失恋のショックで眠れない…主な原因と明日から前向きになれる方法

失恋のショックで眠れない…主な原因と明日から前向きになれる方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

8030

失恋は誰にとっても辛いもの。それが原因で眠れない日が続くのも仕方ありませんが、早く立ち直ってぐっすり眠りたいですよね。
セルフコントロール、という言葉を知っていますか?


  • 失恋のショックで眠れない

  • 失恋のショックで眠れない
  • 失恋をすると眠れないのは誰にでもあることですが、誰でもかなりのショックがあるので、食事も喉を通らない状態になったり、仕事などがまるっきり手に付かない状態になることが多いのですが、毎日6時間程度は寝ておかないと記憶の整理などができないので、脳が疲れている状態で仕事に出かけるなどして失敗を繰り返して、さらに自己嫌悪に陥ってしまうことがあります。
  • 眠れない理由は脳の興奮

  • 眠れない理由は脳の興奮
  • 失恋が原因で眠れないというのは、一般的には脳が興奮している状態なので、これを正常な状態するためには瞑想をしたり、自律訓練法などをして呼吸を整える方法や、少量のアルコールを飲んで神経を麻痺させて眠ってしまう方法、何日も眠れない状態が続いてしまうようならば精神科に受診をして、抗不安薬や睡眠導入剤を処方してもらって健康的な睡眠時間を確保することができます。

    睡眠は人間にとって大切な役割を持っているので、寝付きが悪くなって質の悪い睡眠が続いてしまうと、記憶や集中力などの能力が低下してしまって、生活が乱れてしまうことがあります。脳が疲れているとセルフコントロールができない状態なので、過食をしてしまったり、不倫をしてしまうなどの自分にとって良くないことをする傾向があります。人間の脳は強いストレスを感じてしまうと性欲が高まったり、食欲が高まるので、自制心が効かなくなってしまって、過ちを犯してしまいます。これを防ぐためにはセルフコントロールの能力を向上させることが大切なのですが、これは我慢をすることで鍛えられる能力なので、失恋によって冷静な判断力を失っている場合には自分のコントロールは非常に難しくなります。
  • セルフコントロールという方法

  • セルフコントロールという方法
  • アメリカのビジネスマンなどは瞑想によってセルフコントロール能力を向上させて、営業成績を上げたり、健康的な毎日を送ることができている人が多いのですが、この瞑想というのは日本に昔から伝わっている座禅と同じような効果があり、他のことに注意を向けることで、全てのストレスなどを考えない時間を作り出すものです。

    瞑想の場合は、いろいろな方法があって、呼吸に集中をして、息を吸って吐くというのを意識しながら数分間目を閉じて、何も考えない状態になったらそのまま10分から15分間瞑想を続けます。
    このことによって、人間の前頭葉の部分を鍛えることができるので、毎日持続的に続けることで、セルフコントロールのできる脳を作り出すことができるようになります。
    また自分を省みる余裕を持つことによって失恋の原因を知ることができるので、その経験を今後の恋愛に活かすこともできます。

    一般的には女性の場合は失恋をすると過食に走ると言われているのですが、これには科学的な根拠がしっかりと証明されていて、強いストレスが加わることで交感神経が興奮状態になるので、本能的に食事を食べなければならないという脳の状態に陥ってしまいます。これは原子人の頃から人間が持っている本能で、敵が近くにいるときには素早く食べ物を集めて食べてしまわなければならないという行動が、女性を過食にしてしまいます。
    過食を防ぐためには前頭葉の自制心を司る部分を活発に働かせる必要があるので、そのために瞑想などをする必要性が出てきます。

    睡眠不足というのは前頭葉の働きを弱めてしまうので、誘惑などに負けてしまう状態を作り出してしまいます。このために夜更かしをしている人に肥満が多かったり、精神が不安定な人が多くなります。適度な睡眠時間は6時間から8時間程度とされていて、若い人の場合は8時間位は寝ないと体力が回復しないと考えられていて、日中にあまり動いていないお年寄りの場合は6時間でも十分であるとされています。
  • まとめ

  • まとめ
  • 結論としては、強いストレスなどによって眠れない場合には、交感神経の働きを抑制することが大切なので、布団に寝転んで自律訓練法などをして心を落ち着かせたり、瞑想をして呼吸を整えることで眠りにつきやすくなりますが、ぬるいお風呂に入ることで副交感神経が働くので、これによって眠りやすくなることもあります。ストレッチなども有効なのですが、集中できない状態で運動をしてもあまり意味が無いので、ストレッチをするときには必ずそれだけに集中をして、何も考えないで没頭することが重要で、それによって、つらい経験などを忘れやすくなります。何かに没頭することで悪い記憶を考えないようにするのは仏教における写経や読経なども同じで、これらは書くことやお経を読むことに集中をして、精神を没頭させることで、何も考えない状態を作り出しています。そうすることでセルフコントロールができるようになるので、食べ物や異性からの誘惑に負けない強い心を作ることができます。
    手軽にセルフコントロール能力を向上させる方法としては、好きな食べ物を目の前において、10分以上がまんをしたり、甘いモノを食べそうになった時に、将来の健康リスクや自分の体重の増減について10分程度考えることで、セルフコントロールが発揮されて我慢できるようになります。
失恋のショックで眠れない…主な原因と明日から前向きになれる方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事