妊娠中…臨月、眠れないと悩む前に。

妊娠中…臨月、眠れないと悩む前に。

Thumb?1414295452 muah♪さん

1929

妊娠中は、妊娠していない時と比較すると、出産に向けて様々な変化が起こります。その1つの症状で、眠りが浅くなる事に加え、初産ならばなおのこと、緊張や不安が手伝いなかなか熟睡できにくくなります。お腹の重みもあり、仰向けで寝ることも難しく、どちらに寝返りを打っても体の痛みもあったり。そこへ来て、「寝れない寝れない」と寝れないことに焦ったり、悩んだりしてしまっては、さらに寝れないスパイラルに巻き込まれます。そんな時はいっそのこと、寝ること自体あきらめてみてはどうでしょう。


  • 出典: instagram.com

  • 翌日に、仕事や上の子の保育園の送迎等、朝決まった時間に起きる必要がある場合は寝坊のリスクがでてきてしまうので、無責任には言えませんが、例えば旦那様の朝ごはんの仕度さえすればというような場合、夜のうちにレンジで温めてもらえば食べられるようにしておいたり、パンを買っておくなど用意しておき、あらかじめ旦那様に状況を説明し理解を得られれば、1つ問題の解消です。(厳しい見方をすれば、甘えだとかいう取り方にもなるかもしれませんが。)妊娠・出産・育児は女の人だけではなく、事情がある場合は別ですが、夫婦・両親での共同作業だと思います。なので、妊娠、特に臨月に入りただでさえ色々な体の不調・気持ちの面でも不安や緊張と戦っている妊婦さん1人が苦しむのは何だか違うのではないかという観点が伝わったら、睡眠をとれるように手伝ってあげる、そういった環境に協力してもらえるのではないでしょうか。
  • 出典: www.tumblr.com

  • これから出産という大仕事を控え、胎教の為にも心身ともに健康状態を良好に準備しておきたいですし、出産後は夜泣きがあればさらに寝れないのですから。何をどう頑張っても、出産は女の人にしかできません。いくら両親とは言え、体を痛めたり、社会的にも仕事でブランクは避けられませんし、辛い思いをしたりするのはどうしても女性の方が多いということになります。ですから、旦那さまにはできる限りいたわる気持ちを持って接して頂きたいものです。そうして夫婦仲良く協力しあうことは、今後の生活にもいい影響をもたらしますし、産まれてくる子供のためにもなります。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 妊娠中に限らず、「寝なければ」という義務感にさいなまれると、たいていさらに寝れなくなるのではないでしょうか。「寝れそうになったら寝る」とあきらめ、好きなテレビを見たり、好きな歌を聴いたり、好きな香りでオイルマッサージをしてみたり、これから産まれてくるベビーちゃんと行きたい場所・やりたい事を考えたり、好きな事に時間を使ってリラックスしてみると、案外すぐに眠気が襲ってきたりします。そして妊娠、特に臨月という特別な時間を味わって、楽しんで下さい。母子ともに元気に出産されること、心からお祈り致します。

妊娠中…臨月、眠れないと悩む前に。
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事