鼻づまりで眠れない場合のツボと対処法

鼻づまりで眠れない場合のツボと対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

573

風邪や花粉症による鼻づまりで眠れないときの解消法として、ツボ押しを紹介します。


  • 鼻づまりで眠れないとき、ツボ押しを試してみては

  • 鼻づまりで眠れないとき、ツボ押しを試してみては
  • 鼻づまりを解消するツボは基本的には鼻の周りにあるので、鼻炎などがひどくなってしまって、鼻が詰まったら鼻の周辺を指で軽く押していると血行が良くなって鼻が通るようになります。また手の親指と人差指の付け根にある合谷というツボを押したり、お灸をしたりすると顔の部分の血行が良くなるので、鼻の調子がよくなります。東洋医療では血行を良くしたりリンパの流れを良くすることで体を健康にするのですが、鼻炎の原因は基本的にはアレルギーなので、西洋医学と並行してツボマッサージなどをすると効果的です。眠れないほどの鼻づまりを解消するためには鼻の部分を温めることが一番大切なので、タオルを水で濡らしてから電子レンジで1分くらい加熱をしたものを鼻の上にのせると、血行が良くなって鼻の通りがよくなります。他にもウォーキングなどをすると鼻づまりが解消するのですが、これは眠れない時には使用することができません。しかし日常的にウォーキングをしていると血行が良くなるので、鼻の通りが良くなったり、免疫力がアップするので健康に対するメリットは大きなものがあります。
  • ツボ押しの効果には個人差が

  • ツボというのは西洋医学が確立する前から使われていた伝統的な医療技術なので、薬や機械などを用いることがないのですが、効果がわかりにくい場合があるので、毎日続けてみて効果を実感できるならば継続することが必要なのですが、効果がわからない場合には西洋医学に切り替えて、鼻炎の治療をすることが必要です。
    眠れない場合にはツボを押してとしても安眠効果が実感することができるかどうかは個人差があるので、わからないのですが、親指と人差指の間にある合谷を押すと交感神経の働きが抑えられるので眠りやすくなります。またお腹が張って眠れない場合には、おへそから指5本分上の部分にお灸をすると胃が動くようになるので、よく眠れるようになります。
  • 点鼻薬や漢方なども試してみて

  • 点鼻薬や漢方なども試してみて

    出典: instagram.com

  • 東洋医学でも安眠効果を得ることができるのですが、漢方薬で睡眠導入剤のような効果のあるものは市販されているものでは、半夏厚朴湯などしかないので、医師に相談をして漢方薬を使いたいことを伝えておくと、漢方薬を中心とした処方箋を書いてもらえます。しかし眠れない場合には睡眠導入剤を使ったほうが効果があり、それ以前にアレルギーの治療をしっかりとすることが必要になるので、鼻づまりの原因がアレルギーである場合には、東洋医学に頼らずに抗アレルギー剤を服用して、ひどい場合には点鼻薬をして、眠ることで安眠することができるようになります。
    またアレルギーに効くとされている東洋医学の薬として有名な鼻炎薬としては、小青竜湯などがあるのですが、これは鼻づまりを改善する薬ではなく、体質を改善してアレルギーになりにくくなるようにする薬なので、飲んですぐに効果を実感できるものではありません。鼻炎専用の点鼻薬の場合には、スプレーをするとすぐに鼻の血管が拡張されて呼吸がしやすい状態になるので、非常に便利なので、ひどい場合にはドラッグストアなどで販売されている鼻炎薬や点鼻薬を使うほうがよく眠れるようになります。
    睡眠は脳の健康のためには非常に重要なことなので、睡眠時間が短くなってしまうと記憶の整理ができないので、物忘れがひどくなってしまったり、仕事に集中することができなくなることがあります。どうしても睡眠時間が短い場合には医師に相談をして睡眠導入剤などの処方を受けることになるのですが、最近処方されている睡眠導入剤は効果が強力なものではないので、副作用も少ないので比較的安全な薬とされています。また不安が強くて睡眠不足の場合は抗不安薬を服用する必要があり、睡眠不足を解消するのであればこれらの薬を服用することが絶対に必要になります。脳の疲れが進行していくとうつ病や不安神経症などになるリスクが高くなるので、そうなるまえに薬を飲んで症状を改善しておくことが重要です。
  • まとめ

  • まとめ
  • まとめると軽い鼻炎の場合には東洋医学のお灸などで鼻の周りの血行を良くすることで鼻の通りがよくなるのですが、アレルギー性鼻炎の場合には、一度改善してもすぐに鼻がつまるので、抗アレルギー剤などを服用して、長時間効果が続くようにすることで安眠することができるようになります。安眠ができるようになると日常生活の過ごし方も活発になるので、精神的にもとても充実した毎日を過ごすことができます。しかしあまり睡眠がとれていない場合には、脳の慢性疲労状態が続いてしまうので、うつ病などになるリスクが高くなるので、注意が必要です。疲れがたまってしまって、仕事などに意欲的に取り組めない場合には、抗不安薬や睡眠導入剤などを服用してしっかりと睡眠をとれるようにして、脳の健康を取り戻すことが重要で、そのためには、精神科に受診をして医師による専門的な診断を受ける必要があります。そうすることで、うつ病などを未然に防ぐことができるので、社会的にも安定的な暮らしが続けられるようになります。
鼻づまりで眠れない場合のツボと対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事