臨月で眠れない時の適度な運動について

臨月で眠れない時の適度な運動について

Thumb?1414295452 muah♪さん

2625

臨月に眠れないというのは精神的な不安や運動不足などが大きく影響しています。適度な運動と、不安を取り除く方法などを紹介します。


  • 臨月に眠れないとき、不安を取り除くことが大切

  • 臨月に眠れないとき、不安を取り除くことが大切
  • 臨月に眠れないというのは精神的な不安や運動不足などが大きく影響していて、これらを改善するために食生活を改善したり、軽いウォーキングなどをしてからだを動かすような生活習慣の改善が必要なのですが、精神的な不安は食事やウォーキングなどではなくならないので、受診をしている婦人科の先生に相談をしたり、普段からイメージトレーニングや体操などの講習会などに積極的に参加をして、これから同じ体験をする女性たちと触れ合うことによって、不安を解消することができます。
    同じ境遇にある人間は、自分の体験を話すことによって、安心感を得ることや経験を共有することができるので、妊婦を対象にしている講習会には必ず参加をすることが重要です。また検診を受けることも大切で、体が思うように動かないので面倒くさいのですが、検診で担当の医師や看護師と話をすることで、今まで感じていた不安が解消されたり、解消法などを指導してもらえるかもしれません。
    一人でいると不安が大きくなるので、臨月の時期にはなるべく人と接して、積極的に情報交換をすることが大切です。また病院で指導される体操やイメージトレーニング、呼吸法などは本当に効果が認められている方法なので、毎日まじめに取り組む必要があります。
  • 眠れないときは適度な運動

  • 眠れないときは適度な運動
  • 臨月は本来は胃の張っている状況が改善するので、食欲なども出てきて、体調的にも安定しているのが普通なのですが、お産が近づいているので、ストレスや不安などを感じやすくなっているので、眠れないなどの症状がでやすくなります。
    適度な運動をすることで心と体がリラックス状態になるので、それだけでも眠れるようになるのですが、外でウォーキングをする場合には段差が少ない場所を選ぶ必要があり、転んだりすると大変な状態になる可能性があるので、細心の注意を払って運動をする必要があります。
    時間は20分から30分程度が良いとされていますが、無理のない程度ならば買い物に歩いて行くなどすると眠れるようになります。不
    安が強くて眠れない場合には、婦人科で指導を受けられる呼吸法などをすると興奮がしずまるので、眠ることができることが多いのですが、昼間などに寝てしまっていると、夜に適度な睡眠をとるのが難しくなります。
    また呼吸法が面倒なときは寝ている姿勢で膝を軽く曲げて、腹式呼吸をゆっくりとすることで落ち着いた気持ちになって安眠することができます。
  • 呼吸法でセルフコントロール

  • 大切なのは呼吸をゆっくりとすることで、時計などを見ながら1分間に12回程度の呼吸を目指すと不安を感じにくい呼吸数になります。
    呼吸数が多いのは過呼吸状態になっている可能性が高いので、強い不安を感じてしまったり、胃の張っている感じがなかなか収まらないことがあります。
    過呼吸は不安や緊張の状態を作り出しやすいので、5分程度呼吸をゆっくりとして、1分間に12回の呼吸を目指しましょう。基本的には浅く息を吸って、4秒数えて息を吐くとだいたい12回の呼吸になります。これを毎日続けていると過呼吸になりにくくなるので安心して眠ることができます。
    イメージトレーニングは半信半疑で講習を受けている女性も多いのですが、実際に有効な手段とされていて、脳内で何度もお産を経験することで、不安な気持ちや緊張感などが減少することが知られています。イメージトレーニングはコツがあって、恐怖や不安を感じるほどリアルにイメージしなければ効果があまりありません。
    これを毎日繰り返すだけで本番のお産で落ち着いた気持ちになることができます。また自律訓練法などでセルフコントロールできるようにしておくと、自分の力で落ち着いた状態にすることができます。
  • いろいろな人と話をしてストレス解消

  • いろいろな人と話をしてストレス解消
  • 結論としては眠れない時には軽いウォーキングなどをして適度に体を疲れさせることと、イメージトレーニングや呼吸法、自律訓練法などを用いて精神的な不安を取り除くことが必要なので、これらに毎日取り組むことが重要です。
    またこれから同じ体験をする仲間の妊婦との交流を積極的にすることで、お互いの不安を共有することができるので、ストレスを軽減することができます。
    基本的には病院で講習会などが行われるので、それに参加をして体を動かしながら仲間との会話を楽しんでいると落ち着いた気持ちになることが多いので、勇気を出して隣の人に話しかけてみましょう。
    またお産を経験している家族の話を聞いたり、入院をするための準備をすることで心の準備ができるので、事前に準備をしてお産をイメージできるような状態にしてからイメージトレーニングをすると効果的にトレーニングができるので、本番で緊張することがなくなります。
    実際には陣痛が始まると緊張や不安な気持ちよりも痛みが激しいので、落ち着いて行動できる女性が多いのですが、お産の日が近づいてきたら、なるべく家族といっしょに過ごして、陣痛が始まったらすぐにタクシーを呼んで病院に向かえるように準備をしておくと、リラックスしてお産にのぞめます。
臨月で眠れない時の適度な運動について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事