妊娠初期の眠れない症状とこむら返りの解消法

妊娠初期の眠れない症状とこむら返りの解消法

Thumb?1414295452 muah♪さん

474

妊娠初期は女性の心と体が最も不安定な時期なので、妊娠を意識した生活習慣をする必要があります。今まで嗜好品としていたものをやめるのは精神的負担にもなりますがどうしたらよいのでしょう?


  • 胎児に悪影響のあるもの

  • 胎児に悪影響のあるもの
  • 妊娠初期は女性の心と体が最も不安定な時期なので、妊娠を意識した生活習慣をする必要があります。
    そのためには日常生活の中で着るものや、食べ物などに気を使わなければならないので、もともとタバコやアルコール、コーヒーなどが好きだった女性にはストレスがかなり大きくなります。
    妊娠初期は胎児が小さくて不安定な状況なので、タバコをすることによって血管が収縮するので必要な栄養素がとどきにくい状況になってしまいます。またニコチンは毒素として肝臓で分解されるのですが、吸ってしまった煙は血管を通して胎児までとどいてしまいます。
    アルコールに関しては眠れない時にはよく眠れるようになるのですが、血管の拡張作用があるので、出血をひどくしてしまったり、アルコールの毒素によって胎児の脳に重大な障害を及ぼしてしまうリスクが大きくなります。
    カフェインの入っているコーヒーを飲むと眠れないだけではなく、血管拡張と収縮が起きてしまうので胎児の健康に悪い影響があるとされています。また妊婦も眠れなくなってしまうので、カフェインの摂取に関しては医師の指導にしたがって、定められた量を守らなければなりません。
  • こむら返りの対処法

  • こむら返りの対処法
  • 妊娠初期に起きるこむら返りに関しては、栄養素が胎児にいってしまって、ミネラル分やビタミンなどが不足すると起きることがあるのですが、基本的には疲れていると起きやすくなるとされているので、もしこむら返りが起きてしまった場合には、足を伸ばしてつま先を指で掴んでアキレス腱を伸ばすようにすると治ります。
    それ以外の直し方としては、屈伸運動をするようにして座ってみると足の筋が伸びるのでこむら返りが治っていきます。毎日繰り返しこむら返りが起きる場合は、産院で医師に相談をする必要があり、場合によっては検査を必要とします。妊娠中毒症や糖尿病になった場合にも同じ症状が出る場合があるので、注意をする必要があります。
    妊娠初期は大切な時期なので、体の変化があったらなるべく早く産院に相談をして必要な場合には受診をして血液検査などを受けておくと安心することができるので、精神的にも安定します。
    こむら返りが起きにくくなる食材としてはバナナがあり、これはアスリートなども競技前に食べると足がつらないので、必ず食べています。妊娠初期の妊婦に関しては疲れなどがたまっている状態なので、バナナなどを摂取して体調を整える必要があり、つわりが重すぎて食事が食べられない場合には、入院をするなどして栄養や水分を補給する必要もあります。
  • つわりの対処法

  • つわりの対処法
  • つわりに関しては数週間で収まることが多いので、少しの間の我慢で済むので耐えるしかないのですが、出血を伴ってしまう場合には体に異常がある可能性があるので、必ず産院に連絡をして必要な場合には検査を受けて、健康状態をチェックする必要があります。安定期に入るまでは胎児は非常に不安定な状態なので、健康状態に気をつけて日常生活を送らなければなりません。
    また睡眠も妊婦にとっては大切なことなので、睡眠不足で毎日イライラする事が多いと、家族関係もうまく行かなくなるので、なるべく産院のイメージトレーニングや呼吸法などの講習に参加をして妊婦の仲間をたくさん作って、同じ経験を共有するようにするとリラックスした気持ちになれます。日常生活でリラックスすることができると、体調も改善することが多く、食欲なども出ることがあるので、あまり一人の時間を作らないようにして、仲間とのコミュニケーションを大切にしておくと、安心してお産ができるようになります。
    また妊娠初期は胎児の体や臓器、骨などができつつある時期なので、食べ物には十分注意をして、食品添加物やアルコール、農薬などに関しても注意をしてなるべく摂取しないようにする必要があります。農薬などに関しては基準値以下ならば問題がないとされていますが、基準値を下回っているものを数多く食べてしまえば、それなりの量になってしまうので、同じものを食べ過ぎないようにすることも大切です。
  • 妊娠中、眠れないときはとにかくリラックスすること

  • まとめると妊娠の初期の段階では精神的にも体も不安定な状態なので、つわりがなくなるまでは食欲などの面でつらい時期になります。
    眠れないというのは脳が休息できないことなので、ストレスを感じやすくなってしまうので、リラックスできるように瞑想をしてみたり、軽いストレッチをするなどの工夫が必要となります。
    また産院でも呼吸法などを指導してもらえるので、それを実践すると心が落ち着くので、よく眠ることができるようになります。
    またアルコールやタバコ、コーヒーなどをいきなり止めなければならないのは、かなりの精神的負担な場合があるのですが、カフェインに関しては少量ならば飲んでも胎児に影響がないとするデータがあるので、産院で医師に相談をして、どの程度のカフェインを摂取していいのかを知ることが重要です。これは体重によって摂取できる量が異なるのですが、できることならば摂取をしないほうが賢明です。
妊娠初期の眠れない症状とこむら返りの解消法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事