眠いのに眠れないストレスを抱えるような時は

眠いのに眠れないストレスを抱えるような時は

Thumb?1414295452 muah♪さん

502

眠りたいと感じた時にぐっすりと眠れる、ということはとても快適なことです。毎日の睡眠というのは体の疲れを取る、という効果の他、美肌効果、ストレス解消効果もあります。毎日ぐっすりと眠れるようにするためにも、適度な運動と早寝早起き、快適に眠れるような環境作りをしていくといいでしょう。


  • あれこれ考えてしまって眠れない

  • あれこれ考えてしまって眠れない
  • 快適に眠るためには枕や布団を眠りやすいものにしておく、といったことの他、悩みやストレスを睡眠時までもっていかない、ということも大切です。
    毎日仕事をしていると理不尽なことで怒られたり、人間関係でストレスを感じるようなことも多いでしょう。仕事の愚痴や悩みを気軽に打ち明けられる誰かがいる場合はいいですが、プライドや時間的な問題もあり、悩みはそのまま自分の心のうちに閉じ込めてしまうような人は少なくありません。そういった閉じ込めてしまったストレスはそのまま頭の中に残り、いざ眠ろうと思って布団に入っても、思い出してしまうようなことが多いです。特に眠る時間というのは一日に起こったことを頭の中で整理するようなことも多いですから、ついついストレスになる事や悩みになるようなことも深く考えてしまいがちです。
    こういったことが眠いのに眠れない、といったことの原因にもなってしまうので、注意です。ただ単純に体が疲れていないから眠れないといったことと違って、悩みなどが原因で眠いのに眠れないような時は不眠症にもなってしまうので大変です。不眠症になってしまうと朝になっても頭が働きませんし、目のクマ、肌の疲れにも影響します。そして酷い場合は鬱にも発展してしまうので、眠いのに眠れない状態の時は、なるべく自分が快適になれるものを多く取り入れていくことが大事です。
  • 気持ちをポジティブにしてリラックス

  • 気持ちをポジティブにしてリラックス
  • 自分が精神的に癒されるもの、楽しいものに囲まれれば、気分も自然と楽しくなり、悩みも軽減されるものです。女性は特に買い物やグルメでリラックスできるようなことも多いので、気分的に安らげないと感じた時は、ちょっと贅沢をして環境を変えてみるといいでしょう。
    また、仕事が原因で不眠になっているような時は、帰宅後の楽しみを見つけておくというのもいい方法です。帰宅後に楽しい娯楽が待っていると感じることができれば、仕事の悩みも帰宅後にうまく切り替えることができます。
    また、寝る時に悩みが浮かんだ時は、今は考えず、明日の朝になったら考えるようにし、ポジティブな気持ちをしっかり持つようにすることが大事です。朝になれば今よりももっといい考えが浮かぶかもしれませんし、朝になれば今悩んでいることがとてもちっぽけなことに思えるかもしれません。ですから、眠れない時は、深刻な問題を頭の中から消し去ることが大事です。眠ることで体の疲れも取り除くことができますから、疲れを取り除くことでまた体も元気になり、行動的になることができるでしょう。弱っている時は体が元気にならないと悩んでも無駄だと考えることも必要です。
    また、ぐっすり眠ることができれば肌の調子も良くなるので、次の日のメイクのノリも良くなり、それで元気になれるようなことも多いでしょう。眠れない時はできるだけネガティブな要素を取り除いていきましょう。
  • 寝る直前のスマホもNG

  • 寝る直前のスマホもNG
  • そして、寝る時はダラダラとスマホを見てしまう人も多いですが、スマホの明るい光は目の瞳孔を開けてしまいますし、深い眠りの妨げにもなってしまいますので注意です。安眠妨害の元になるので、寝る時はスマホを断つ努力をするといいでしょう。
    特にSNSのコメントなどは安心感よりも不安、イライラ感を増してしまうこともあるので、見るのも程々にしましょう。SNSは自分と違う意見を見れるということがいい点ですが、受け入れられないような意見も目にすることが多いので、それが不安につながることもあります。どうしても見なければいけない情報だけを見るようにし、ダラダラと見続けるようなことは辞めましょう。また、見たいものがあるのでれば、翌日のお楽しみにしておくのもいいでしょう。そうすることで朝の早起きにつながりますし、朝の楽しみができることで、早く寝ようとする意志も働きます。朝の楽しみを何か作ることは早寝にもなるので、考えておくといいでしょう。嫌な事を考えてもすぐには眠れませんが、楽しいことを考えていれば案外スムーズに眠れるものなので、できるだけ楽しいことを頭に浮かべておくといいです。
  • カフェインが不眠の大敵なのは有名な話

  • また、眠れないと感じている時はカフェインの摂取は辞めましょう。カフェインは眠りを妨げる効果があるので、普段はもちろん、眠れない時はさらに安眠妨害になります。残業で珈琲が欲しくなった時も、遅い時間であれば体に優しいお茶などを選ぶようにするといいでしょう。麦茶やコーン茶などのカフェインレスのものはコーヒーのように体を冷やすようなこともないので安心です。眠れない時は飲み物にもこだわって、よく眠れる環境を自分で作っていくといいでしょう。
眠いのに眠れないストレスを抱えるような時は
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事