夜中の咳で眠れない場合の原因と対処

夜中の咳で眠れない場合の原因と対処

Thumb?1414295452 muah♪さん

2439

夜中の咳で眠れないことは誰にでもあることなのですが、いろいろな時期や時間、環境によって、様々な原因が考えられるので、風邪を引いたなどと決めつけないようにすることが肝心です。


  • 咳の原因とは?

  • 咳の原因とは?
  • 咳というのはホコリ等を肺から排出するために出ることもありますが、喉に炎症などがあっても違和感を感じてしまって咳払いをしてしまいます。
    命の危険がある場合は脳梗塞による呼吸中枢の麻痺で、この場合は命にかかわるので、顔色が青くなったりしたらすぐに救急車を呼んだり、夜間救急病院にタクシーや自家用車で駆けつける必要があります。また食べ物が気管を刺激することで出ることもあるのですが、これは短時間で収まることが多く心配のないものです。
    しかし高齢者の場合は誤嚥をしてしまって、肺に食べ物が入ってしまうと細菌が繁殖してしまうので、食べ物を食べて咳き込んでいる場合にはすぐに医療機関を受診する必要があります。
  • アレルギー性の炎症による咳

  • アレルギー性の炎症による咳
  • 夜にでる咳は花粉症の場合はアレルギー性の鼻炎などが原因で喉に炎症が起きていることが多いので、抗アレルギー剤などを服用することで症状が収まることが多いのですが、眠れない場合には痰切り薬やせき止め薬などを服用すると、せき中枢の過剰な反応を止めることができるので、安眠することができます。アレルギーの場合は原因が明らかなので、対処が比較的簡単なので、家庭でも十分対処が可能で、かかりつけ医に相談をして、適切な薬を処方してもらうことで夜中のせきを止めることができます。
    またアレルギー性の喘息が起きている場合に関しては対処が少し違っていて、抗アレルギー剤だけではなく、喘息の薬の気管支拡張剤や吸入ステロイド薬などを使用することで、狭くなった気管を広げて、呼吸を楽にすることができます。喘息が原因の場合には気管が浮腫んでしまって、狭くなっていることが原因なので、気管支拡張剤で、気管を広げてから吸入ステロイド薬で気管支の炎症をとって、浮腫んでいる状態を正常な状態にしていきます。
    吸入ステロイド薬の場合は、1回では効果があまりないので、1ヶ月程度続けることが必要になりますが、喘息が起きる回数が減って、さらに起きにくくなるので、気管支拡張剤を使用するよりも確実に喘息を治療することができます。
    気をつけなければならない副作用はあまりないのですが、吸入薬を使用した場合には、必ずイソジンなどでうがいをしないと、カンジダなどに感染する可能性があります。これは口の中にカンジダ菌が繁殖することで、白いカビのようなものが繁殖してしまうのが特徴です。うがいをするだけで治るのですが、糖尿病の患者や高齢者の場合には、治りにくいことがあるので、口腔外科などを受診して適切な薬を処方してもらうと数週間で完治します。
  • 喫煙による炎症

  • 喫煙による炎症
  • 夜中の咳は喫煙によって肺に慢性的な炎症が起きてしまっている場合でも起きることがあり、これに関しては現代医療での治療が難しいので、酸素吸入器を装備して日常生活を過ごさなければならなくなります。
    高齢者でタバコを吸っている時によくむせる場合には、この病気の可能性があるので、すぐに呼吸器科の病院を受診して、早めに対処する必要があります。肺に起きた慢性的な炎症は間質性肺炎などと呼ばれていて治る見込みはほとんどありません。対処療法として喘息で使用する気管支拡張剤などを使用するのですが、肺の機能が落ちているので、空気の中の酸素だけでは不足してしまうので、酸素吸入器を使って生活をします。
    酸素が不足してしまうと細胞が酸欠状態になるので、非常に危険な状態になるので、すぐに禁煙をして気管支拡張剤や吸入ステロイド薬を使用して治療を始めることが重要ですが、高齢者の場合は手遅れになっている場合が多いので、酸素吸入器などの器具を自治体などからレンタルをして使用することになります。
  • 咳には様々な原因がある

  • 夜中の眠れないようなせき込みは、アレルギー性のものや、喘息が原因のもの、肺の慢性的な炎症、脳梗塞などが原因の中枢神経の麻痺などがあるのですが、一般的なものはアレルギー性の症状なので、水を飲むだけで収まることも多いのですが、アレルギー症状が出ている場合には、炎症が起きてしまっているので、抗アレルギー剤を服用してから、必要に応じて痰切り薬や、せき止め薬などを服用するようにします。
    また市販の風邪薬でも止めることができるのですが、何日も続いてしまっている場合には病院を受診して適切な診断をしてもらうことが必要で、特に喫煙者の場合には、肺に炎症が起きやすいので、体の中の酸素が不足してしまっている場合があります。またアレルギー性の症状から喘息を発症する場合も多いので、もともと喘息の持病がある人は、花粉症などに時期には吸入ステロイド薬を使用して、予防をしておくと気管の炎症を抑えることができるので、眠れないようなつらい症状が起きにくくなります。脳梗塞などが原因の場合には、明らかに顔色が青くなるので、すぐに判断できるので、救急病院に急いで受診をする必要があります。
夜中の咳で眠れない場合の原因と対処
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事