臨月、寝返りと眠れないことについての悩み

臨月、寝返りと眠れないことについての悩み

Thumb?1414295452 muah♪さん

9648

妊娠すると、様々な体の変化があります。これから出産を控える妊婦さんは、始めての体験に戸惑い、ストレスを感じる方も少なくありません。妊娠から出産まで様々な体の変化がありますが、今回は多くの妊婦さんが悩んでいる不眠の解消法を探してみましょう。


  • 妊娠中の不安や悩み

  • 妊娠中の不安や悩み
  • 妊娠すると、様々な体の変化があります。これから出産を控える妊婦さんは、始めての体験に戸惑い、ストレスを感じる方も少なくありません。

    妊娠初期には、感じたことのない腹痛のようなものがある人や、日中でも眠たくて眠たくてたまらない人がいます。
    中期には妊娠生活が安定して来ますが、多くの妊婦さんが経験するつわりが始まります。中には妊娠初期の早いうちから、赤ちゃんが産まれるまで続く人もいます。
    後期には、もうお腹の中の胎児も大きくなり、歩き方も反り返り、腰痛や便秘に悩まされる人も増えます。
    そして、臨月になるともうお腹がすごく大きいので、様々な理由で眠れないというお悩みを抱える妊婦さんが多くなります。

    妊娠から出産まで様々な体の変化がありますが、今回は多くの妊婦さんがお悩みの不眠の解消法を探してみましょう。
  • 妊娠中眠れない原因

  • 妊娠中眠れない原因
  • 臨月になると、お腹の中の胎児は3キロ近くもの重さがあります。そのため、お腹がとても大きくなり、そのお腹が子宮や臓器などを強く圧迫した状態がずっと続くのです。さらに赤ちゃんの体重の負荷もすべて母体が受けるので、眠れないことに悩む妊婦さんは増えます。その理由は様々で、まず大きくなったお腹に押され膀胱が圧迫されるので、頻尿になります。トイレに何度もいきたくなるので、眠りが妨げられてしまいますね。

    他にはお腹が重たいために、仰向けに寝るのが苦しくなってしまうので、普段仰向けで寝ていた人は横向きの寝方に慣れずなかなか眠ることが出来ません。実際に私は、妊娠前は仰向けでばかり寝ていたので、妊娠中に気をつけて横を向いて寝始めても、いつの間にか仰向けになっていて苦しくなって起きる、と言うことが頻繁にありました。

    あとは、大きくなったお腹で寝返りがうてなくなるので、寝苦しさを感じ起きることもしばしばあります。妊娠前は何気なく寝返りをうっていましたが、いざ寝返りがうてないと腰痛の原因にもなるし、どの体制で寝たら良いのかわからず、悩むことが増える妊婦さんが多いです。
    そんな妊婦さんのために、ぜひ試して欲しいことがいくつかあります。
  • 寝方を変えたり、軽い運動をしてみては?

  • まず、自分に合った寝方を見つける際に、シムスの体位を試してみてください。シムスの体位とは、体の左右どちらかを下にして横になって、上になった方の足を軽く曲げて寝る体位のことです。
    自分が辛くなく、楽だと感じるところまでうつ伏せに近い状態になっても構いません。曲げている足が、お腹を押しつぶされてしまうのを防ぎます。
    眠る時に抱き枕を使うと、楽にシムスの体位をとることが出来ますし、腰の負担も減るのでとてもおすすめです。
    授乳枕をお持ちの方は、横向きに寝た時に、お腹とベットの間に授乳枕の高くなっていない方を挟み込むのも、大きなお腹の支えになり少し楽になる人もいます。
    この授乳枕は他の使い方もあり、お腹の出始めている胸の下に授乳枕を巻いて普通に寝ると、寝返りがうてると言う人もいます。もちろん、出産後に赤ちゃんの授乳に使うと楽ですし、一つは持っていても良いのかもしれません。

    いずれのような時も、横向きに寝る時は体の左側を下にすると、心臓に集まる血液の流れの圧迫を和らげることができるので、試してみてください。

    ほかには、日中に日光を浴びながら軽くお散歩などをして体を動かし、程良い疲れにより夜の眠気を誘う方法もあります。
    切迫早産・切迫流産など、色々な理由で医師から禁止されていないならば、程よい運動は母体にも良いので少しの時間でも軽い運動を取り入れてみましょう。
  • 妊婦さん期間を楽しみましょう

  • 妊婦さん期間を楽しみましょう
  • 妊婦さんの不眠の問題は、周りが思っている以上に深刻なものです。ストレスがたまるのも良くないので、色々なことを試したうえで、夜の不眠を防ぐことが難しかったら、日中にお昼寝をしてしまいましょう。
    妊婦さんが眠れないことに悩む期間と言うのは、お腹が出てくる妊娠中期頃から、臨月の出産する前までなので、長くても6ヶ月くらいまでの間です。
    この不眠はいつまでも続くわけではありませんので、寝不足で辛いと感じて来たら、パートナーにも相談して協力してもらうようにしましょう。
    食事などの用意や掃除などの家事を一旦お休みして、日中にお昼寝する時間をとってください。
    赤ちゃんが産まれると、小さいうちは授乳やオムツ替えなどでゆっくり寝ることができなくなります。なので、妊娠中は出来るだけゆったりとした生活を送りたいですね。

    赤ちゃんを授かって妊娠、出産をすると言うことは、とても神秘的なことです。気持ちはとても幸せいっぱいでも、体の変化に心がついていかないこともあります。しかし、その10ヶ月の妊娠期間をもう一度同じように経験することは、もう出来ません。妊娠するたびに、同じような症状に悩まされると言うわけでもないからです。
    赤ちゃんを出産してしばらくは育児で忙しくなります。そして、徐々に育児にも慣れて来て落ち着いてくると、赤ちゃんがお腹にいた幸せな10ヶ月のことを思い出すのです。

    そんな貴重なお腹が大きい時間を、大切に過ごして下さいね。
臨月、寝返りと眠れないことについての悩み
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事