咳で眠れない時には飲み物で

咳で眠れない時には飲み物で

Thumb?1414295452 muah♪さん

1495

ネットが普及し、求められることも多くなっているストレス社会に生きる私たち。眠れないという悩みを抱えた人も少なくありません。


  • 眠れない環境にある現代

  • 眠れない環境にある現代
  • 眠れないというは、大変に辛いことです。多かれ少なかれ、現代人には一度や二度こんな経験はあるのではないでしょうか。中には、朝が来るのが分からないし、もう布団に入ったらころりなんて言う方もいらっしゃるようですが、加齢とともに睡眠が浅くなると言う多くの声も聞かれます。これは、ある程度の年齢を重ね、生活にもゆとりできた高齢のかたなら、対処の仕方にも経験が生かされることでしょう。ですが、現代は、ストレス社会と断言されるほど厳しい時代と言えるかもしれません。
  • ネットが普及した現代

  • ネットが普及した現代
  • 老若男女を問わず、日常の生活がネット社会という情報化時代にいきることを余儀なくされているということが、実態です。僅か十年ほど前には、携帯を自在に扱える人は特殊な才能のように思われ、誰もが当たり前のように持ち歩いていた時代ではありませんでした。高齢の方は扱いが分からずに敬遠したり、パソコンなどから情報を仕入れた生活の必需品の情報やスケジュール管理などと言うものは、特殊な人だったり会社の管理部門の仕事だったのではないでしょうか、およそ一般の生活とはかけ離れたと言ってもよいくらいだったと思われます。それが昨今では、幼稚園児までが携帯を持ち歩いて、路傍で画面に釘付けにされる光景を目の当たりにすることも都会では決して、奇異なことではなくなりました。犯罪の予防を兼ねて、子供の移動する情報を掴む為にも、携帯の機能を利用すると言う発送ですが、むしろその誰も異論を挟まない感覚にこそ、名状し難いものがある気がします。それにしても、僅かな時間にこれだけ変わった社会の変革の速度には、驚きを禁じ得ないのではないでしょうか、幼い子供の手にすっぽりと世界が収まっている驚異的なネット社会です。
    この社会の変革に対して、人間はここ数百年、ほとんど進化はしていません。とくに、昭和から比べても平成の時代感覚は、人間の能力に挑戦するかのように思われる、まことに過酷で厳しい時代になっていると言わねばなりません。この眠れない社会と言われるストレスは、生身の人間に計り知れない負荷を掛けているのは、現代病と言われる原因不明の病気の増加からも推察されるでしょう。
  • ストレスを感じやすい時代?

  • ストレスを感じやすい時代?
  • 時代には「負け組」「勝ち組」と人間の社会に置けるあからさまなレッテル貼りが、民主社会の根幹に触れるほどの節操のなさで、横行したことがあります。花形と言われたITと呼ばれてなるほど国策にも乗って、紛れもなく経済を牽引した時期がありました。この時期に、ネット社会と言う用語とともに正社員から派遣全盛時代という特異で、前時代的な大企業家の搾取に揺れた頃に逆行する人間ネット派遣社会が出来、もはや定着した感があります。国策として内需に力を入れていますが、もはやこの主流となったこの社会に、それを求める苦労は多難な感じがあります。
    社会ストレスからくる、自律神経の乱れが様々な病の要因となっているようです。まさしく、その端緒であろうと思われますが、睡眠障害です。輾転反側しても眠ろうとすればするほど、眼が冴え頭が熱くなるほど混乱しているうちに、気がつくと白々と朝を迎えてしまうと言う経験は、社会人特有のと言うことでもなくなりつつあるようです。仕事が辛い、いきたくないといった社会人の登校拒否ならぬ会社出社拒否や馴染めないうちの鬱病、それに花粉症の国民病的な増加、ほとんどが転地療養と言う環境の変化で改善することが、さまざまな形で症例として取り上げられています。
    ですが、この住み替えと簡単に言ってしまうのは、現実には易しいことではありません。リタイアしたくても、まさしく派遣社会と言う厳しい時代には、福祉やセーフティネットと言われる最後の砦も現実には遠いものでしょう、やはり、今の生活の中で、私たちは、立ち向かっていくしかありません。眠れないままで、社会で立ち向かうにも気力がともなわないですから、十分な睡眠は不可欠でしょう。風邪を拗らせたまま、咳が止まらなくなったり、また引き直したりすることは健全な時にもあることです。大切な仕事や家事の中で、咳が止まらない、床に着くととたんに咳き込んで眠ったとたんに目が覚めると言うのでは、支障がでるのは当然かもしれません。
  • 咳で眠れないときは飲み物でリラックス

  • ストレスが災いして、全身に緊張感が溜まり、それが解せないまま無慮したりしますとつい寝不足になったり、加齢とともに気管支喘息のような症状になったり、することは決して珍しくありません。実際に、外気に触れていることで、認識がなくても、もともと胸部に強さのない人の場合は、それが影響して、いつか咳や喉頭部分を痛め声帯にまで至る場合があります。そのとき咳の症状が悪化したりしますと、ほとんど眠れないと言うことがしばしばあります。
     とにかく眠る為には、床に着く前に温かい飲み物で、喉に優しい水分補給をすることをお勧めします。乾燥や胸までの気道をリラックスさせることで症状が改善すると思われます。紅茶に牛乳を垂らし、はちみつで溶くものは喉に優しく滑らかです。その他にも、飲み物としては
    さきほどのはちみつを白湯で溶いて飲むのもおすすめです。どうしても、咳が治まらない場合は、専門の耳鼻咽喉科にいかれて相談された方がよいでしょう。
咳で眠れない時には飲み物で
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事