生理前になると眠れない…原因は月経前症候群?

生理前になると眠れない…原因は月経前症候群?

Thumb?1414295452 muah♪さん

2165

生理前になると、なんだか眠れない・・・もしかしたらその原因、月経前症候群かもしれません。


  • 生理前になると眠れない?

  • 生理前になると眠れない?
  • 「生理前になると、眠たくて仕方がない…」と、いう方がいる一方で「生理前になると、逆に全然眠れない」と、不眠の症状を訴える方がいます。
    その原因は「月経前症候群」のせいかも知れません。
    月経前症候群は、「生理前症候群」、または、「PMS」とも呼ばれる症状です。
    不眠の他にも、「イライラする」、「精神的に不安定な状態になる」、「頭痛が酷くなる」、「腹痛が起こる」、「胸が張って痛む」、「お腹が痛い」、などの様々な症状を訴える方もいます。

    これらの症状は、なぜ起こるのでしょうか。
    「眠れない」などの不眠の症状が起こる原因は、排卵が起きている途中の、プロゲステロンという「黄体ホルモン」の働きにによって引き起こされると言われています。
    生理が始まる前には、排卵が起こり、この際には黄体ホルモンが多く分泌されます。
    眠れない方は、とくにこの黄体ホルモンが過剰に分泌されている場合が多いようです。
    黄体ホルモンは、子宮内の環境を整えるために体温を高める働きをします。
    この、体温が高く保たれている状態の時に、「眠れない」という症状が出る方がほとんどです。
    というのも、人の体温は、寝ている時は少し下がります。
    体温が高い状態が保たれる、ということは、「身体が休める状態に持っていけない」ということにつながるのです。
    それでは、この月経前症候群の症状を緩和する方法はあるのでしょうか。
  • 月経前症候群を予防、緩和する方法

  • 月経前症候群を予防、緩和する方法
  • 月経前症候群の症状は、悪化してしまうと生理が始まってからも、身体的不調の症状が続く場合があります。
    それは、「生理痛が重い」、「ぼーっとする」などの症状です。
    なるべく症状を和らげ、落ち着いて生理を迎えたいものですね。
    「眠れない」などの症状を和らげる方法には、どんなものがあるのでしょうか。

    …それにはまず、規則正しい生活をして、「ホルモンのバランスを整える方法」があります。
    ホルモンバランスは、不規則な生活や、偏っていたり乱れていたりする食生活が続いたり、ストレスを多く受ける生活を続けていたりすると、崩れてしまいます。
    その結果、月経前症候群を引き起こすのです。
    眠れない方は悪循環になってしまいますが、とくに、睡眠不足は一番の敵です。
    身体の調子を整え、疲労回復にも役立つホルモンの一つ、成長ホルモンは、睡眠時に多く分泌されます。
    なので、夜眠ることが難しい…という方は、ちょっと無理をしてでもお昼に眠れる時間を作った方が良いでしょう。

    また、ホルモンバランスを整えるのには、乱れた、偏った食生活を改善するのも良い方法です。
    ファーストフードやコンビニのお弁当、お弁当屋さんの一般的なお弁当などは、肉類のおかずとご飯が中心になっている場合が多く、身体に必要なミネラルやビタミン、食物繊維などが不足している場合がほとんどです。
    「ホルモンバランスを整えたいな」、と思う方は、コンビニなどのお弁当でも良いので、選ぶ際にはちょっと注意をして選んでみましょう。
    野菜の多く入っているものを選んでみたり、個別の小さい海藻サラダやゴボウサラダ、冷ややっこや納豆を手に取ってみるなど、意識的に、青い野菜や果物、大豆やひじき、海藻などミネラルやビタミンを多く含んでいるものを摂るようにしてみましょう。

    その他、適度な運動をして、身体を動かして疲れさせる、というのも良い方法です。
    運動をして身体を疲れさせることは、眠りに入りやすくするだけでなく、自律神経を整えることもでき、ホルモンバランスの向上にもつながります。
    電車通勤の方は、少し早めに出て一駅前で降りて歩いてみるなど、無理のない程度に、自分にできるだけの運動を取り入れてみましょう。
  • 眠れないを助長・・・NGな行動

  • 眠れないを助長・・・NGな行動
  • その他、お酒の力を借りて眠る、という方もいらっしゃるかもしれませんが、お酒は眠りを浅くしてしまいます。
    ホルモンバランスも逆に崩れかねないので、寝る前に大量にお酒を飲んで眠る、という方法はあまりおすすめできません。
    お酒の他に、タバコは体中の血流を悪くさせてしまいます。
    卵巣の働きにも影響が出ると言われているので、「ホルモンバランスを整えたい」という方は、お酒もタバコも控えめにした方が良いでしょう。

    また、意識的に体温を下げてから就寝に入る、という方法も有効的です。
    夜お風呂に入ったら、少し身体を冷ましてから就寝に入ってみましょう。
    この体温を下げる時、リラックスグッズを使うのもおすすめです。
    ストレスを緩和させることで、ホルモンバランスを整え、また気持ちよく睡眠に入ってゆける状態に持っていくことができます。
    好きな香りのアロマを焚いてみたり、リラクゼーション音楽をかけてみたりするのも良いでしょう。
    照明は、蛍光灯の白い光よりも、暖色のオレンジ色の光の方が良いでしょう。
    リラックス中に注意したいことは、携帯電話やパソコンなどをあまりいじらないことです。
    携帯電話やパソコンの光は、脳を目覚めさせてしまうので、あまり良くありません。
    なるべく我慢しましょう。
    睡眠時間の確保や食生活の改善などで、ホルモンバランスを整え、眠れるように頑張ってみましょう。
生理前になると眠れない…原因は月経前症候群?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事