神経症が原因で眠れないときに効果的なツボ

神経症が原因で眠れないときに効果的なツボ

Thumb?1414295452 muah♪さん

543

眠れない日が続いていたら、精神的な負担を抱えているのかも?気分転換したり、リラックス方法を見つけてリフレッシュしましょう。気軽にできる、ツボ押しもオススメですよ。


  • 眠れない悩みをほっておかないで

  • 眠れない悩みをほっておかないで
  • 眠りたいのに眠れないという症状はとてもつらいものです。眠りは体と頭の疲れをいやすためにもとても重要なのですが、その大切な睡眠が満足できるものではなかったりすると、疲れがリセットできず、徐々に体に様々な症状となって現れるようになります。
    不眠の原因はいろいろありますが、精神的な負担によって不眠が引き起こされるケースが増えていると言われています。ストレス社会と呼ばれる現代は不眠症は現代病だとも言われており、昔と比べるとストレスを抱える人が増えていることに起因しているとされています。
    けれども中には精神的な問題を抱えているにもかかわらず、本人がそのことを自覚していないケースも多くみられます。自分が無自覚な人の場合、かなり深刻な事態に陥るまでストレスをため込んでしまいがちなので、自分が不眠の症状を感じていて、原因が特に思い当たらないときには、まずはストレスがたまっていることを疑ってみる必要があります。そして、たとえ自分に自覚がない場合でも、ストレス解消につながりそうな趣味を見つけたり、心と体をリラックスさせることを心がけたりすることで、不眠の症状が解消される場合もあります。
  • ストレスによる不眠に効果的なツボ

  • ストレスによる不眠に効果的なツボ

    出典: instagram.com

  • 眠れないときに効果的なツボの刺激も試してみる価値があります。
    現代病とも言われる不眠症には2種類あり、まず一つ目は眠れないという訴え通りに本当に眠れていないケースで、うつ病や高血圧症などの症状として現れます。
    もう一つは眠れないと訴えているにもかかわらず、実際には自分で眠れていないと思い込んでいるケースで、寝つきが悪かったり眠りが浅いために何度も途中覚醒を繰り返してしまう症状が出るものです。現代人の不眠症の多くはこのケースに当たると言われています。

    ストレスによる不眠症には手のツボを刺激することで自律神経の乱れを改善する方法が効果的です。

    手のひらにある不眠症に効果を発揮するのは心包区というツボで、手のひらの中心部分にあり自律神経の乱れを静める効果があります。
    また、手の甲にあり、不眠症に効果を発揮するのは中衝と呼ばれるポイントで、中指の爪の生え際の、人差し指側にあるもので心臓と密接な関係があり、刺激すると血液の循環がよくなり心が安定するため、安眠効果を得られるというものです。
  • 神経症による不眠とは

  • 神経症による不眠とは
  • 神経症による不眠症というのは、ストレスが原因で自律神経の働きが乱れることで睡眠のリズムがくるってしまうことで起こる不眠の症状です。
    神経症というのは、ごく些細なことで不安を感じて付きや冷や汗、ふるえなどの症状が現れてしまう病気です。外出先で家の戸締りが気になって仕方がなかったり、実際にはそんなことはないのに誰かに悪口を言われている気がする、自分は重い病気にかかっているなど、様々な思い込みによって、心と体に様々な影響が現れるというものです。そんな症状には心の緊張を解きほぐし、自然体でいることが最も効果があるのですが、なかなかそれがかなわず、不眠の状態が長く続けば、日中眠くて仕方がなかったり、心身ともに疲れやすく、日常生活や仕事などにも大きな支障となる深刻なケースも少なくありません。
    人間の体は本来は夜になると眠くなって一定時間ぐっすりと眠り、朝になると自然に目が覚めるという自然の睡眠のリズムがあります。けれども不眠になるのは自律神経の乱れによってこうした自然の睡眠のリズムが崩れてしまった状態です。

    精神的な病気によって夜眠れない状態に陥っている人の対策としては、規則正しい生活を送ることが何よりも大切になりますが、夜型の生活を続けている場合にも自律神経の切り替わりのリズムが崩れ、睡眠障害に陥りやすくなります。
    体に合った枕を使ったり、アロマテラピーなどリラックス効果の期待できる快眠グッズなどを効果的に使うのもおすすめです。
    ただし、うつ病や神経症などの病気の治療中に不眠の症状が出ている場合には、自己流のケアではなく、主治医にきちんと不眠の症状を伝え、専門的に治療してもらうことが必要です。
  • 神経症に効果的なツボ

  • また神経症そのものに効くのは手のひらにある神門と呼ばれるツボです。神門は手首の横じわの小指側の少しだけくぼんだ場所にあり、この部分を刺激するとイライラとした気持ちを静めてくれる効果があります。不安を強く感じる場合には神門を刺激してみるのがおすすめです。

    また手の甲にある合谷というツボは親指と人差し指の間の付け根の骨が交わる手前のくぼみに位置するポイントです。ここを刺激することで気持ちが落ち着き、少しずつ平常心が戻ってくると言われており、強い不安によってイライラを感じたりパニックに陥ったりするときに症状を緩和するのに役立ちます。

    病気が原因で満足できる眠りを得られない場合には、まずはその病気をきちんと治療することが最前線です。しかしそのほかにもストレスや環境による原因などで満足できる睡眠がとれないと感じる時には、その人に合った方法で自分でできる範囲で眠れない原因を取り除くことが大切です。
神経症が原因で眠れないときに効果的なツボ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事