ふとんを変えてみるのも眠れない時の寝る方法の一つ

ふとんを変えてみるのも眠れない時の寝る方法の一つ

Thumb?1414295452 muah♪さん

321

眠れないときは寝る環境にも原因があるかも?寝具を変えてみたり、照明を変えてみるのもひとつの方法です。


  • 体が昼夜の変化に鈍くなってしまっている

  • 体が昼夜の変化に鈍くなってしまっている
  • 出典: instagram.com

  • 人によっては、ふとんに入ればすぐに寝入ってしまえる、という人もいれば、なかなか眠ることができずに、寝るということが大仕事になってしまっている、という人もいるわけです。人は誰でも睡眠をとらなければならないわけですが、このように、人それぞれにその眠りのあり方というものは、実に千差万別なものなのです。
    また、その人が必要とする睡眠時間というものも、人によって全く違っているわけで、人は一日の三分の一は寝ている時間ということで、一般的には八時間睡眠と言われてはいるものの、一方には、十時間は睡眠を必要とする、といった長時間睡眠型の人もいれば、その一方では、三時間も寝れば十分、という短時間睡眠型の人もいるという具合で、その睡眠時間のあり方にも人それぞれに大きな違いがあるわけなのです。
    さらには、電気というものがまだなかった時代であれば、夜になれば暗くなるのが当たり前であったわけですから、日の出と共に起きて生活を始め、明るい日中は仕事や学問などなどの活動を行って、日が落ちて暗くなると共に寝入ることになって一日が終わる、というのがごく当たり前な人の日常というものでした。
    ところが、電気というものが登場したことで、こうした人間社会の状況は一変することになり、現代では大都市の繁華街ともなれば、夜通し街中が明るく煌々と輝いているといったことは当たり前となっていますし、コンビニエンスストアなどは一日二十四時間営業が当たり前となって、真夜中でもいつでも買い物をすることができる、というようになっているわけです。
  • 生活リズム、体内時計の乱れが原因

  • 生活リズム、体内時計の乱れが原因
  • このように、電気による人工照明によって、真夜中でも昼間と同じように活動できるようになっている現代の社会では、元来は人が寝静まる時間であった真夜中に仕事をしている、という人も珍しい存在ではなくなっており、さらには全世界がコンピューターネットワークで結ばれ、国際間にまたがるビジネスも当たり前のものとなっていて、経済も一国単位ではなくグローバルなものとなっているために、昼と夜の時間帯が逆になっている世界中の地域が結ばれて、ビジネスというものが展開されているわけですから、もはや、昼は活動する時間で夜は寝る時間、という区分けすらもなくなってしまっている、とさえ言うことができるのです。

    このように、現代の社会では、人の生活パターンというものが自体が、まだ電気というものがなく、夜になれば暗くなって眠りに就くのが当たり前であった、という時代とは大きく様変わりしてしまっているわけなのです。

    こうした社会状況となっていることもまた、人の眠りのあり方というものを千差万別なものにしている大きな要因、ということができるわけで、このことがまた、睡眠に関する現代人の様々な悩みというものを作り出している、と言うこともできるわけです。
  • 不眠は現代特有の症状

  • かつてのように、日が落ちれば暗くなってという時代には、おそらく眠りに関する悩みというものを抱えていた人は今よりもずっと少なかった、と思えるわけなのですが、それでももちろん、人生における様々な悩みというものはそうした時代にもあったわけですから、そうした悩みのために夜も眠れない、という人はもちろんいたでしょう。

    そのような際には、何とか眠ろうとするために、やはり寝る方法というものをいろいろと考えたはずで、現代のような睡眠薬というようなものはありませんでしたが、その一つとして、今でも行われている寝酒というものがあったわけです。

    現代では、どうしても眠れない時に、手っ取り早く用いることのできる寝る方法として、睡眠薬というものが普及しているわけですが、これも常用しているとその効き目は薄れてくるようです。

    普通、人は疲れてくれば眠くなるものなのですが、肉体的な疲労ではなく、精神的な疲労である場合には神経が高ぶってしまうために、脳が興奮状態になってしまって眠れない、といった状態になってしまったりします。
  • 寝具などの環境を変えてみる

  • 寝具などの環境を変えてみる
  • 昼と夜の境というものがなくなってしまい、また、何かにつけて動きのテンポが速い現代は、ストレス時代とも呼ばれているように、肉体疲労よりもむしろ、ストレスから来る精神疲労の多い時代となっているために、そこから来る不眠というものに悩まされている人が増えているわけなので、眠れないことに対する対処策というものも、このストレスを解消することに拠るもの、といった療法が必要となっている場合が少なくありません。

    ストレスの蓄積や、そのストレスから来る精神的な悩みによって、夜もなかなか眠ることができないという状態に陥っているのであれば、できることならば、そのストレスを生む要因そのものを取り除くことが一番の療法となるのですが、それが難しい場合ならば、何とかそのストレスを上手く解消できる方法を考え出さなければなりません。

    そのストレスの程度が比較的に軽いような場合であれば、寝具を快適なものに変えることが有効である場合もあるので、ふとんを新しいものに変えてみたり、あるいは綿ぶとんであったものを羽毛ふとんにしてみる、といったことが、寝る方法として効果があるという場合もあるわけなのです。
ふとんを変えてみるのも眠れない時の寝る方法の一つ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事