えます。明るい未来ができ、進歩し、世界に自慢できる国作りに取り組み、未来を明るくします。教育制度もかわり、世界の手本となりえます。先人の残した遺産がきっといい結果をもたらします。女性が人口を増やし社会に活気をもたせるのです。女性は力です。力がなくてはエネルギーがでません。世界の平和、戦争のない国日本は実現できます。ささやかな努力と思いやりと愛情があればできます。
    愛情が人口を増やし、活躍する人材を多くし、国を守り、働けない人でも、なんらかの形で社会貢献ができます。約束を守り、幸せな家庭からが基本です。その期待は女性です。女性こそです。人間が滅びる、心が滅びることは同じことです。今の国民の自覚が大切です。やさしいようで難しい問題です。でも問題提起は今されています。未来の子どもに負担をかけてはいけません。国民の問題として取り組みます。

    眠れない夜と昼寝から大きな問題提起になるのです。人口問題は人の考え方でかわります。経済の問題としてとりあげるのではなく、愛情の問題、教育の問題も含んでいます。この問題は解決できます。
    臨月の女性が解決するように解決できるのです。昼寝をする暇がないように、みんなで考えるべき問題です。人の一生は人間の歴史に比べ短いが人間の歴史の一ページがこれからなのです。未来を明るく希望に満ちたものにするのは子ども達の笑顔です。子どもが笑顔で暮らせる日本をつくることこそ、我々国民の義務です。権利を主張するのではなく、社会に貢献できる国民が必要です。
臨月の眠れない夜と昼寝と体勢を考える
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事