夜中咳で眠れないのは喘息かも・・・

夜中咳で眠れないのは喘息かも・・・

Thumb?1414295452 muah♪さん

923

夜中、寝ているときに突然咳で目が覚めたり、夜中になると咳が出て眠れないことはありませんか?もし、そんな症状が続くなら、それは喘息かもしれません。


  • 眠れない原因:喘息

  • 眠れない原因:喘息
  • 小さい子供に発症する小児喘息は知っている人も多いと思います。しかし、子供の時期だけに発症するのではなく、成人してからもなる病気なのです。成人してからなった場合、子供のときになった場合と区分されます。子供と成人の違いは、子供の場合、アレルギー性が一般的で、成人までに体質が変わったりすることで、約7割くらいの子供は治ると言われています。それに対し、成人の場合は、アレルギーが原因の場合と、気候やストレス、外的刺激による非アレルギー性とがあります。成人の場合、一度発症すると良くはなっても、完治することはありません。では、一体どんな病気でどんな症状が出るのでしょうか?
  • 喘息の症状、原因

  • 喘息の症状、原因
  • 喘息とは、気管が慢性的に炎症を起こす病気です。炎症を起こしている気管支に、アレルギー物質や冷気、タバコの煙などの刺激を受けると、空気の通る気管が狭くなり、呼吸困難に陥る病気です。また発作時に、気管支から「ゼーゼー、ヒューヒュー」などの喘鳴が聞こえるのも特徴です。日常的に咳や息切れ、胸苦しさなどの症状が出ることもあります。これらの症状が続くと、狭くなった気管が元に戻らなくなってしまい、重症化してしまうため悪くなっていなくても、継続的に治療を続ける必要があります。
    また、昼間は症状が治まっていることが多く、健康的な人と見た目は何らかわりがないように見られますが、夜間から明け方にかけて症状が出るのが特徴です。

    その原因は色々あり、まず一つは、夜間になると、副交感神経が緊張状態になり、気管が収縮して発作が起きやすくなるからです。

    二つ目は、ダニやハウスダストなどのアレルギーがある場合は、昼間に空気中に舞い上がっていたダニやハウスダストが、夜になると下に落ちて布団やカーペットなどに付きます。それを吸ってしまうことで発作が起きるのです。

    三つ目は、明け方になると温度が下がり冷え込むため、発作が起きると言われています。喘息は、気温の低下に敏感なため、急激に温度が下がると発作が起きます。だいたい明け方の4〜5時が一番冷え込む時間となるため、この時間に起きやすくなります。

    四つ目は、人は気管支から分泌物が出ていて、昼間は上手くコントロールされていますが、夜間になると寝ている間に分泌物が気管を刺激して発作が起きると言われています。これらが原因で、夜中になると眠れなかったり、突然目が覚めたりするのです。このような症状が続くようであれば、一度受診した方がよいでしょう。

    では、夜中に眠れないとき、どうすれば良いでしょうか。
  • 喘息の症状を和らげる方法

  • 喘息の症状を和らげる方法
  • まず、横になっていると余計に咳がひどくなったり、苦しさが増したりするため、座って前かがみの前傾姿勢を取るのが良いでしょう。また自分で楽だと思える姿勢を見つけることも大切です。

    二つ目は、部屋の温度と湿度を一定に保つようにすることです。部屋が乾燥していると発作がおきやすくなるため、しっかり加湿をして湿度を一定にすることです。温度も部屋が冷えていることで発作が起きやすくなるので、できるだけ温度調節をすることが重要です。

    三つ目は、口呼吸を避けて鼻呼吸をすることです。口から呼吸するとどうしても原因となる物資を吸い込みやすかったり、乾燥しやすくなるので、鼻呼吸を意識して行うことです。

    四つ目は、掃除はマメに行うことです。掃除を怠ってしまうと、原因となるハウスダストやダニを吸って発作が起きやすくなるためです。

    五つ目は、水分をしっかり補給して痰を出しやすくしたり、また咳に効くと言われている、大根とはちみつ・レモンを温かいお湯で割って飲むと治まりやすくなります。
  • 喘息の治療

  • 発作が起きた際に、これらの対処も必要ですが、まずは病院を受診して病気の有無をはっきりさせなければいけません。もし病気だと診断された場合は、継続的に治療をする必要があります。
    治療方法ですが、昔は発作が起きたときだけ、気管が炎症をおこすため、発作時に吸入ステロイドを使用するという考えでした。しかし、炎症は慢性的なものだと最近解明されたため、発作が起きるのを防ぐ吸入薬が一般的に使われています。
    予防の吸入薬を使うことで、夜間症状もある程度抑えることが可能なため、診断された場合は、きちんと服用・吸入する必要があります。
    また、原因となるアレルギー物質などを知ることも大切です。血液検査でどのようなアレルギー反応があるのか、また食物アレルギーや動物アレルギーがあるかないかなどもわかります。これらを知っておくと、アレルギー物質に近寄らない様にすればよいため、発作が起きるのを事前に防ぐ事ができます。

    このように、夜中に咳で眠れない日が続くようであれば、喘息かもしれません。放っておくと悪化しひどくなる場合もあります。最初は軽度であっても、治療を怠ったりすることで、重症化するケースもあります。また、呼吸困難に陥って亡くなる人もいるため、甘くみてはいけません。このような症状で悩んでいるなら、一度病院で診てもらうことをお勧めします。
夜中咳で眠れないのは喘息かも・・・
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事