妊娠初期のよくある症状には、眠れないつわり

妊娠初期のよくある症状には、眠れないつわり

Thumb?1414295452 muah♪さん

614

妊娠初期では、つわりなどの症状が出るひとが多くいます。赤ちゃんのひとつのメッセージではありますが、やはり辛いものです。眠れないという悩みも出てくるので少しでも和らげられるよう工夫しましょう。


  • 妊娠初期のつらいつわり

  • 妊娠初期のつらいつわり
  • 初めての妊娠、何度目かの妊娠に関わらず妊娠初期には、様々な症状が出現して赤ちゃんから、母親に、「ここにいるよ」と、メッセージが送られてきます。その症状は、人それぞれで個人差があります。
    この症状全般を、つわりと言います。
    つわりは、病気ではないと批判的に言われる方もいて、勤め先などへ休暇願いを提出すると、仮病のように言われ苦しむ女性がいまだに多く存在しています。
    妊娠中の女性で、酷いつわりに水も受け付けず嘔吐を繰り返したために、身体が飢餓状態に陥入り心と身体が弱っている女性も存在していることを理解して言動には細心の注意をしてあげるのが大人の対応です。
    妊娠して安静や、入院の必要な女性が無理をすると出血をしたり、胎児が育たずに流産してしまう可能性もあります。つわりが多少治まってくる安定期になるまでは、流産しやすい時期でもあります。一度の流産でその後赤ちゃんを授かることができなくなることがあります。妊娠した女性は自分の体を大切にして、体を冷やさないように気をつけることも大切です。無理をせずに、周囲の人も理解していたわり心遣いも必要です。
  • 妊娠初期症状は人それぞれ

  • 妊娠初期症状は人それぞれ
  • 妊娠初期の症状は主に、匂いに敏感になり、普段好んで食べていたものが食べることができなくなったり、普段と嗜好品が変わることもあります。食べ物を受け付けず嘔吐を繰り返したために、お腹が空くのに食べられない、飲めないといったこともあります。子宮が膀胱を圧迫して頻尿になったり、便秘にもなりやすく眠れない日が続いて睡眠不足になったりもします。
    睡眠不足だけでなく、妊娠初期の身体の変化についていけなかったり、ホルモンのバランスが崩れイライラしたり、涙もろくなったり、落ち込んだりと、十人十色と表現しても良いくらいどのような症状が現れるのか予想がつきません。それは、同じ女性の妊娠であっても同じことです。毎回の妊娠初期症状は同じではありません。
    逆に、つわりの症状がまったくない人もいます。そのような場合は、妊娠したことに気が付きにくいこともあります。生理不順の女性は、妊娠に気が付きにくいこともあります。
    妊娠に気が付かずにレントゲン撮影や、薬の服用などは危険な行為であることがありますから注意が必要です。一度でも性交があり体調に変化を感じたのならとりあえず妊娠の可能性を疑ってみてください。生理にも注意して過ごしてください。妊娠検査薬は、薬局などで簡単に手に入ります。可能性を感じたら早めに検査してみることをお勧めします。
  • 少しでもリラックスすること

  • 少しでもリラックスすること
  • 妊娠で、体調が悪く眠れないときには、音楽を聴いたり、胎児に話しかけるなど、少しでもリラックスして過ごせるように色々試してみてください。
    妊娠が、女性の身体に与える影響はかなり大きいです。体形の変化、周囲の変化、自分の体なのに思うように動けず、頭痛がしたり、船にずっと揺られているような船酔い気分と同じようになり、常にずっと気分が悪かったりします。
    安定期に入るとだいぶ症状が落ち着いてくることもありますが、中には出産するまで続く女性もいます。主治医や、助産婦、看護師や、夫、母や、友などに不安なことを聞いてもらいながら辛い時期は乗り越えられるように頑張る必要があります。
    体調が良ければ安定期には、医師に相談して旅行などにも行けるのがこの時期です。里帰り出産を希望ならこの時期に転院しておくと安心です。
    不安や、心配なこともありますが、夫であるパートナーとの関係が良ければ辛い症状も多少緩和されます。我が子の誕生をご夫婦二人で楽しみにしながら、お子さんが社会に巣立つまで責任を持って見守り、ご夫婦で支え合ってこれから先の長い人生をしっかり手を取り合ってください。
    離婚率の高くなった現在の社会は、家の中よりも外に楽しみが多く、仕事も夫婦共働きで忙しかったりしますが、お子さんが社会に巣立つまでは責任があります。愛情と責任を忘れずに子育てをしてほしいです。お子さんが両親に感謝の気持ちが持てるような子育てを目標にすると育てていきやすいはずです。
  • 出産がゴールではありません

  • 結婚がゴールではないように、出産もゴールではありません。
    お腹の中で育った我が子を、母親が死ぬかもしれないリスクを抱えながらも必死に痛みと戦いながら長時間耐え、やっと生まれた赤ちゃんは、人生の出発点にたちこれから様々な困難に立ち向かいながら幸せを手に掴んで生きていかなくてはなりません。
    生まれた赤ちゃんを人間として育てていく使命が、父親と、母親にできました。両親の愛情が、赤ちゃんを人間へと成長させることを忘れずに夫婦で協力して、時代を担って生きていく子どもの成長の過程を見守ってください。成長した子どもに感謝された日には、努力が報われるはずです。
    長く短い子育ての期間には、成長に合わせて様々な問題に遭遇します。赤ちゃんの頃は、何をしても可愛い我が子が、小学校入学頃から様々な問題が出てきます。反抗期、進路選択など、お子さんと一緒に悩みながらも、見捨てたり投げ出さないでかかわってあげれば親子の信頼関係ができます。
妊娠初期のよくある症状には、眠れないつわり
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事