疲れているのに眠れない、寝ても何度も起きる症状について

疲れているのに眠れない、寝ても何度も起きる症状について

Thumb?1414295452 muah♪さん

781

現代社会を生きる人間にとって、いちばん必要といっても過言ではないのが、睡眠です。実に人生のおよそ3分の1は人々は睡眠に時間を費やしています。しかし、何かとストレスの多い現代、よい睡眠をとれているのでしょうか。


  • 大人になると眠りにつくのが容易くなくなる?

  • 大人になると眠りにつくのが容易くなくなる?
  • 子供のころは、学校から帰ると、おやつを食べて遊びにでかけたり、また塾に通ったりして、帰ると夕ご飯を食べ、お風呂に入るとすっかり疲れて、布団に一直線というのが当たり前の光景でとても自然なものでした。誰に決められたわけでもなく、脳内リズムがそうなっており、まだゲームが主流でなかった時代、外で遊んで疲れるといった実に子供らしい光景がありました。それが、大学を出て社会人になる頃くらいから、そんな当たり前であった睡眠と上手に付き合うのが難しくなります。
  • 疲れているのに眠れないときは

  • 疲れているのに眠れないときは
  • 疲れているのに、夜眠れない、眠れたとしても、夜何度も起きるという社会人が増えています。まず、夜眠れないというのはとても問題です。睡眠によって、明日へのチャージをし、一日の疲れをとらなければいけないのに、睡眠が十分でないと何もかも悪循環です。女性の場合は体の冷えが原因であることが多々あります。半身浴などをして、体を十分に温め、また寝る前にホットココアやホットティーを飲み、身も心もあったまると、眠りにつきやすいでしょう。シャワーだけでは体を温めるのは不十分ですから、できる限り、湯船に浸かることが重要です。

    また、疲れているのに、眠れず、お風呂に入るなどをしても夜、何度も起きる人は、一度、心療内科に相談してみることをお勧めします。社会人にとって、睡眠はとても大事なもので、睡眠不足だと、仕事中に眠くなることがあり、仕事に影響が出ます。敷居は高く感じるかもしれませんが、一度、専門の医師に話すことで、適切な処置をしてもらえ、睡眠を助けてくれる有益な薬を処方してくれることでしょう。疲れているのに、何度も起きる症状が続いては効果的な睡眠はなく、翌朝も目覚めが悪く、スッキリしないでしょう。睡眠導入剤はホットティーなどでも効果を得られない人が試してみると、その効果に満足をすることうけあいです。
  • 頻尿による不眠

  • 頻尿による不眠
  • 何度も起きる症状に、年配の人で多いのが、夜間頻尿といわれるものがあります。せっかく眠りについたのに、何度も目が覚めてはとてももったいないです。これは睡眠導入剤で助けてもらっても、また別の次元の話になります。夜間頻尿の原因として、膀胱容量の減少や睡眠障害があげられます。多尿は、高血圧や腎機能障害や睡眠時無呼吸症候群などが主な原因としてあります。日中の水分の摂りすぎや就寝前の水分の過剰摂取など、知らず知らずのうちに誰もが経験しがちです。もはや生活習慣の一つとなっているので簡単に改善は難しいですが、何らかの治療を施す必要があります。心療内科で睡眠導入剤を処方しても、まだ解決しない場合、泌尿器科を一度訪れてみることが必要です。恥ずかしさももちろんあるかと思いますが、一日の疲れを夜の睡眠でしっかりとりたい人は、夜間頻尿に惑わされることなく、しっかりと睡眠をとって明日への活力にしてもらいたいものです。

    夜間頻尿も生活習慣の一つであると思いますが、生活リズムを正しくすることがいかに現代人にとって必要なのかは社会人を経験したことのある方ならみんな十分把握していることと思います。規則正しい生活、たまに仕事の付き合いでリズムが崩れても、また持ち直す、そんな生活リズムをすることが何より大切で、それによって、夜何度も目が覚めたり、夜間頻尿で悩まされたりすることもないでしょう。日ごろからストレスを感じて、眠れない人も多いかと思います。頻尿ではないけれど、眠れないという方はこれもまた心療内科に訪れてみるのもいいでしょう。睡眠導入剤もそうですが、その人の症状にあった薬を医師から処方してもらえます。仕事でのストレスで夜、眠ることができない人がいるからです。現代社会を生きる者にとって、人間関係は切ってもきることができず、永遠に付き合うものです。一人の時間を大切にしたい、人と接するのが苦手、そんな悩みを薬で助けてもらうことができます。それによってストレスも軽減され、十分な睡眠が得られることでしょう。
  • おわりに

  • 子供の頃は付き合いといっても、学校や家族といった身近なものでした。しかし、大人になると、交友関係が広まり、それと共に付き合いもどんどん増えます。特定の人とだけ付き合うといったことがほぼ無理な環境におかれることになります。みんな、顔ではニコニコしていても、心は疲れている人がたくさんいるのが現代であります。自分だけが悩んでいるのではないのです。楽な気持ちで一度、専門の医師に相談してみると、気持ちがすっとするでしょう。そういう人はとても多いという事実を教えてもらえますし、対処法も教えてくれます。一度きりの人生、ストレスがあってもそれに負けない強靭な気持ちで日常を過ごし、また快眠によって気持ちのよい睡眠を得、毎日を有意義なものにしたいものです。
疲れているのに眠れない、寝ても何度も起きる症状について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事