疲れているのに眠れないときによく効く対処法

疲れているのに眠れないときによく効く対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

482

体も頭も疲れているのにどうしても眠れないときがあります。眠りたいのに眠れないという焦りが出て、そのことが余計ストレスになってさらに目が冴えてしまうということもあります。まずは焦ることをやめることが必要です。


  • 眠れないときは無理に寝ようとしない

  • 眠れないときは無理に寝ようとしない
  • 疲れた時には一晩眠れば回復する・・・確かにそれが理想的なのですが、体も頭も疲れているのにどうしても眠れないときがあります。眠りたいのに眠れないという焦りが出て、そのことが余計ストレスになってさらに目が冴えてしまうということもあります。特に翌日にとても大切な予定が入っていたり、翌朝は早く起きなければならない場合によくあるのですが、すこしでも眠らなければ…という焦りがかえって自然な眠りに入ることを妨げる場合もあります。早く眠らなければと思えば思うほど眠気は遠のいてしまい、眠ることができないというストレスだけがどんどん大きくなってゆくのです。
    そんなときには無理に眠らなければと思うよりも、いっそ全く違う対処法で気分転換をしてみるのもおすすめです。眠ることができないことにいらだちを感じながら悶々と時間が過ぎていくのをただやり過ごすだけではストレスはどんどん大きくなって、安眠はさらに遠のいてしまうことにもつながります。眠らなければと焦ることで血圧が上がってしまい、余計に眠りは遠のいてしまうので、このような状況に陥っているときの対処法としては、まずは焦ることをやめることが必要です。
  • 灯りや口にするものに気を配る

  • 灯りや口にするものに気を配る
  • 不眠症とまではいかなくても、眠らなければならないと思い込んでいる人にとって眠れないという焦りは想像以上に大きく、忘れようとして忘れられるものでは到底ありません。ある程度は安眠するための努力をしてみたけれど、其れでも眠れないという場合には、思い切ってベッドから出てしまうというのも一つの方法です。ただし、ベッドから出ても、なるべく脳や体には刺激を与えないように注意します。
    ベッドから出てからは部屋の明かりはつけても構いませんが、なるべく暗めにして、テレビをつけたりパソコンやスマホの画面を見たりすることは避けます。何かを食べたりすることも意を刺激して脳を目覚めさせてしまうことにつながるので避けたほうがいいです。
    のどが渇いた気がするときには、冷たいものやお酒などよりも、できれば暖かいハーブティーなどのノンカフェイン飲み物を飲むのがおすすめです。ベッドの中で焦ってムダに時間を過ごすよりも、こうやって起きて気分転換を行う方が心が落ち着いて自然に眠気が訪れることもあります。
    また疲れているのに眠れなければ、この疲れが取れないと思い込んでしまうこともありますが、実は体を横たえているだけでも体の疲れは癒されるものなのです。ベッドに入って体を横たえることは決して無駄ではありません。眠ることができないとむやみにあせることなく、気持ちをゆったりと持って不眠対策をすることが大切です。
  • 就寝前の習慣を見直し、改善してみる

  • 疲れているのに眠れない焦りが余計にスムーズな入眠を遠ざけていることは確かだとしても、本当に睡眠がとれないという状況はとてもつらく、日常生活にも支障をきたします。
    毎日の就寝前の習慣を見直すことで、満足する眠りを得られないという辛い症状を軽くしておくことができます。就寝前の行動というは睡眠にとても大きな影響を及ぼします。眠る前に本を読む習慣のある人は、逆にその習慣がスムーズな入眠を妨げている可能性もあります。本を読むことで脳は興奮し、それが原因で不眠症を悪化させてしまうというケースもあります。脳に刺激となるのは、本を読んだりテレビを見たりすることだけでなく、眠る前の飲食も含まれるので、眠りにつく前にこうした行動は控えるようにして、なるだけ静かに時間を過ごすように心がけることが大切です。
    眠る直前に熱い湯船につかることも神経を興奮させることにつながります。一日の疲れをゆったりとお風呂に入ってリラックスすることで癒すのは、質の良い睡眠を得るためにはとても効果的ですが、つかるお湯の温度が熱すぎるとかえって神経を興奮させてしまうので、お湯の温度はぬるめにしておくことがおすすめです。
  • 原因を考え、それに合った改善方法を

  • 原因を考え、それに合った改善方法を
  • 不眠症になってしまっている場合、ベッドに入ってから実際に眠りにつくまでに時間がかかる傾向があるので、早めにベッドに入る習慣をつけることも大切です。まずは自分は横になってから眠りにつくまでどれくらい時間がかかるのかを知る必要があるので、ベッドに入った時間と眠りにつく直前の時間を確認してみます。
    確認すると言ってもいちいち明かりをつけるとスムーズな入眠を妨害してしまうので、暗闇でも見える時計などを用意しておくのがおすすめです。その結果ベッドに入ってから眠りにつくまでたとえばだいたい2時間程度かかることがわかったら、2時間早めにベッドに入るようにすることで、必要な睡眠時間を確保することができるようになります。
    満足できる睡眠が得られないときには様々な原因が考えられます。様々なストレスが眠りの妨げになっていることもあるし、うつ病などの病気がその原因になっているケースもあります。
    また、それ以外に環境が原因で不眠に陥るケースとしては、騒音や暑さ、寒さ、明るさなどがあげられます。それらの環境要因を取り除くことで眠れるようになることもあるので、思いつく要因を自分にできる範囲で改善することも必要です。
疲れているのに眠れないときによく効く対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事