眠れない夜と気になる睡眠時間について。

眠れない夜と気になる睡眠時間について。

Thumb?1414295452 muah♪さん

324

眠れない夜ほど、気になる事の一つが睡眠時間です。
翌日、仕事がある、朝早く起きる用事があるという時ほど、しっかりと寝ておきたいと考えるのは当然です。
ですが、眠れない状態になると、寝ておかなければと考える事がストレスになってしまい、余計に眠れない状態になってしまう事は珍しくありません。
ですから、しっかり寝たいのに眠れない時は、その事を悩むのではなく、まず眠れる環境を作る事がお勧めです。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 眠りやすい環境を作りたいと考えた場合、まず、その事について悩み過ぎないという事が重要になってきます。
    翌日、活発に活動する為に必要な睡眠時間について考えると、眠れない夜の状態が大きなストレスになってしまいます。
    一時的なものなら良いのですが、眠れない夜が続くと、横になってもまた眠れないのではないかという不安が毎晩続くようになり、不眠症のような状態になっていってしまいます。
    ですから、眠れない日があっても、こんな日もある程度に考えておく事がお勧めです。
    そして、そんな日が続く場合、日中の生活と、眠る際の環境を見直してみる事も大切です。
    日中の生活で心がけておきたいのが、朝の光を浴びておく事です。
  • 出典: www.tumblr.com

  • それにより、体内時計が良い状態になり、夜に眠りやすい生活リズムを作りやすくなります。
    ですから、起きたら、カーテンを開けて、朝の光を浴びるようにしておきましょう。
    眠る前の環境として意識しておきたいのが、部屋の明かりです。
    明る過ぎると、眠りを妨げてしまう事があるので、明かりをつけて寝る人は、優しい明かりを意識しておく事がお勧めです。
    更に、脳が興奮状態になると、寝つきが悪くなってしまいます。
    寝る直前まで、パソコンやスマートフォンを使うという人は、直前までの使用を辞める事で、脳がリラックスして、眠りやすい状態を作る事が出来ます。
    この他、ホットミルクや、ハーブティー等、安眠効果のある飲み物を飲む事も有効です。

  • 出典: www.tumblr.com

  • 眠れない夜は、その日の睡眠時間が足りるかどうか、不安になってしまうという事が珍しくありません。
    ですが、寝なければと考え始めると、余計に脳が興奮し、眠りにくい状態となってしまいます。
    ですから、眠れないと感じたら、無理に眠ろうとせず、まずは脳をリラックスさせる事も大切です。
    そして、眠れない状態が続く場合は、朝日を浴びる習慣をつける等、体内時計をリセットさせると同時に、眠る前には、眠りやすい環境を整えておく事がお勧めです。

眠れない夜と気になる睡眠時間について。
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事