眠れない時に寝る方法としてサプリメント

眠れない時に寝る方法としてサプリメント

Thumb?1414295452 muah♪さん

264

皆が寝ている夜になかなか眠れないというのはつらいものです。「早く眠りたい」と気持ちばかり焦ってしまってますます目が冴えてくるということもあるでしょう。眠るときに「早く寝たい」と焦ったり、なにかを考えていたり、羊の数を数えたりしていてもなかなか眠れないのは、脳が活発に動き出しているからなのです。


  • 眠りに入るためのメカニズム

  • 眠りに入るためのメカニズム
  • 眠りに入るには体の内部の体温が下がることが必要になります。
    内臓や脳が活発に動いているときには体温は下がらず逆に上がります。体内の体温が下がるということは内臓の働きや脳の働きを鎮めて血液も広がった血管を滞りなくゆったりと流れていくような状態になることです。だから眠りたい時に脳を働かせてしまえば血液も脳にたくさん酸素がいくように流れようとします。すると体の深部の体温も下がらないので眠くならないということです。

    それは自律神経が関係しているのです。

    自律神経には交感神経と副交感神経があって、一日のうちでどちらかが優勢になる時間帯があります。交感神経が優位に働くと神経を昂らせ内臓の働きも脳の働きも血流も活発になり体温も上昇します。副交感神経が優位に働くと逆に働きを鎮めて休憩モードに入り、深部の熱を血流によって放散させることで体温を下げ眠りを誘います。
    人の体はこの自律神経のバランスで生活をしているのです。朝起きてから夕方までは活発に仕事野勉強、運動などをしたり、食べ物を食べたり排泄をしたりしています。そして夜になると寝るのです。それは自律神経のバランスが整っている状態だからです。
  • 生活習慣の見直しも必要

  • しかしなかなか眠れないのは、体のどこかが痛いなどの不調の時は別として、自律神経のバランスがどこか狂ってしまっているのです。
    夜型の生活を続けたり、寝る前に激しい運動や食をしたりすると夜でも内臓や脳などが活発に働いているので、副交感神経が優位に働くことができません。だから眠れない時には生活習慣を見直してみる必要があるのです。
    しかし、そんなときにも内臓や脳の働きを沈めて副交感神経が優勢になるようなことをすることによって眠ることができる「寝る方法」もいくつかあります。
  • 心地よく眠りにつく方法

  • 心地よく眠りにつく方法
  • まずは体を温めることです。
    体温が下がらないと眠れないのですが、体の深部の温度を下げるには血流にのって深部の熱を放散させる必要があります。そのためには血流が悪いとなかなか熱を放散することができないので、血液は順調に流れる必要があります。しかし体が冷えていると血液の循環が悪くなり体の深部の熱がなかなか放散しないことになるのです。そこで体を温めて血液循環をよくすることが必要になってくるのです。

    そのための「寝る方法」は、重い布団は苦しくなるので軽めで温かい布団や毛布をかけたり湯たんぽを使うとよいでしょう。また37度から38度の湯に20分から30分浸かり半身浴をするのも効果的で、温かいお茶やミルク、生姜湯などを飲むのもよいでしょう。

    また軽めのストレッチをして血液循環をよくするという方法もよいでしょう。正し激しく動くと交感神経が働き神経が昂るので軽くすることが大切です。
    次に寝る前にはカフェインの入ったものを摂取しないようにします。コーヒーや濃いお茶などですが、コーヒーは特に利尿作用もあるので寝る前には飲まない方が良いのです。
    そして眠りに入る環境を整えるようにします。部屋を暗くして温度や湿度にも注意をします。快適に眠ることができる温度は18度から22度、湿度は50%から60%が良いでしょう。
  • 有効な成分が入ったサプリメントを取り入れる

  • 有効な成分が入ったサプリメントを取り入れる
  • このように「寝る方法」をいくつか試してみてもなかなか眠れない時にはサプリメントを利用するのもよいでしょう。今は不眠に悩む人が多いのでいろいろなメーカーが不眠を改善できるようなサプリメントを研究開発し販売しています。

    眠りには副交感神経が優位に働いて内臓や脳の働きを穏やかにすることが必要になってきますが、脳内のセロトニンという物質が不足すると不眠の症状が表れたりうつ病の原因にもなるのです。セロトニンは精神を安定させたり質の良い眠りをもたらしてくれる働きがあるのですが、ストレスや運動不足によって不足したり、日ごろの食事中から摂取しないと減ってくると精神的に安定しなくなるのです。
    セロトニンはチーズやヨーグルトなどの乳製品、大豆製品、バナナ、ナッツ類、魚類などに多く含まれています。また太陽の光を浴びることや運動を積極的に行うことによって増やすことができるのですが、なかなかそのようなことができない人にとっては、サプリメントなら簡単に摂取することができます。

    大手のメーカーから出てい市販で売っていることもあれば通販で購入することもできます。サプリメントなのですぐに効くわけではないのですが、気長に続けてセロトニンを増やしていくことで不眠が改善し、イライラなどの精神的な不安定さも改善してくることになるでしょう。

    しっかりと夜には眠ることができて毎日元気に暮らしたいものです。
眠れない時に寝る方法としてサプリメント
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事