疲れているのに何故か眠れないときの原因

疲れているのに何故か眠れないときの原因

Thumb?1414295452 muah♪さん

355

一日しっかり行動して疲れているにも関わらずなぜかなかなか眠れないときがありませんか?何が原因なのかを考え、それに合った方法を見つけてぐっすり眠りたいですね。


  • 眠れないときは原因をしっかり探る

  • 眠れないときは原因をしっかり探る
  • 疲れているのに何故か目が覚めてしまって眠れない時は誰にでもあります。しかしこれが何日も続いてしまうと体力的にも精神的にも非常に厳しいので、薬を使ったり、ストレッチをするなどして何とかするしかありません。
    疲れているのに眠れない原因はストレスなので、それを取り除くことで質の良い睡眠ができるようになるのですが、人によっては非常に難しいことです。
    また疲れているという定義によっても対処法が異なるので、精神的に疲れてしまってグッタリしているのか、それともスポーツなどをして体が疲れているのにもかかわらず眠れないのかを判断して、適切な対応をすることが重要です。
  • 大切な役割を担っている、睡眠

  • 大切な役割を担っている、睡眠
  • 眠りというのはどうして大切なのかということから考えると、体力的に疲れている場合には、ソファーなどで休息をするだけで回復して元気に動けるようになるのですが、脳の疲れは眠らなければとれません。
    また眠ることによって、記憶の整理などが行われるので、記憶力にも大きな影響があります。受験生などが眠らないで勉強をしたにもかかわらず受験に失敗するのは、睡眠による記憶の整理ができずに、せっかく覚えたものを忘れてしまっているからです。
    また脳が休息することでストレスを解消することもできるので、職場のストレスなどで眠れない場合には、睡眠導入剤を服用してでも眠ったほうが体にも精神的にも良い影響があります。睡眠導入剤はドラッグストアでも購入することができるのですが、一般的なものはアレルギー剤の眠くなる成分を使用したものなので、アレルギー剤を飲んでもあまり眠くならない人には効き目がありません。
    一番良い対処法としては精神科に受診をして、処方薬の睡眠導入剤を服用することで、医師に処方される薬は、抗不安薬と同じような成分なのですが、不安を取り除くよりも眠くなる力が強いもので、基本的には抗不安薬と同じ働きを持っているので、副作用が少なくて、さらに不安と取り除いて、安心して眠ることができます。10年以上前には睡眠薬を使って自傷行為をすることなどがありましたが、現在の睡眠導入剤は効き目がマイルドなので、自傷行為などに使用したとしても眠くなるだけで何も起きません。
  • セルフコントロールをすることで気持ちを落ち着かせる

  • セルフコントロールをすることで気持ちを落ち着かせる
  • 人間にとって眠りというのは食事と同じくらい大切なものなので、寝不足が続いていると体が衰弱してしまいます。疲れているのに眠れない原因は一般的には交感神経の興奮なので、これを抑制して副交感神経を活発にするだけで眠れるようになります。
    薬を服用しない方法として有名なのは自律訓練法で、これは自分が大変落ち着いていることなどを心のなかで5回程度唱えることで呼吸の回数が減って、交感神経の興奮が抑えられるというもので、自分に暗示をかけるという仕組みなので、毎日続けることで効果が発揮されるようになります。
    また瞑想も交感神経をしずめる効果があり、胡座をかいて座って、目を閉じてから自分の呼吸の状態を意識します。瞑想状態になるまでが難しいので、それまでは自分の呼吸について吸っているか吐いているかを実況中継するような感じで、呼吸のことだけを考えます。瞑想状態になると周囲の音なども気にならなくなり、交感神経などを司っている前頭葉の疲れをとって、セルフコントロールを容易にできるようにします。
    交感神経は基本的には呼吸の数を減らすだけでも興奮状態が改善するので、瞑想や自律訓練法などをしてから睡眠をするとゆったりとした気持ちで眠れる可能性が高くなります。
  • ストレスを取り除く自分なりの方法を見つける

  • 結論としては、ストレスなどを取り除いて、交感神経の興奮を抑制することが大切なので、ぬるめのお風呂に入浴したり、瞑想や自律訓練法によってセルフコントロールをするなどの方法があるのですが、一番簡単で効果的なのは精神科に受診をして睡眠導入剤の処方を受けることで、効き目がマイルドなので、次の日に寝過ごす心配などがありません。通常の場合は夜12時くらいに服用すると翌朝7時くらいには目がさめるので安心して服用することができます。
    しかし副作用として、昼間の時間帯に眠気をもよおしてしまうことがあるので、薬に慣れるまでは車の運転などには注意が必要です。また薬を使って睡眠をしっかり取ると同時に自律訓練法や瞑想、ストレッチなどを実行することで、薬に頼らないで眠れる体作りをすることができます。
    睡眠導入剤には常習性はあまりないとされているのですが、頼りきってしまうと寝るときには必ず飲まなければならなくなってしまうので、自分の力で心をリラックスさせるためのセルフコントロール術をしっかりと学ぶ必要があります。
    またコーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを摂取してしまうと眠るために必要な物質の働きを阻害してしまうので、夜遅くに飲むのを控えることが大切です。また寝る前に激しい運動やスポーツをすると筋肉と脳が興奮状態になるので、眠れなくなることがあるので、夜は軽いウォーキングやストレッチくらいの運動にするとよく眠れます。
疲れているのに何故か眠れないときの原因
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事