眠れない時に効果的に寝る方法としての睡眠薬

眠れない時に効果的に寝る方法としての睡眠薬

Thumb?1414295452 muah♪さん

593

忙しい仕事に追われ、精神的にも追い込まれてしまい眠れない夜を過ごしている人も少なくありません。悪化してしまう前に不眠を治しましょう。


  • 日頃の激務の影響か眠れない・・・

  • 日頃の激務の影響か眠れない・・・
  • 最近、仕事の激務から体調を壊したり精神に変調をきたす方が増えています。毎日の仕事の責任の重さから中々精神的に開放されず、夜寝付けない方も沢山いらっしゃいます。このような状態が長く続くと、うつ病やその他の精神疾患になってしまう可能性が高まります。
    そうなる前に、自分自身で対処をする必要があります。抑うつな気分や、気分の浮き沈みが激しい等の状態が長く続くようであれば、早期に精神科や心療内科を受診される事をおすすめします。
    しっかりとした医師に今の自分の状態を見てもらい、適切な治療を受ける事が肝心です。
    ただ、精神疾患は病気や怪我のように再現性が直ぐに見られるわけではないので、一人の医師の診断に全てを任せるのではなく、複数の医師の診断を受ける事をおすすめします。
    そうする事で今後、自身のカウンセリングを行っていく医師を自分自身で選択する事ができます。医師との相性の問題も早期回復には必要な条件です。評判の高い医師でも自分には合わないという場合は往々にしてあります。
    自分の内面の問題ですから信頼できると感じた医師と回復に向けて努力するべきです。
  • 不眠が続くようだったらお医者さんへ

  • 不眠が続くようだったらお医者さんへ
  • 精神系の疾患は一度かかると治るには多くの時間を要します。一度治ったと思っても、以前、自分が直面した、苦しみや悲しみと同じ状態に遭遇した場合は再度また病気が再発してしまいます。
    眠れないと感じ始める事が初期症状です。薬に頼る前に就寝前に適度なストレッチや温かいお風呂での入浴を試みるのも方法です。リラクゼーション効果のあるアロマ等を利用するのも方法です。これらを試してもまだ眠れない場合は医者に相談して寝る方法として睡眠薬を処方してもらう事をおすすめします。
    初めて使用する方は医者に処方された用量や用法を必ず守って下さい。免疫の無い方ですと初めての服用後、びっくりするぐらいの睡眠時間となります。適正な用量でない場合、起床時に吐き気や目眩を起こす場合がありますので、その時は服用を一旦忠庵して医者に相談して処方必ず変えてもらって下さい。
    服用はできるだけ本当に眠れない時だけにするようにして下さい。睡眠薬は程度の差こそあれ依存性がありますので継続的に使用すると、どんどん強い作用のある薬でなければ効果が感じられなくなります。その点にはアルコールと同様です。
    しかし、アルコールに比べればまだ健康を害する恐れが少ないので睡眠薬をおすすめします。アルコールを寝る方法として使用される方も多いですが、アルコール依存症となる原因となり、肝機能に障害を起こす等、状態を更に悪化させる可能性があります。
  • 極力薬には頼らないことが一番

  • 極力薬には頼らないことが一番
  • 眠れないのは一時的な症状だけかもしれないので、少し精神的に落ち着いてきたなと感じたら、一旦服用をやめて下さい。そこで何もないようでしたら症状は改善されているという事です。常に薬がないと不安になるかもしれませんが、一回落ち着けば、徐々に回復する場合もあります。
    睡眠薬や抗精神病薬と併用してセラピーやカウンセリングを併用する事をおすすめします。薬の投与だけではいずれ肉体を蝕んでいきます。可能な限り、薬に頼らず、じっくり治す事をおすすめします。
    最近では薬に頼らないセラピーやカウンセリングを標榜しているカウンセラーも大勢いらっしゃいます。じっくりと自分と向き合ってくれる人を探す事が肝心です。投薬治療が長引くと寿命にも影響してきますので、できるだけ、睡眠薬程度にとどめておいて、それでも気分がすぐれない等の状態が続いた場合は医師に相談して、抗精神薬等を処方してもらいましう。眠れない時はとにかく何も考えない事が重要です。
    明日大事な会議や商談が控えている場合等で前日から緊張してしまうという方もいらっしゃいますが、そういう時こそ、自分自身をリラックスさせる方法をいくつか持つべきです。リラックスできる音楽を聴くとか、好きな映画をのんびり見るなどの方法が最適です。
  • 自分なりのリラックス方法を見つけましょう

  • 睡眠は肉体面でも精神面でも、疲れを癒やし、修復してくれます。規則正しい食生活と運動と睡眠が自分の健康を守る事に繋がります。
    しかし、神経質な方は、上手くリラックスできなかったりするので、そのような方は上手に薬を服用して、自身の健康を管理する必要があります。不眠に関してはどうしても個人差があります。
    症状が以前改善されず、重たい不眠や倦怠感、慢性的な辛さを感じる時は、医者に相談して、新たな方法を検討しましょう。肝心なのは無理をしない事です。不眠やストレスによる体調不良は慢性化すると長期に渡ります。じっくり時間を掛けてでも治療を行う必要があります。そうしなければ回復や改善したと思ってもまた、直ぐに再発してしまいます。
    家族の方や職場の方を含めた周囲の方の暖かさが必要となります。眠れないという事は健康において大変重要な問題です。もしそのような症状が見られたら看過せず、速やかに対処する事が早期回復への大きな助けとなります。
    薬に過度に頼らない治療を探す事が肝心です。
眠れない時に効果的に寝る方法としての睡眠薬
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事